スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可憐な乙女の裏側に。(エース2月号)

少年エースA 2008年 02月号 [雑誌]少年エースA 2008年 02月号 [雑誌]
(2007/12/26)
不明

商品詳細を見る
少年エース2月号感想です。
さて時間もないので、さっさといきましょう(笑

◆そらのおとしもの
新たな「未確認生物」、ニンフの登場により、急速にシリアスさ全開になってきた「そらのおとしもの」。
正直、今まで通りのコメディー調をずっとキープして欲しかったというのが本音だったんですが、今回の話を読んでみるとそうでもない気が…。
むしろ、ニンフによって自らにかけられていた記憶域プロテクトを解除され、自分の過去、そして本当の姿を知り、涙するイカロスの姿には思わずグッと来てしまいました…(泣
まだ“シナプス”の全体像や、智樹の夢に出てくる“声の主の正体”など、謎のままのこともありますし…、ここからどう物語が動くのかはわかりませんが、今後も期待して見守りたいと思います。

イカロス
>アンタの正体を知ったらマスターはどう思うんでしょうね…!!
>この……大量破壊兵器が!!


このシーンのイカロスの表情がなんとも言えません…。
今までどおりの表情に見えるんですが、感情のプロテクトが解除されたこともあってか、「悲しみ」がすごく伝わってきます。
記憶を取り戻した後も、『愛玩用ロボット』だと言い続けるのは、自らが『大量破壊兵器』だと認めたくない―――、そして何より智樹に嫌われたくないという思いの現われなんですよね…(泣

にしても、人形から少女になったということは、今までのようなコメディシーンは一切無くなるということになるんでしょうか?
この漫画のコメディーシーンはかなり好みなんですケド…^^;


◆未来日記
秋瀬 或、ついに始動!
結局、4thとのバトルではあまりストーリーに関わってきませんでしたから、この展開はファン待望と言っていいでしょうw
由乃の手から雪輝を助け出そうと、日向と野々坂と高坂を連れ、潜伏先とされるゴーストタウン化したホテル街に向かう一行…、ってあんなことがあったのによく……(苦笑
由乃の偽装メール作戦は流石と言ったところでしょう。(先に日向にメールした事とか、上手く或たちを閉じ込めた事とか)
そして、雪輝の姿ですが………、見るに耐えませんでした。
目が死んでいるようですが、もしかすると薬で静かにさせているというのも考えられますね。
というか、本当に監禁してたとは正直驚きです。
前回、あんなに幸せそうな姿を見せていたのに…。
でもまぁ、それしか道がなかったのかもしれませんね。
警察から追われる立場になった以上、逃亡するしか方法はありませんし、それに雪輝が同調するとは思えませんし。(むしろ自首とか勧めそう)
ここに至る経緯次第では…、由乃に対する認識を大きく改めなければならないかもしれません。
追いつめられての単なる“暴走”であって欲しい…。

あとゼウスとムルムルとの会話の中にも新情報が。
4thの早すぎる裏切りはムルムルの仕業だったんですね…。
またムルムルはてっきりゼウスの手下的な立場かと思いきや、同等の立場にいる可能性が出てきました(笑

さて、或たちはどうやってあの状況を脱出するのか!?
雪輝はどうやってあの状況から抜け出すのか!?
そして、由乃はどうなるのか!?
次号の展開が相変わらず、かなり楽しみです!


◆デッドマン・ワンダーランド
死ねよ豚
>臭ぇんだよ 死ねよ ブタ
>死んで切り刻まれてホルマリンのなかでマスでもかいてな


いや、まあ…裏はあるだろうなとは思ってましたが。。。
まさかここまでとは…(苦笑
ホント、この刑務所は狂ってますね。
その中でもD棟の連中は狂いまくっています。
謎は多く残ったままですが、とりあえずこのバトルのほうは羊の登場により面白くなりそうですね。
というか…、シロは?w

そらのおとしもの 2 (2) (角川コミックス・エース 126-7)そらのおとしもの 2 (2) (角川コミックス・エース 126-7)
(2007/12)
水無月 すう

商品詳細を見る

未来日記 4 (4) (角川コミックス・エース 129-8)未来日記 4 (4) (角川コミックス・エース 129-8)
(2007/10/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る

デッドマン・ワンダーランド 2 (2) (角川コミックス・エース 138-9)デッドマン・ワンダーランド 2 (2) (角川コミックス・エース 138-9)
(2007/12)
片岡 人生、近藤 一馬 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : 少年エース

comment

Secret

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 可憐な乙女の裏側に。(エース2月号)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年12月30日 (日)
  • 15時13分23秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。