スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わってしまった「ダブルアーツ」に寄せて…。

41号をもって、「ダブルアーツ」が連載終了しました。
悪く言うならば…、打ち切りです。
この情報を知ったときは、本当に驚きましたね。
信じられない、というか信じたくありませんでした。

確かにここ最近の掲載位置を考えれば、決して予想できなかった結果ではありません。
ですが、最初の街を出るのに10週もかけたり、連載第1話以外で表紙を飾るなど、編集部の大きな期待をうかがわせる扱いが幾つかあったので、もしかしたら何らかの配慮があるんじゃないかと、、、。

編集部は途中で考えを変えたんでしょうか?
しかし、それにしても判断があまりにも早すぎます。
せめて一年は連載させて欲しかった。
ただ新人作家でありながら、早々にSQでの読みきりが決定したのを見ると、期待は相変わらず大きいんでしょうけど…。



二人一緒に
「…もちろん 二人一緒にですよね?」

打ち切りによくある、俺たちの戦いはこれからだ!的な終わり方ではありましたが、予想以上に綺麗に終わらせてきましたね。
それが何よりの救いになった気がします。
確かにガゼルの真の目的、“彼女”の正体、ファランの過去などの伏線はまったくと言っていいほど回収されませんでしたが、それらをあえて描かずにキリがエルーを助ける理由だけにスポットを当てたのは正解だったと思います。
てか、そもそも全部回収するなんて無理がありますし。

さて、最終話にして両想いであることが判明した2人。
エルーはともかく、キリはそんな素振りをほとんど見せていませんでした。
ですが、あくまでこの漫画はエルーが旅を回想しながら書いているという形になっているので、当然と言えば当然ですよね。
この物語を語っている「今」でも、エルーはキリの想いに気づいていないということになっているようですし。
しかし、「今」のキリがどうしているのかが妙に気になる…。
うーん、コミックで何か加筆してくれることを期待しておきます。


最後に「ダブルアーツ」がなぜ打ち切られたのかを考えてみたんですが…、「ジャンプだから」という理由を除くならば、やはり当初から感じていたバトルに対する不安を完全に払拭できなかったのが、最大の原因だったのではないかと思います。
バトル描写慣れしてないであろう技術面の未熟さを、「手を繋いだまま」と「フレア」という奇抜な設定でカバーできればよかったんですが…。

「手を繋いだまま」という設定は終盤の“双戦舞”で半ば無理矢理に形にしただけですし、「フレア」に関して言えば、最後まで殆ど活かされることがありませんでした。

そもそも「フレア」は、キリとエルーの2人では効果を発揮しません。
元々、2人は手を繋いでいるのがデフォルトなわけですし。
そこで重要になる“3人目”ですが、スイは基本的に単独で戦うのが好きなようですし、ファランは誰かの為には戦わないというスタンスでした。
マトモに活かしたバトルと言えば、スイ初登場のバトルぐらい。
そんな風だったから、徐々に「フレア」の印象が薄まっていったんですよね…。
とにかく、もっと設定を活かすバトル展開にするべきだったと思います。

打ち切られたことはとてもショックです。本当に。
しかし…、

『打ち切られたことがある』というのが、いつか大きな財産になる―――。

事実、打ち切りから大ヒット作を生んだ作家さんは多いです。
古味先生もその1人になれるよう、次回作に強く期待したいと思います。
是非、そのときは応援させていただきます。ありがとうございました!

◆参考記事
今週の『ダブルアーツ』俺達の旅はこれからだエンド・・・次回作ホント期待してます
僕らが最後に見た、一回きりの「ダブルアーツ」

◆関連記事
「シスター」であり続ける理由。 - ダブルアーツ 第2話 -
たった一つの不安要素。 - ダブルアーツ 第4話 -
手を取り合うことの大切さ。 - ダブルアーツ 第5話 -
「暖かさ」と「力強さ」と。 - ダブルアーツ 第6話 -
「11人」の不安。 - ダブルアーツ 第7話 -
「天然度」と「強さ」は比例する。 - ダブルアーツ 第11話 -
“強い”とは、“弱さ”を知ること。 - ダブルアーツ 第14話 -
発作を抑える力の正体。 - ダブルアーツ 第17話 -
「ダブルアーツ」の意味。 - ダブルアーツ 第19話 -

繋いだ手と手が紡ぐ物語。 - ダブルアーツ -
デスノート・パロディ「打切」
スポンサーサイト

tag : ダブルアーツ

comment

Secret

No title

初めまして。

僕もダブルアーツが打ち切りになったのは驚きでした。

作品全体のノリが好きでしたし、表紙を飾ったりしている様子を
見て、人気なんだなぁと思っていたのですが・・・・・。
予想はしていましたが、最終的にキリとエルーは両思いでしたね。
でもいつのまにそういう系の話に?っていう本音もあります。
そして、"フレア"という力が何だったのか、ガゼルの集団の
目的は?など、謎のままで終わってしまったのが残念です。

バトル場面については、僕も同意です。
展開が簡単に読めちゃうようなバトルでしたし、主な登場人物の
戦い方が強まるばかりで、敵の戦い方はハッキリせず・・・・・。
迫力も、もーちょい大きくした方が良かったかな?と。

そして、最終的にアンディはどうなったのか・・・・・

長くなりました、すみません。
拍手ポチです!!!

コメントありがとうございます^^

>両想い
本当ならば、もっと時間をかけながら、そういう流れに持っていく予定だったんでしょうね。
伏線の事もありますし、やはりもっと読んでいたかったなぁ…。

>アンディ
当初の予定では合流するはずだったんでしょうが、こういう結果になってしまったので・・・。
彼女もフレアを活かす存在になったと思うだけに残念です。
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 終わってしまった「ダブルアーツ」に寄せて…。
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年09月13日 (土)
  • 15時56分51秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。