スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道恋愛漫画。- いでじゅう! -

いでじゅう! 1 (1) いでじゅう! 1 (1)
モリ タイシ (2002/12/18)
小学館
この商品の詳細を見る
今回のレビューは「いでじゅう!」。
サンデーに2005年まで連載されていた漫画で、全13巻という長くもなく短くもない、読み始めるには丁度よいぐらいの長さです。(←自分的に)
軽く見た感じですが、ネット上での評価もなかなか高い模様。
結構メジャーな作品なのかな?
自分は、基本的にサンデーはメジャーしか読まないので一切知りませんでしたが(苦笑

……………
いやいや、別にメジャーで掛けたわけじゃ(ry


さて、簡単なあらすじを。

進学校でありながら、柔道の強豪校である「伊手高校」に進学し、念願の柔道部に入った主人公“林田亀太郎(はやしだかめたろう)”。
しかし、林田が入部したときは既に柔道部は強豪ではなく、やや廃れかけていた。(林田は入るまで知らなかったらしい(笑 )
さらに3年引退後、ほぼ初心者ながらも部長になってしまった林田。(←当時、2年が一人もいなかったため)
自らが引っ張り柔道部の再建を誓うのだったが、残った部員はブサイクスケベ「皮村」、謎が多きちょんまげ番長「藤原」、人の数倍のでかさの怪物「三浦」、美男子だけど男好き「東」という個性あふれる問題児ばかり。
さらに柔道やる気ゼロという絶体絶命の状態。
そんな状態でも『必ず柔道部再建を!』と意気込む林田に、徐々に回りも感化され………とは行かず、林田は問題児たちにツッコミを入れ続けるのだった(苦笑
さらに林田の憧れ人である“森桃里(もりももり)”も柔道部にマネとして入り、愛と笑いと涙のほのぼのラブギャグストーリーが幕をあける!!

って感じです。

つまり、柔道漫画では全然ありません。
全体的に数パーセントぐらいですかね、柔道漫画っぽいシーンは(笑
基本ギャグ漫画で、恋愛的な要素がその合間に入ってくるって感じです。
まあ巻数が上がるにつれて、徐々にその恋愛的な要素が強くきますが…、それがまたいい味を出してるんですよ。

今まで誰とも付き合ったことがない男女特有の…なんていうか……甘酸っぱい感じが凄く上手く表現されてたりして(恥

なんか昔を思い出させるんですよね。
自分も高校のときに同じような経験したときあるんで…、自分と主人公の林田を重ね合わせちゃったり(苦笑
というか実際問題、林田とは割と似てるところあるんですよ。
自分もテニス部の部長として、自由気ままな連中をまとめようとしてましたこともありますし。
で、なかなか言うことを聞かない連中に愚痴をこぼしながらも、結構そういう空間が好きだったというか…(懐

まあ、頭皮の状態は似てませんがね(←見ればわかります


あと恋愛漫画ってあんまり読まないんで解りませんが、結構「恋愛漫画にギャグ要素が入ってる」のではなく、「ギャグ漫画に恋愛要素が入ってる」っていうのがポイント高いのかもしれませんね。
いや、何のポイントかはよく知りませんが(笑

もちろんギャグ漫画の部分も舐めちゃいけません。
大爆笑とまではいきませんが、思わずニヤリとしまうようなシーンは結構な回数あります(笑
どっちかって言うと「ほのぼのギャグ漫画系」なのかもしれません。
まあだんだんとオチだけ予想できるようになる節がありますが、それはキャラの個性が強すぎるがゆえに仕方ない点かと。
それにそうなる頃には、恋愛的要素が強くなっているので大して気にはならないと思います。(むしろそっちメインになるので)

ある意味、ギャグ的要素と恋愛的要素が上手い具合にバランスを取っている作品とも言えますね。
スポンサーサイト

tag : レビュー おススメ マンガ 漫画 おすすめ

comment

Secret

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 柔道恋愛漫画。- いでじゅう! -
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年03月11日 (日)
  • 14時26分52秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。