スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスノート番外編 Page,N 「信頼」

なんだかんだでもう3日も記事更新できていない状況なんですが、今日は今日で飲み会のために無理っぽいです。
4日も記事更新しないっていうのは流石にちょっとアレなので、今日は一年半ぐらい前に書いたデスノートのSSを公開したいと思います。
ま、本編との折り合わせの為に一部大きな修正を加えてますが、基本的な流れは全然変わってません。
ちなみに小説形式ではなくネタバレ形式になっていますので、脳内で上手く完成させてくださいませー(苦笑





Page,N「信頼」

煽り;二人の道は違っていく…
   しかしその道は同じ“キラへと続く道”…

メロ「僕は出ていくよ…この施設からも」
ロジャー「メロ」
メロ「ロジャー どっちにしろ僕も もうすぐ15だ 自分のやり方で生きていく」
バタン。
メロ、出て行く。
ニア、パズルを解きながら、
ニア「ロジャー 止めなくてよかったんですか?」
ロジャー「………」
ニア「どんな無茶をするか………」
ロジャー「キラ事件を捜査するとでも?」
ニア「はい」
ロジャー「まさか…それはさすがに無いだろう たった一人で一体何ができると言うんだ?」
ニア「わかりません… しかしあのメロがこのまま引き下がるとはとても思えません」
ロジャー「………確かに」
ロジャー、溜息をつく。
ニア「ところでロジャー」
ロジャー「?」
ニア「では私が“L”の名を受け継ぐということでいいんでしょうか?」
ロジャー「いや…そのことなんだが………」
ニア「………何か不都合でも?」
ロジャー「それが…実はまだ―――」
ニア、Lの文字のパズルを埋め完成させようとする。
ロジャー「“L”は存在する」
ニア「!………」
ニア、パズルを解く手を止め、ロジャーを見つめる。
ニア「………Lの死後 “L”の名を語る人物がいるということですか?」
ロジャー「そうだ」
ニア「………」
ロジャー「ニア お前もLがキラ捜査で日本に入っていたのを知っていただろう?」
ニア「はい」
ロジャー「そこでLはキラに殺された… どのような状況で死んだのかはわからないが その場にいた何者かが“L”の名を…」
ニア「おそらく…世界の混乱を配慮した上での判断でしょうね… “Lが死んだ”という情報が流れれば キラ支持派の勢いに拍車をかけることになる…」
ロジャー「やはりそうか…」
ニア「では私には“L”としての権限は無いわけですか…」
ロジャー「ああ今のところは… だが今のLと話ができれば―」
ニア「無理でしょうね」
ロジャー「? なぜだ?」
ニア「たとえ今のLと話ができたとしても絶対に信頼してもらえないでしょう… 誰かもわからない人物にいきなり“Lの後継者だ”と言われて信じると思いますか?」
ロジャー「し しかしLが死んだことを知っていることを教えれば……… これは我々しか知らない情報だ」
ニア「いえ キラも知っています」
ロジャー「!………」
ニア「ただでさえキラ………正体のわからない敵を追っているんです 信じるわけがない」
ロジャー「ならば…世界的な権力者にLの後継者であることを証明をしてもらえば……」
ニア「いえ 仮に大統領が弁護してくれたとしても キラに脅されていると考える可能性がある… いや確実にそう考えるに決まっています… そういう事件なんですよ キラ事件というのは」
ロジャー「………」
ロジャーため息
ニア「それにしても気になることが一つ」
ロジャー「何だ?」
ニア「ロジャーはどうやってLの死を知ったのですか?」
ロジャー「ああ…Lの所有するパソコンにはある機能がついていたんだ…」
ニア「ある機能?」
ロジャー「タイマーが内蔵されており そのタイマーがゼロになった瞬間に 私の携帯に“L is dead”という文字が送信される仕組みになっていた」
ニア「………なるほど もしLが生存しているのであればタイマーがLの手により定時的にリセットされ ロジャーの携帯に送信されないはず…送信されたということは…Lは死んだ… そういうことですか?」
ロジャー「ああ」
ニア「そういうことなら やはりそのパソコンの存在は L以外知らないはずですね…」
ロジャー「おそらくな 第三者に知れるようであれば意味がない…まぁワタリなら知っていたかもしれんが………」
ニア「なおさら我々がキラ 少なくともキラ側の人間だと疑われるということになりますね」
ロジャー「………うむ」
ニア、パズルの片付けを始める
ニア「ところで…Lからキラ事件に関する資料は何も?」
ロジャー「……いや何も… おそらく己の死を予感することなく死んだのだろう」
ニア「…そうですか ………ちょうどいい」
ロジャー「?」
ニア「………私にはまだLの後を継げるほどの力はありません」
ロジャー「それとこれと何の関係が?」
ニア「このキラ事件を捜査する過程で鍛えればいいんですよ いわゆる…『一石二鳥』というやつですか」
ロジャー「……! もしかしてLは…わざと資料を?」
ニア「いやそれはないでしょう そんなことをしてもなんのメリットもない もし仮にLが私の能力不足を考慮していただけなら ロジャーだけに情報を渡しておいてもなんの問題も無いはず……… つまりLはキラをその手で捕まえるつもりだった………そしてその自信があったのでしょう」
ロジャー「………そうか」
ニア「では」
ニア、パズルを手にとり、部屋を出る
バタン
ロジャー(………)


