スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎは跳んだ!ボールは跳ねるか?(15号)

さて、第一羽がネット上でなかなかの好評を得た「サムライうさぎ」。

サムライうさぎ2

今週からついに天下一の剣術道場への一歩を踏み出します。
まずは道場建設。まあ前回老人からもらった偽道場を改装するというものなんですが。
硬派な鷹たちに苦労しながらも、志乃への愛から見事完成。
次週からは弟子も登場するようです。

今週の二人のやりとりものほほんとしていてとてもよかったですから、このままいけば間違いなく十週打ち切りの壁は跳び超えるでしょう!
………ですが、それ以降はわかりません。
次週から登場するとされる弟子のキャラ次第ですね。

やはり「天下一の道場を作る」というのが、物語の目的になってるようですし(最終的な目的は「志乃に見合う男になるため」なんですが)、自然と道場関連の話、つまりその弟子との絡みが増えるでしょう。
まあ志乃をその道場話に絡ませたりして、常にのほほんな感じを維持してくれれば、問題は解決するんでしょうが。
どうなるかなぁ…、心配です。


さて次は、今週号から始まった新連載『バレーボール使い 郷田剛』。

とりあえず、あらすじ的なものから。

毎日のつまらない生活に嫌気が差していた元バレー部の主人公“須藤ネオ(すどうねお)”は、ある日の登校時に変な男に出会う。
その名も、バレーボール使い“郷田豪(ごうだごう)”。
「バレーボール使い」というのは、バレーボールはしたことないし、やる気もないが、バレーボールというボールそのものが好きな何からしい(よくわかんない(苦笑 )
ちょっとなんやかんやあって、郷田と須藤はバレーボール使い部を設立することになる。

って感じです。

「バレーボール使い」っていう設定も奇抜で全体的に悪くは無いと思いますが、物語の目的が何も見えてこなかったっていうのは、第一話の構成としてマイナスしないわけにはいかないな。(←編集者みたいなことを言うな)
でも、豪の「努力はギャンブルだ」っていう台詞には凄い納得しましたね。
まあ努力すれば、何か小さいものであっても還ってくるものは絶対あると思うので、自分自身は「努力すれば報われる」と思ってますが…(苦笑

あと「黒田先輩ぶっ倒す⇒結果、須藤と郷田の間が狭まる」っていう一話目にありがちな展開には萎えました(苦笑

えー、最後にすっごい個人的なことをいえば、絵がちょっと一話目にしては…(汗

まあ一話目としてはいいと思います。これから次第でしょう。
あ、そういえば、今回ヒロインが出てきてないんですよね?
たぶん次週から出てくるんでしょうが、それがどんなキャラかっていうのも生き残れるかの運命を大分決めそうな気が…。

というか、もう十週打ち切りは勘弁して欲しいので、とりあえず頑張ってもらいたい(苦笑


打ち切りと言えば、ここんとこ掲載位置が最後尾付近ばかりの「P2!」。
個人的に、掲載位置と面白さが比例してない気がしますね。
普通に面白いですよ、あれ。
単に自分が卓球好きだから色眼鏡で見てしまっているのかもしれませんが。
打ち切られるとしてもまだ先のことでしょうから、それまでに何とか掲載位置を上げてほしいですね…。

ちなみに自分、卓球以上にテニスが好きですが、いや…、テニスが好きだから、「テニプリ」は嫌いです、大嫌いです、超嫌いです、めがっさ嫌いです(笑

………
あ、ギャグ漫画としては好きですよ?

でも最近、もうそろそろで『宇宙落下ショット』とか『世界一周ショット』とかが出てきそうで怖い…(苦笑
周りが冷静にその技の解説をしてる風景が目に浮かんでさらに怖い(汗


というか、↑のが冗談じゃなくて予想として一応通る、テニプリ自体が一番怖い(笑
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ15号

・BLEACH(ブリーチ) あれはカイエンであってカイエンでない天下の名優たちで、悲劇から悲喜劇的歴史劇的牧歌劇まで何でもござれの三文役者、第9十刃アーロニーロ・アルルエリ! 能力的には藍染の下位互換というか、鏡花水月があればいらないようにみえるが、発動条....

一日遅れの今週のジャンプ・2007/15号

4月から月刊ジャンプの方の『クレイモア』が アニメ化されるというコトと どうしても『ETOILE(エトワール)』が気になるので 今月は月刊誌にも手を伸ばしてしまいました。 締め切りが月単位という事もあって、月刊の方の絵は皆綺麗でした。 でもやっぱり週刊の方がオ

【少年ジャンプ2007年15号】

★表紙は先週に続いて新連載の【バレーボール使い 郷田豪】。そしてまた『金髪・ツンツンヘアー』が登場だよ。ジャンプに置けるヒーロー率高いんだよね……コケルと痛いと思うけど、さあどうだ?(『スーパーサ★ヤ人伝説』作ってみてもよくね?)。絵柄は少し乱暴だね、..

comment

Secret

新連載陣

「サムライうさぎ」
>老人からもらった偽道場を
やっぱり偽道場になるのか。。

弟子をどのようにとっていくのか?
申し出た弟子はすべて受け入れるのだろうか。
なかなかいい弟子がみつからず少しの間は一人も弟子をとらないことになるのか。

弟子が志乃にホの字とかあるのかえ?

「バレーボール使い 郷田豪」
ギャグマンガなら細かいところで笑いが取れないとウケないね、
例えばトラックのメーカーが「HINOKI」になっているけど、ここはいじれそうだし。
49ページと64ページ見てさ、クラスプレートが2年のはひらがなになっているのは、どういう意味があるのか笑える説明も持ってこれそうだし。(私には到底できかねますが)
74ページでせっかく机の中が見えちゃってるのに、なんかおもしろいもの入れとい てほしかったですね。
いいシチュエーションをつくっていながら、ところどころにもったいないところがあるように感じます。

>弟子をどのようにとっていくのか?
>申し出た弟子はすべて受け入れるのだろうか。
>なかなかいい弟子がみつからず少しの間は一人も弟子をとらないことになるのか。

よく見たら次週予告では「弟子ゲットなるか?」ってなってますから、弟子を取るか(というか出てくるか)どうかわからないですね…。
次週の展開としては「弟子が一人も来ないので伍助がなんらかのアクションを起こす」か「すっごい弟子候補が来てしまい、どうしよう?」的な流れが有力だと思います。
あっさり決まるというのはやっぱりないと思うので。

>弟子が志乃にホの字とかあるのかえ?

個人的にはアリです(笑

>「バレーボール使い 郷田豪」
よく見ると、ガビーン等で懸命にうすた色を出そうとしてますよね…。
しかし、指摘されるそういう部分で出しきれてない部分が…所詮二番煎じというか。
自分なんて、完全なギャグ漫画って印象すら受けませんでしたし(苦笑
かといって、物語の目的すら見えないし…。

言っちゃえば、中途半端って印象ですね。

トラックバック、ありがとうございます。
こちらのブログはトラックバックしにくいので、別口ブログ《MINT ROOM》からトラバさせていただきたいと思います~。
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • うさぎは跳んだ!ボールは跳ねるか?(15号)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年03月13日 (火)
  • 17時34分27秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。