スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの戦い。 - 鋼の錬金術師 20巻 -

鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
(2008/08/22)
荒川 弘

商品詳細を見る
アニメ新シリーズが来年4月から始まるらしい「鋼の錬金術師」。
その最新20巻です。
ずっとフルスロットルの面白さを維持しているのは凄いの一言。
もちろん、今巻もその例に漏れません!

現在、エルリック兄弟を筆頭とした対ホムンクルス勢力は、大きく分けて3つに分断されています。
1つ目はアルやマルコー、スカーがいるグループ。
2つ目は大怪我を負ったエドがいるグループ。
3つ目は中央にいるマスタングたちのグループ。
今巻、それぞれのグループで動きがありました。

1つ目のグループでは、マルコーの活躍でエンヴィーとの戦いに勝利。
作り方を知ってるなら、壊し方も知っている…か。
確かに錬金術師の場合、物質の「構成」を理解さえしていれば、何でも分解は可能なんですもんね。(高度な錬金術が必要でしょうが)
そして賢者の石を作った人間が、その「構成」を知らないわけがないわけで。
ふと思ったんですが…、マルコーがエドやアル達に賢者の石の「構成」を教えたら、かなり強力な武器になるんじゃないでしょうか?
それとも、賢者の石の「構成」は誰かに教えられて理解できるようなレベルじゃない…とか?

また国に帰るはずだったメイちゃんはエンヴィーことクソ虫にそそのかされ、中央に向かっちゃいました。
うーん………、一見すると悪い方向に進んでいるわけですが、このメイちゃんの決断は最終的にいい方向に進む気がします。頑張れ、メイちゃん!


2つ目のグループでは、何故かエドたちがグリードの手下になることに(笑
こういうのってエドらしいですよね。
勝利の為には方法は厭わないって…、こう書いちゃうとただの悪人だなw
というか、グリードの離反はかなり予想外でした。
「あのトカゲ男はなんで出てくるんだろう?」と前から思っていましたが、なるほどそういう役割ですか。
ここで“前のグリード”が意味を持ってくるとは…。
結果的にグリリンもとい、グリードの株は上がったと思います(笑

しかし、ここからどう動くんでしょうか?
グリードは「世界の主になるってのはどうだ?」とリンに語っていますから、まずはこのアメストリス国を乗っ取るつもり?
仮にそうならば、裏で牛耳っているホムンクルスたちを一掃する必要があるわけで、その点ではエドたちと目的はほぼ一致するんですよね。
となると、気になるのはその方法。
とにかく、ここからの動きに注目したいと思います。


3つ目のグループはまた違った意味で面白いです。
戦っていないけど戦っているんですよね。
上層部から、そしてホムンクルスから監視されている状態の彼ら。
従順なフリをしつつも、しかるべき時の為に備え、いろんな方法で「情報」をやりとりしています。(こういうのも情報戦っていうのかな?)
前巻のホークアイが食堂での何気ないやりとりの中で、マスタングに「セリム・ブラッドレイはホムンクルス」という情報を伝えたのは特に凄かった(笑
事前に打ち合わせしていたとは思えないですし、、、。

今巻で言えば、やはり「約束の日」に関する情報。
ホーエンハイムからアル、イズミ、ブリッグズの砦、グラマン中将、ホークアイ中尉、ハボック少尉を経て、マスタング大佐へ…。
敵に悟られぬよう、細心の注意を払った情報の流れ。
特に中央に入ってからは見事。
この情報が今後、どれだけの意味を持ってくるのか…次巻が楽しみです!

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)
(2002/01)
荒川 弘

商品詳細を見る
クライマックスが近づいてきたって感じがしますね。

◆参考記事
鋼の錬金術師 20巻 この世のすべてが欲しい!

tag : レビュー 鋼の錬金術師

「エロ」と「漫画」の狭間で。 - 少女マテリアル -

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/07/01)
鳴子ハナハル

商品詳細を見る
今話題の「少女マテリアル」。
確かにエロい。内容が、というよりは絵がエロい。
特にカラーはもう芸術の域ですよ!

一応、成人コミックなんで追記表記します。

more...

tag : 漫画 マンガ レビュー 少女マテリアル

縛られている。愛に、そして未来に。 - 未来日記 6巻 -

未来日記 (6) (角川コミックス・エース)未来日記 (6) (角川コミックス・エース)
(2008/06/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る
由乃の真っ直ぐ過ぎる“愛”に、そして「未来日記」の映す“未来”に縛られている―――。
今回の表紙はそんな雪輝の現状を表している気がしました。

今巻で全所有者中11人が登場。
7thは愛ちゃんとマルコの2人組なので、正確に言うなら「12人」ということになりますが(苦笑

「愛ちゃん」と言えば、実は既に6th戦で登場しているんですよ。
あと8thの側近っぽい訛り女も。(詳しくはこちらに)
今になって思えば、6th戦は8人の所有者が絡んでいたバトルだったのか…(驚


3人目の死体
「“誰の死体”だ?」
「殺す………」


また、或の活躍により我妻家の闇にも動きがありました。
我妻家に一体どんな悲劇が起こったのか…?
そもそも、由乃はどこまで関わっているのか…?
そして、“3体目の死体”とは一体誰なのか…?