数日後。
ニア、一人で紙の資料を読んでいる。
1つ読んでは紙を丸め、すこし離れたゴミ箱に投げている。
しかし1つも入っていない模様。
コンコン
ニア「はい」
ガチャ
ロジャー「ニア ちょっといいか?」
ニア「?」
ロジャー「今日は紹介したい人物がいる」
ニア「………」
ロジャー「入ってきてくれ」
大きい男が一人部屋の中へ
ロジャー「レスター捜査官だ」
ニア「……」
レスター(これが…Lの真の後継者… 話は聞いていたがこんなにも幼いとは………)
ニア、レスター目をあわす
ロジャー「お前だけでは捜査にも限界があるだろう そんなときは彼に頼めばいい」
レスター「よろしく……ニア君でいいのかな?」
ニア「ニアでいいですよ」
ニア、ロジャーを見る
ニア「……大丈夫なのですか?」
ロジャー「ああ」
ニア「………」
疑り深そうにレスターを見つめる
ロジャー「………心配するな 腕は確かだ」
ニア「……そんなのは当たり前です 腕が無い人が一人でも居たら捜査の進行は大きく遅れてしまいます いないほうが何倍もマシです」
ロジャー「それはそうだが…」
ニア「私が聞いているのは“信頼できる人物か?”ということです」
ロジャー「………これが答えになるかはわからないが……… いや…お前にとっては一番の説得力のある答えかもしれないな…」
ニア「?」
ロジャー「あのLが………彼をとても信頼していたそうだ」
ニア「! Lが…彼を?」
ロジャー「ああ Lがアメリカでの事件を捜査する際に現場の指揮官を任せられていたのが彼だ」
ニア「指揮官…? 指揮をするのはLではないのですか?」
ロジャー「Lはいつもパソコン越しに指示をするスタイルをとっていたからな… なかなかうまく指示が伝わらない場合があったそうだ そういう事態を避けるためにレスター捜査官が 皆に一番伝わりやすく かつ的確な指示を伝え 現場全体を指揮していたらしい」
ニア「なるほど……… つまり捜査をより円滑化するための大切な役職と言うわけですか」
ロジャー「現場の捜査員からはもちろん Lからの信頼も厚くなければ 絶対にできない役職だ」
ニア「………」
レスター「………」
ニア「よろしくお願いします… レスター捜査官」
レスター「こちらこそよろしく ニア」
ロジャー「では私はこれで…」
バタン
レスター「…………」
レスター、気まずそうな表情。
ニア「…………」
ニア、また作業を開始する。
レスター「ニア… 何をしているんだ?」
ニア「これですか…? これは大まかなキラ事件に関する資料に目を通しているんです」
レスター「キラ事件の資料なら なぜ捨てる必要がある?保存しなくていいのか?」
ニア「私は大抵のものは一回見ただけで記憶できるんです……… これから資料は増える一方でしょうから 処分できるものは処分しないと………」
ニア、また紙を丸め投げる描写
ニア「散らかってしまいます」
ニアの投げた紙くずがゴミ箱の周りに散乱している。
レスター(………)
レスター「データ化しようとは思わないのか? なんなら私が…」
ニア「いえ…そこまでするほどの資料ではないですし 無駄な時間を使ってしまう もちろんこれから先 データ化は必要になるでしょうが…」
レスター「……では私は何を?」
ニア「そうですね… ではあなたに関するデータを徹底的に消去してもらいましょうか」
レスター「データを?」
ニア「キラの殺しには顔と名前が必要……… そういうデータが存在する状況下では いつ殺されてもおかしくないということになる 本格的な捜査はまだですが これは早ければ早いほうが良い」
レスター「わかった」
ニア「……写真なども全て燃やしてください 家にあるものだけでなく知人に送ったものまで…あとこれからは監視カメラ等にも顔が映らないよう注意してください」
レスター「! ………そこまでするのか?」
ニア「レスター捜査官 あなたには“私の右腕”になって欲しい そう簡単に死んでもらったら困るんですよ」
レスター(………)
レスター「……わかった そうする」
レスター部屋を出て行こうとする
ニア、レスターに背中を見せた状況で
ニア「待ってください」
レスター「? どうした」
ニア「私は…あまり信頼関係をうまく築けない性格のようです………」
レスター「………?」
ニア「しかし 初代Lは言っていました…」
ニア「事件には 自分一人で解決できる事件もあるが 他人と信頼関係を築かなければ解決できない事件も必ずある と」
レスター「………」
ニア「しかし…ここに来るまで 私は周りの人間…すべてを疑って生きてきました… 信頼しても裏切られる…そういう幼少時代を過ごしてきました……」
レスター「………」
ニア「ですから… その教えを守れる自信がありません」
少々、沈黙。
レスター「………ニア これだけは言っておく―――」
ニア「?」
レスター「私は君を信頼している」
ニア「!!」
レスター「だが…君に私を信頼してくれとは頼む事は一切しない………」
ニア「………」
レスター「私を本当に信頼できると思うようになってから そうしてくれればいい……」
ニアはうつむいたまま、
レスター「そういう信頼関係があってもいいと私は思う」
ニア「………」
レスター「ニア」
ニア「なんですか?」
レスター「絶対に… キラを捕まえよう」
ニア「……………ええ必ず…もう行っても構いませんよ」
レスター「…ああ」
出て行くレスター。
バタン
ニアは紙を丸め、投げる。
ニア(………“信頼する”か…)
投げた紙くずは綺麗にゴミ箱に入る。

