スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タビと道づれ」の気になる点を考察してみる。

タビと道づれ 3 (3) (BLADE COMICS)
たな かのか
マッグガーデン
来月10日に最新4巻が出る「タビと道づれ」。
発売前に、気になる点をちょっと考察してみたいと思います。


「どろぼう」の正体
クロネのいう「どろぼう」は、タビにとても似ています。
ずっと“外の世界”を拒絶しながらも、オズ先生(=航ちゃん)だけには心を開いていた小学生の女の子―――。
ただ、それはどろぼうにとっては今のことであり、タビにとっては5年前のこと
だから、単によく似た境遇なだけかなと思ったりもしていたんですが…、


時が止まったセカイ
「ねぇどうして年号が5年前なの?」

3巻のラストで、この街は5年前のままであることが判明しました。
つまり、タビにとっての5年前は、「どろぼう」にとっての今。
ならば、やはりタビは「どろぼう」ということに?

でもそうなると、新たな疑問が生まれてきます。
「何故どちらもそれに気づかないのか?」という疑問が。
タビはずっと外の世界を拒否し続けていたわけですし、何より彼女にとっては5年前のことです。
よって、タビがクロネを覚えてないのは理解できます。

しかし、クロネがタビを覚えていないのは何故でしょうか?
彼にとっては5年前ではなく、今のことです。
そりゃあ、タビは「どろぼう」の5年後の姿なわけですし、姿形は多少は違うかもしれません。
でも、“名前”は絶対に覚えているはず。
人間、名前は基本的に変わりませんからね。

クロネはタビのことを常に“お姉ちゃん”と呼んでいるので、単に『タビの名前を知らない』という可能性も考えました。
しかし、クロネの初登場シーンでユキタがタビのことを“タビ”ってちゃんと呼んでいるんですよね。(1巻112P)
その時、クロネは全く反応しませんでした。
よって、その可能性はほぼゼロ。

残る可能性としては、逆に『どろぼうの名前を知らない』という可能性。
つまり、苗字しか覚えてないということ。
タビと同じく、どろぼうも外の世界を拒否し続けていたわけですし、可能性としては高い気がします。
“名前”で呼び合うのって、親しい間柄な限定な部分がありますしね。

そして、次に『単に名前を忘れた』という可能性。
さっき「クロネにとっては今のこと」と言いましたが、彼はテガタを持ったセキモリなので、その「今」を毎日過ごしているんですよね。(どのぐらいの期間かわかりませんが)
「今」だけど、正確には今ではないわけです。
だから、忘れた可能性もなくは…ない?
ま、“どろぼう”という彼自身が名づけた名前だってあるわけですしね。

やはり100%ではないにしても、「どろぼう」がタビである可能性は非常に高いのかもしれません。



物語の最終目的
「この街」は、タビが出て行った5年前で止まっている―――。
3巻のラスト、自分はそう解釈しました。

しかし、そうなると大きな疑問が生まれていきます。
タビは5年前にこの街を出てからも、航ちゃんから励ましの手紙があったと言っていました。
だったら、その手紙は何処から送られてきたものなんでしょうか?

最も考えられるのは、『もう1つ別の「この街」がある』という可能性。
そして、そこでは5年前で止まらず、普通に時間が流れている。
では、「この街」の存在は一体何なのか?
何故、5年前で止まっているのか?
これもセキモリの願い?では、誰の願い?


「いつか」

もしかしたら、タビ自身が転校が決まった5年前、『この「今」が永遠に終わって欲しくない』と強く願い、その願いが5年前で止まった「この街」として形になったのかもしれません。

仮にそうなら5年前のタビこと、「どろぼう」が星のうまれる場所にもっとも近い存在ということになりますね。
つまり「どろぼう」に会うことこそが、物語の最終目的なのではないでしょうか?
でもって星のうまれる場所は、航ちゃんとの思い出が詰まったプラネタリウム施設が最も有力?(星関係でもあるし)

タビと道づれ 1 (1) (BLADE COMICS)
たな かのか
マッグガーデン
あと気になるのは、「なぜニシムラさんは記憶が残るのか?」という点。
記憶が残る以上、テガタを持っているはず。
そして持っているなら、一体誰からもらったのか?
やはり、ツキコさん?それともまだ登場していない人物?
うーん……、わからない。。。


◆関連記事
「願い」が紡ぐ、終わらない夏の物語。 - タビと道づれ -
スポンサーサイト

tag : タビと道づれ

comment

Secret

No title

なんだか作品に興味が湧きました。
時間軸がずれている事といい
「どろぼう」なる人物の正体といい
ミステリー的な漫画なのでしょうか?
書店で見かけた事はないけれど読んでみたいなぁ。

結構マイナー漫画の部類ですから・・・

ミステリーっていうか、そういう要素が隠れた魅力の漫画です。
まー、それを通しての「心の成長」とか、そういうのがむしろメインの漫画なんですけどね^^

未読者がなんたらかんたら

↑間違いなく僕ですが、携帯から送ったところ非公開に。

核心は…付けましたか?

No title

「どろぼう」という名の由来は作中で別に語られているんですが・・・、そういう意味も含まれているのかもしれませんね。
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 「タビと道づれ」の気になる点を考察してみる。
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年09月17日 (水)
  • 22時59分31秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。