……………

「知りたい」「知りたくない」という二つの感情が入り混じって、なんともいえない思いに駆られます。


まーしかし、12人中11人の所有者が登場し、さらに最大の謎である我妻家の闇が動き出したのを見ていると、終焉の近さを感じさせられますね…。
終わって欲しくはないですが、それ以上に「未来日記」らしく、この勢いで駆け抜けていって欲しいという思いが強いです。
出来ることならその先に、良き「未来」があることを願って――…。

未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))
(2006/07/21)
えすの サカエ

商品詳細を見る
詳しい感想は下記のリアルタイム記事をどーぞ。
ちなみに、カォスさんの所有者の名前ローマ神話の関連性を説いたコメントは必見ですよ。

◆関連記事
可憐な乙女の裏側に。(エース2月号)
三つ目の死体。 - 未来日記 Diary25;8thの日記 -
短すぎた永遠。 - 未来日記 Diary26;8th/増殖倶楽部 -
最大の“敵”。 - 未来日記 Diary27;雪輝加速 -
新たな所有者。 - 未来日記 Diary28;Dummy game -

tag : 漫画 マンガ レビュー おススメ おすすめ 未来日記

「にゃー」は卑怯です。 - お茶にごす 4巻 -

にゃー
「にゃー」



………………………………

………………………

…………………

……………

………





先輩可愛い!
「先輩可愛い!!」

とても礼儀正しく真面目で、まず人を信じる事から他人と接するという人柄の良さ。
そんな姉崎先輩が「にゃー」って…。
しかも、ちょっと遠慮がちに「にゃー」って…。

………………

可愛くないわけがないでしょーが!(笑

お茶にごす 4 (4) (少年サンデーコミックス)お茶にごす 4 (4) (少年サンデーコミックス)
(2008/05/16)
西森 博之

商品詳細を見る

WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
(2008/04/25)
高津 カリノ

商品詳細を見る
伊波さんも可愛い!!
あと小鳥ちゃんも可愛い!!(ぁ

tag : 漫画 マンガ

これぞ、ジャイアントキリング!! - GIANT KILLING 5巻 -

GIANT KILLING 5 (5) (モーニングKC)GIANT KILLING 5 (5) (モーニングKC)
(2008/04/23)
綱本 将也

商品詳細を見る
今までにない“カタチ”で、読者を楽しませてくれるフットボール漫画「GIANT KILLING」。
その最新刊が先日発売されましたー。

これぞ、ジャイアントキリング!!
サポーターの大きな期待を背負いながらも、シーズン開幕以降、勝利を手にすることができなかったETU。
しかし…、ついにやってくれました!!


やっと掴んだ勝利。

うおぉおおぉぉおぉ―――っ!!

と、思わず心の中で叫んじゃいましたよ…(苦笑
しかも、相手は優勝候補の1つである名古屋グランパレス。
間違いなく、ジャイアントキリングです!!

まさかの開幕5連敗。そこから掴んだ1勝。
だからこそ、その重みが違う。
熱くならないわけがないでしょう!w
この勝利の流れに乗って、ここから一気に巻き返してくれることを期待したいですね。


試合の総括
ブラジル人トリオを中心とした、「攻撃」に対する絶対なる自信
早熟なチームならではの選択肢の少なさ
それらの欠点を上手く突いた達海の見事な戦略。
やはり達海はやってくれますね!!


しかし、なんと言っても、この試合のMVPはこの人。

椿 大介
「7番」を継ぐ男、椿 大介。

ガムシャラに動き続けて、ついに「結果」が出た。
その「結果」は足りなかった「自信」を生み、その「自信」が眠った「才能」を開花させた―――。

椿は達海と同じくらい好きなキャラだったので…、その活躍を首を長くして待っていました^^
プレシーズンマッチでの失点に絡んだミス以降、良い所が全くもってありませんでしたし…。
だからこそ、この活躍は本当に嬉しい!
ちなみに上の「うおぉおおぉぉおぉ―――っ!!」は主に椿の活躍による所が大きかったり(笑

この若き才能は、ETUにとって大きな武器になるはず。
今後のさらなる活躍に期待です!!


今後の「課題」
やっぱりこの漫画の面白さって、いろんなチーム内の「課題」を乗り越えて、その中で成長していく所だと思うんですよ。
とりあえず目前の課題だった村越、黒田、椿の件は乗り越えました。(一時的かもしれませんけど(苦笑 )
で、現状でまだ残っているのは、サポーターの件。
………これはチーム内の「課題」ではない、か(苦笑
でも、難しい課題であるのは間違いないはず。

また次巻予告を読むと、夏木という新キャラが登場する模様。
「戻ってきた」ということは怪我をしていたとか?
直感ですけど、ちょっと問題児っぽい気がします(汗
このキャラが新たな課題を生む可能性は大ですね。

そして、この予告にはFW世良の顔も。
よく思い出してみると…、新生ETUになってからFWの得点がまだ1点もないんですよ。
FWが得点を決めないとチームとしての安定感が出ませんし…、やはりそういう所が課題として挙がる可能性は高いはず。
あ…もしかすると、新キャラの夏木も同じFWとか?
そうだとすると、新旧FWの対立も課題の1つになるんでしょうね。

GIANT KILLING 1 (1) (モーニングKC)GIANT KILLING 1 (1) (モーニングKC)
(2007/04/23)
綱本 将也

商品詳細を見る
名古屋グランパレスはブラジル人トリオだけでなく、FW板垣もいい味を出していたと思いますね。
実際、こういう思いを持ってプレーしている日本人FWは多いんだろうなー、と思わず感情移入してしまいましたよ。
ま、とにかく終始に渡り、非常に楽しめた試合でした。
ジャイキリ、最高です!!

◆関連記事
新スタンダードのフットボール漫画。 - GIANT KILLING -
「負けない」ではなく、「勝つ」。 - GIANT KILLING 3巻-

tag : 漫画 マンガ おススメ おすすめ

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • コミック感想

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。