煽り;亡きLの為に…幼き少年は成長していく。
スポンサーサイト

tag : デスノート

comment

Secret

はじめまして!ジャムパンと申します
漫画、だいすきです
よければ相互リンクはっていただけませんでしょうか?http://sukureen.blog36.fc2.com/
どうかよろしくお願いします!
(すごく漫画の趣味が合います!びっくりしました)

少し検討させてください。

最近のニュースによると、今年はインフルエンザの流行が早いそうです。

と、いうわけらしいので、やっぱりインフルエンザだったのでは?
それはそれとして、あと二話かぁ…さぁ、どうなる!?

>信頼
こんなに長かった…かな?
初見の方もいると思うので別に構わないのでは?

というか、ネタ扱いなんですね、コレ。


あ、そうそう、「L」の予告編が更新されてました。
どうやら、バイオテロっぽい感じです。

P.S.
この世に奇跡なんて無いんですよ…(遠い目

>インフルエンザ
みたいですねー。ニュースで知りました。
もっと早く知っとけば病院行ったのに・・・・・・(苦笑

>ネタ
まあ新たにパロディ以外でこういう創作する予定もありませんし、カテゴリを乱立させるのもどうかと思いまして。
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • デスノート番外編 Page,N 「信頼」
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年11月17日 (土)
  • 17時10分34秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。