スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏切りと愛の果てに―――。 - 未来日記 5巻 -

未来日記 5 (5) (角川コミックス・エース 129-9)未来日記 5 (5) (角川コミックス・エース 129-9)
(2008/02)
えすの サカエ

商品詳細を見る
26日だと思っていたら、今日発売でした(苦笑
「未来日記」最新5巻感想です。
リアルタイムで書いた記事に少し加筆・編集を加えました。


日向・10thとのバトルから数日後…。
或の我妻邸侵入の為に、由乃と一緒に結婚式場の無料体験会へと向かう羽目となった雪輝。
前回の『恋人宣言』のせいなのか、由乃はいつもに増して積極的なご様子…(苦笑
「このままでは流石にまずい」と感じた雪輝は、あの宣言が嘘であったことを伝えようとするわけですが…、


嬉し泣き
由乃の笑顔の前にたじろいでしまう。。。

2巻の遊園地のシーンと同様に、こういう乙女な一面を不意に見せるというのが、スイッチが入ったときの彼女の狂気を何倍にも増幅させるんでしょうね…。
ちなみに自分が彼女を「純粋」と見る理由もここにあります。
彼女はただ単に雪輝が好きなだけなんですよ。
それ以上でも以下でもない。


結局、体験会を最後まで満喫した二人。
はしゃぎすぎて眠ってしまった由乃を送り届けるため、我妻邸に向かった雪輝は侵入していた或と遭遇。
そして…、あの白骨化死体があった“襖の向こう”を再び見ることになるわけですが………、そこには異常すぎる光景が広がっていました。

襖の向こう
白骨化死体が無いどころか、部屋そのものが無いという異常過ぎる光景が。

あまりの光景に思わず問い詰める雪輝ですが………、やがて由乃のある異変に気づいてしまいます。

記憶の消去
>今日は始めてユッキーが家に来てくれたんだから――……

自らの精神を保つための記憶の改竄。
この漫画で久し振りに恐怖を感じましたよ…(汗
彼女はここまでキテたのか…。
雪輝にあの白骨化死体を見られたのは、彼女にとって「絶対にあってはならないこと」だったんですね。
それにしても…、この脆すぎる彼女の心に確かな恐怖を感じながらも、愛おしさをまた感じてしまう自分はおかしいでしょうか?(苦笑

そして、あの大きな穴の謎。
白骨化死体だけを隠すだけなら他にもいろいろと方法があると思いますし、やはり何か別の理由、雪輝に見られたくない別の“何か”があったと考えるべき?
まあ単に存在そのものを消すことで、記憶の改竄をしやすくしたという理由もあるかもしれませんが…。
それにしても、「どうやってあの大きな穴を掘ったのか?」という疑問が「由乃だから」という回答一つで収まりそうな気がするのは、さすが由乃様と言ったところですね(笑
ちなみに「爆弾」という手段も一応浮かんだんですが、そんなことをやったら間違いなく騒ぎになりますから…、やっぱり自力?w



その後、雪輝と由乃は4thが率いる桜見警察署の捜査員たちに10th殺害の件に関しての取り調べのために身柄を拘束され、ついに裏切りを宣言した4thの作戦により正式な犯罪者になり…、

フラグ
デッドエンドフラグを立てられることに。

確かに4thの日記は、犯罪者に対してでないと全く力を発揮しませんからねー。(というか無力?)
雪輝を思う由乃の心理を上手く利用した点などを見ると、4thもなかなかの策士と言えそうです。
ちなみに4thが耳を飛ばされたのに意識がはっきりしていたり、雪輝たちが屋上から飛び降りて怪我してないのは、この漫画のご愛嬌ですからスルーです(ぁ



ついに来栖との対立構図が明確化したわけですが、やはり腑に落ちないのは4thが裏切った理由でした。
完全予知が可能な雪輝たちを上手く利用して、他の所有者を蹴落としていくという考えはよくわかりますが、それならまだこのタイミングでなくとも別にいいはず。
しかし、その理由を知ったとき、全てに納得が行きました。
それは…、

息子のため
神となり、余命三ヶ月と診断された愛する息子を救うため。

「先月頭」に診断されたということは、雪輝たちと出会った時期の前後ということになります。
裏切りを決断した明確な時期はわかりませんが、恐らく出合った当初からそのつもりだったんでしょうね…。
彼の裏切りは「息子の為に何も出来ない」という自分の無力さを認めたくなかった、一種の暴走の形だったのかもしれません。



成り行きでみねねと「新・未来同盟」を組むも、来栖の決意の強さの前に極限まで追いつめられる雪輝たちですが………、

愛の力
>僕も由乃が好きだから

最後は愛の力を持って、二人が生き延びるという「未来」を見事に切り開きました。

この展開には不覚にもグッときてしまいましたね…。
今まで守ってくれた事への感謝の気持ち、そして由乃の心の支えは自分しかいないという事実の発覚など、いろいろと要因はあると思いますが………、やっぱり自分としては由乃の強い思いが通じたんだと思いたいです(笑



