スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スカイ・クロラ」感想

「スカイ・クロラ」を観に行ってきました。
映画館自体が久し振りです。デスノート後編以来かも?
映画自体はDVDとかで割と観てるんですけどね。
ネタバレ注意って言うほどの感想でもないですが、とりあえず注意。

思った以上に飛行シーンの迫力が凄かったです。
特に戦闘描写は凄く、「そこ」がスクリーンの中であることを忘れてしまいそうになる程でした(笑
その辺は映画館でこそ味わえた感覚なのかもしれませんけど。

この映画で特に印象に残ったのは、“ショーとしての戦争”です。
どこかで誰かが戦い、誰かが死んでいく―――。
本来は戦争がなく平和な世界のはずなのに、その作られた戦争の「事実」を通してでしか、平和を実感できない。
怖い事だなーと一瞬思いましたが、現実世界の戦争もこの側面から見ると何ら変わらない物の気がします。
海外の戦争報道とかを見ると、「日本は平和なんだ」って実感しますし。
そこには単に戦争の歴史を知るのとはまるで違う、「どこかで誰かが戦い、誰かが死んでいく―――。」という紛れも無いリアルの重みがあります。
もちろん、本当は戦争が無くなっても平和は実感できるかもしれませんが…、それがまだ「わからない」という現実こそが一番怖いのかもしれません。


そして、永遠に子供達であり続ける“キルドレ”
この映画はその存在がメインに描かれているわけですが…、正直言うと自分には彼らを通して伝えたいことが具体的にはわかりませんでした。
ラストシーンの「それでも、昨日と今日はきっと違う」というユーイチの言葉。
キルドレが死に、またキルドレが生まれる。
その運命の呪縛ともいうべき繰り返しの中にも変化はある。きっと何かが違う。
だから、繰り返しのような人生の日々の中にも変化がある。きっと何かが違う。
若者向けということを考えると…、こういう解釈でいいのかな?

また徐々に“キルドレ”という存在を理解していく、怖さにも似た寂しさ。
その辺は演出の上手さが光っていましたね。
いつの間にか気付かされている、というか。

最後に不安要素だった声優ですが、感情の起伏があまりないキルドレだったせいか特に気になりませんでした。
むしろ棒読みっぽいのがいい方に転んだ気がします(苦笑

スカイ・クロラ (中公文庫)スカイ・クロラ (中公文庫)
(2004/10)
森 博嗣

商品詳細を見る
原作も機会があれば読んでみたいですね。
スポンサーサイト

tag : スカイ・クロラ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

森博嗣の「スカイ・クロラ」シリーズ

森博嗣の「スカイ・クロラ」シリーズはキルドレの草薙水素を通じて、平和な世界で生きる我々日本人に対して生きる事の意味を問いかけているように感ずる。いったい何のために生きているのかと。

comment

Secret

ようこそ、押井守の世界へ

見たい…忙しい…お金が無い…

『攻殻機動隊』は30回くらい観て、未だに理解しきれないんですが、
この映画はどうでしたか?
(なんでも押井映画は、100回くらい観ないと分からない"仕様"だとか)

DVDを待てばいいかな、なんて思っているので参考までにお願いします。

No title

うーん、何を持って「理解した」というのかが分からないんですが…、たぶん理解していないんだと思います。
もう一度観たら、きっと違う印象を受けるんだろうなーという気はしますし。
てか、「100回ぐらい観ないとわからない」って作品としてどうなんだろう?って思いますけどね…(苦笑

あの犬、イノセンスのバトーさんの犬なんですよ

ちなみに、攻殻の主人公は草薙少佐。偶然でしょうけど。
今週末に公開終了というこのタイミング、やっと観てきました。

エンドロールで席を立った人がいたような気がしましたが、
あの後が一番重要なシーンだったんじゃないかと思いますね。
あれがなければストーリー的に絶対に納得できなかった。

>キルドレ
人々に平和を実感させるための戦争のコマ…
倫理的にどうかしてるだろ…と思ってましたが、そうきましたか…
とは言え、マダオさん同様、何を伝えたいのかは分かりませんが(ぇ

ただ、ラストの草薙水素の変化こそがその答えなのかなと。

やっぱり100回観なきゃ分かりませんよ。
そもそも、1回観たからもういいや、なんてつまんないじゃないですか。

No title

個人的にいい映画の条件っていうのは、「100回観なきゃ分からない」や「1回観たらもういいや」ではなく、「何度観ても楽しめる」だと思っているんですよ。
なんとも言えないモヤモヤが残った“分からない”状態を楽しいとするなら、「100回~」と同じ意味とも取れますけど…。

とにかく、DVDで2回目を観てみたいですね。
その頃には原作も読み終わってるだろうし、違う感想を抱ける気がします。

No title

私は中学3年生の女子なのですが、スカイ・クロラの映画の予告を見て「あぁ・・・。こんな物があったんだ・・・。」と感動しました・・・。
それから、文庫本も見てみたんですが思ったよりはまってしまって今では全巻そろいました!!
映画も見たかったのですが、田舎でして映画館に来なくてとうとう見ることができませんでした・・・涙
学校でも担任の先生としか話が合わなくてこの掲示板を見つけたときすごく感動しました・・・。
スカイ・クロラはとても深い物語ですよねw
よければお話したいです。
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 「スカイ・クロラ」感想
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年08月21日 (木)
  • 00時28分32秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。