スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6歳女児と30独身男のほのぼの成長記。 - うさぎドロップ -

うさぎドロップ (1) (FC (380))
宇仁田 ゆみ
祥伝社
今回、レビューするのは「うさぎドロップ」。既刊3巻。
フィールヤングにて連載中の漫画です。


簡単なあらすじ

―――じいさんに隠し子が?

祖父の訃報を聞き、有給をとって駆けつけた孫のダイキチはその事実を知り、驚くことになる。

りんとの出会い
祖父が好きだった花、竜胆(りんどう)から取って「りん」。
それがその子の名前だった。

葬儀も一段落したところで、りんの今後について話し合いが始まったのだが、親族達は荷物のように互いに押し付けあうばかり。
その光景に業を煮やしたダイキチは、タンカを切って自らがりんを預かることを決めてしまう。
そして、6歳女児と30独身男の共同生活が幕を開ける―――。
果たして、ダイキチに子育てはできるのか!?



「犠牲」か否か
りんを預かることになったダイキチですが、そもそも未婚の独身なわけですから、当然ながら子育ての経験なんてありません。
だから、まさに「手探り」でやっていくという感じです。
自分自身も経験ありませんから、読み進めるにつれていろんな発見があって驚いたり。

そして、この漫画がいい所はそういう子育ての“大変さ”を描いていることなんですよね。
ダイキチの場合、それを一気に背負うことになったわけですから、より“大変さ”は大きいものになってしまっています。
それを受け、りんの為に残業のない課への異動を決意するなど、色々と今までの生活からの変化を余儀なくされるダイキチ。
そんなときふと一つの思いが浮かびます。


これは「犠牲」なのか―――?


是非、皆さんにも聞いてみたい質問。
子育てによって今まで出来ていたことが出来なくなったら、それは「犠牲」ですか?(例えば、育児の為に退社する等)
ダイキチの場合、りんは実の子供ではありませんし、ましてや全てがいきなりです。
割り切るというのは酷な状況。
しかし、「犠牲」だとは思いたくない。りんの為にも。



そして、悩んだ末にダイキチが出した結論は…、

子育ては犠牲?
>今 俺が“これは犠牲じゃない”って言い切るのはウソくせーから
>何年か後にそう思えたらいいなと思う


ウソのない素直な言葉。
これがすごく良かったです。とても納得できるというか。
自然と暖かい気持ちになったのを覚えてます。



やがて“親子”に
子供は可愛いです。
というか、りんちゃんは可愛いです。
世の中には「絶対」なんてことは無いと思ってましたが、これは絶対です。絶対ったら絶対です。(オィ

お遊戯会の踊り
いや、冗談抜きでホント可愛いんですよ(苦笑
“子供らしい可愛さ”っていうのが上手く表現できてると思います。
無邪気というか、無垢というか。

ですが、初めの頃は少し影がありました。
祖父が死により、一人ぼっちになってしまった「悲しさ」。
また一人ぼっちにされてしまうんじゃないかという「恐怖」。
それがダイキチと過ごす事で徐々に「安心」で埋まっていきます。
少なかった表情にも、徐々に笑顔が増えていきます。

それに伴い、ダイキチ自身も少しずつ“親”に、そして2人が“親子”になっていく様子はとても見ていて微笑ましくて…。
「親子っていいなー」って強く思ってしまう、そんな漫画です(笑

うさぎドロップ 3 (3) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
宇仁田 ゆみ
祥伝社
おすすめ度の平均: 5.0
5 サラリーマンのよつばと?
5 主人公の造形の魅力
5 人生って、普通に当たり前なのが一番
5 妙にリアルなファンタジー

よにんぐらし(4) (バンブー・コミックス)
宇仁田 ゆみ
竹書房
おすすめ度の平均: 5.0
5 面白いのに、いきなり最終巻

あ、気になった方もいるかもしれませんが、敢えて「りんの母親」についてはここでは伏せておきます。

また「このマンガがすごい!」のオンナ編五位を獲得しているらしいですが、男が読んでも全然楽しめると思います。
というか、個人的にはむしろ男の方にお勧めしたい作品かも。
ネックは一冊1000円程する値段ですかね(苦笑

近々、同じく宇仁田先生の作品の「よにんぐらし」も購入してみようかなーと考えています。
こちらは“家族”がテーマみたいです。

◆参考記事
「温もり」を求める貴方へ、宇仁田ゆみ作品のススメ
「うさぎドロップ」と「おたくの娘さん」から見る、ある日突然娘が出来た時の対処法
スポンサーサイト

tag : 漫画 マンガ レビュー

comment

Secret

>何年後かに…
うん、きっとそれが正しいかもしれませんw
育児の最中って頭で考える前に体と気持ちが動いてしまうものかも(今振り返ると)

社会人の1人として働いていたのが、育児によって社会と断ち切られたように感じた時もありました。
でもその子ども達を日本の未来につなげられれば結果断ち切れてはいない訳ですよね。
(^~^)

ふむ…読んでみようかな♪

>でもその子ども達を日本の未来につなげられれば結果断ち切れてはいない訳ですよね。
良い事を言いますねぇ…。
経験者のお言葉、ありがとうございます^^
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 6歳女児と30独身男のほのぼの成長記。 - うさぎドロップ -
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年02月17日 (日)
  • 15時30分32秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。