4thとのバトルも無事終わり、二人にも今までどおりの日々が戻ってきました。
ただ一つだけ違う所があるとすれば…、

永遠にともに
>この一瞬を永遠にしたいぐらいだよ ユッキー

今まで以上に縮まった二人の間の距離。
由乃の幸せそうな笑顔が凄くまぶしいです(笑
やっぱりこの二人には結ばれてほしいですね^^



しかし、そんな幸せの裏で…、

大事なもの
隠された闇が……、

伸びる捜査の手
そして捜査の手が……、着実に迫ってきていた…。

後者に関しては、当然と言えば当然の流れと言えます。
今回は警察に対しての凶行でしたし、今までは4thがそうならないように指示していたようですから。
一体、警察の包囲網をどう掻い潜るのか…?

この白骨化死体の件に関しては、「このままうやむやに終わらせるんじゃないか…?」と密かに思っていたんですが、どうやらそれは無いようですね。
嬉しい限りです^^
ついに我妻家の闇が明かされるのか…?
そして、その闇は二人の間を再び切り裂いてしまうのか…?

次号からの新展開が非常に楽しみです!


■関連記事
最狂ヒロインが魅力のサスペンス漫画。 - 未来日記 -
選択肢は、“殺す”か“信じる”か―――。 - 未来日記 3巻 -
ヤンデレ、ここに極まり! - 未来日記 4巻 -
「ヤンデレ」っていうか、「病みっ子」が好きなんです。

またこの4thとのバトル中には、今だかつて無いほどの衝撃的なシーンがありました。

そして死んでも・・・
>そして死んでも 私はユッキーを追い続けるわ

このシーンを見たとき、本当に言葉が出てきませんでした。
驚きと哀しみが交じり合ったような感情が一気に体中を駆け巡ったような…、もうなんとも言えない気持ちになりました。。。
雪輝を守りたい。自らを犠牲にしたとしても。
正直、考えが甘かったです。
でもよく考えると、十分ありえる選択だったんですよね…。
なぜなら、雪輝は彼女にとっての「世界」そのものなんですから。
雪輝の死は彼女自身の死と同じ…。
まあ幸い「閃光弾」だったおかげで助かったわけですが………、ホント心臓に凄く悪い展開でしたよ(苦笑
おかげでリアルタイムで読んでいた自分は一ヶ月間、頭から離れませんでしたw
あんなに長いと感じた一ヶ月はそうありません…(汗





ファンサービス?
こっちのシーンに関してはノーコメントでお願いします(笑
ある意味、上より衝撃的なシーンですが(オィ

未来日記 (1)未来日記 (1)
(2006/07/21)
えすの サカエ

商品詳細を見る

未来日記 (2)未来日記 (2)
(2006/10/24)
えすの サカエ

商品詳細を見る

未来日記 3 (3) (角川コミックス・エース 129-7)未来日記 3 (3) (角川コミックス・エース 129-7)
(2007/03/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る

未来日記 4 (4) (角川コミックス・エース 129-8)未来日記 4 (4) (角川コミックス・エース 129-8)
(2007/10)
えすの サカエ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : 漫画 マンガ 未来日記 レビュー

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未来日記 5巻感想及び考察 ~雪輝の心境の変化~

「お前がガキでいていい時間はもう終わりだよ」 雪輝の心境の変化とキャラの立ち位置の変化が見どころでした。『未来日記』5巻感想です。ネ...

comment

Secret

・・・・・え?・・・

マ、マダオさん・・・めっさ・・・・信じ・・・。
いや、私が・・・ちゃんと確認・・・しなか・・・・え、今日・・・・ちょ、・・・・え・・・・(笑

明日買いにいかなきゃw
ネタバレは嫌だったのでこの記事の部分は目を瞑って回避しました(苦笑

ごめんなさい^^;

自分も今日になって初めて他サイトで知ったんです。(だから自分もまだ未購入)
作者とカドカワのページの両方が「26日発売」となっていたので疑うことすらしませんでした…(苦笑

最初は由乃だけが取柄の作品だと思ってましたが
今巻ばかりは本当に面白かったですw
雪輝自身の変化も良かったですが、
由乃のヤンデレっぷりがここに来て
もう一段ぶっ飛んでいったのが凄まじかというかw
手榴弾抱えて突っ込んだ時は本気でビックリしましたw

リアムタイムで読んだときはホントどうにかなりそうでした。
次回タイトルが『終わる世界』とまたすごく意味深なものになってて、「無いだろう・・・」とは思いつつも、「もしかすると・・・」という思いが払拭できないまま、悶々とした一ヶ月を過ごすことに・・・(苦笑

ちなみに個人的には、(まだ途中ですけど)次の新章の方がもっと面白くなると思いますよ。
ネタバレになるので詳しくは言えませんが^^
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 裏切りと愛の果てに―――。 - 未来日記 5巻 -
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年02月23日 (土)
  • 17時27分58秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。