スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにジャンプSQ.発売!(スクエア12月号)

ジャンプ SQ. (スクエア) 2007年 12月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2007年 12月号 [雑誌]
(2007/11/02)
不明

商品詳細を見る
ついに創刊されたジャンプスクエア。
とりあえず記念すべき創刊号なので、全部に最低一言ずつ述べていきたいと思います。


□紅 kure-nai
赤マル予告編での印象は間違っていませんでした。この漫画は好きになれそうです。
やっぱり絵と設定がいいですね。
絵は全体的に安定していますし、何より感情が高ぶったときの描き方が上手いです。
そして、何より「揉め事処理屋」というダークヒーロー的な設定が凄く気に入りました。
赤マル予告編で、「揉め事処理屋」の事をこんな風に表現してあったのが非常に印象に残っています。

>闇に潜む理不尽を さらなる理不尽で喰らいつくす

一見、正義のヒーローにも見えるけど、根柢の部分では違う。
そういう所が魅力的なんだと思います。
また予告編でも動きがなかった真九郎以外の五月雨荘の住人たちを、今後どう動かしていくのは気になりますね。
それにしても…、紫を「ハヤテのごとく!」のナギと凄くダブらせてしまうのは自分だけ………?(苦笑



□テガミバチ
コミック2巻との間に数話の空白があるようで、ちょっと状況把握に時間が掛かりましたが………、今はゴーシュの妹・シルベットの所にラグとニッチが住み込んでいるっぽいですね。
二人の初対面でのやりとりを是非とも見たいので、コミック3巻の早期発売を切望しますw
そして、内容は「テガミバチのあり方について」。
この漫画の根柢部分にあるテーマだと思うので、とても興味深かったです。
まあ今回は上手く収まりましたが、かと言ってモックの考えが完全に間違っているとも思えません。
でもラグには信念を持って、これからも人々の「こころ」を届けてほしい………、そう思いました^^
それにしても、やっぱりこの漫画は「奇麗」ですね。


以下、簡易感想。

□クレイモア
ガラテアとミアータのバトル。
本能のみで戦うミアータに対し、視覚を失った元№3のガラテア。
ミアータは本来は№1を狙える実力を持っているはずですから、恐らく苦戦は必死のはず………、なのにガラテアは敢えて二人の接近に気づきながら逃げなかった。
何か秘策があるんでしょうか?

□HELLO BABY
期待が高すぎたせいか、内容は正直微妙…(苦笑
ただ森田先生と小畑先生のコラボ漫画ということで、見る価値はあったと思います。
クロストークはあとで読んでみますか。

□まつりスペシャル
まつりは女子高生レスラーだったんですか!(驚
しかもハルウララ的な…w
ここからどうやって恋が発展していくのか期待です^^

□Luck Stealer
やはり設定が凄く面白い!
これを連載の中でどう生かしていくのか楽しみです。
あと花凛と悠聖のバックグランドが凄く気になります。

□エバーミング
いろいろと見えない部分もあるわけですが、記念すべき創刊号の表紙を飾った漫画だけに、今後の展開を強く期待しています(笑

□ギャグマンガ日和
ララ美☆リアリティには声を出して笑ってしまいましたw
コンタクト、でけぇwww

□TISTA
やばい…、これも凄く面白い……(笑
紅に似た魅力がありますね。
バックグラウンドを初め、今後の展開に凄く期待です。

□清く正しく美しく
試合中の絵、コマ割りなどには不満は残るんですが、「女子サッカー」というのは設定的にちょっと面白そうなので、これからの展開に期待です。
他のサッカー漫画に無い、“この漫画らしさ”をどれだけ出せるかという点を特に注目していきたいですね。
というか、監督の頭に誰か突っ込めよ…(笑

□ドラゴンノーツ
設定としては、なかなか面白そうです。
次号以降明かされていくであろう、二人の過去・関係次第では好きになれるかもしれません。
ただドラゴンの孵化が始まったときに、その危機感が思ったほどこっちに伝わってこなかったのは少々残念な点。

□PARマンの情熱的な日々
漫画的な面白さはとりあえず隅に置いといて(ぇ)、漫画的資料としての価値が凄くありますね(笑
シーラカンスの生態的な?(ぇ

□ロザリオとバンパイア
正直、生理的に好きになれない類の漫画かも(笑
ま、今までの流れを知らないからこその印象かもしれませんが。

□魔法の料理 かおすキッチン
少女マンガ風の絵柄でこの内容…。
個人的には新境地ですw

□罪花罰
思わず笑ってしまった…(苦笑
ギャグ漫画とは少し違う、単に「くだらないだけの漫画」って漫画雑誌にとって必要な一つの枠だと思うので頑張ってください^^;

□パト犬
子供染みたヒーロー漫画かと思いきや……、(゚Д゚`*)エ~w

□世界の中心で太陽にほえる
核融合刑事てw
つーか短いな…(苦笑

□テイルズ オブ イノセンス
「テイルズ オブ~」と言えば、人気RPGのシリーズのはずですし・・・、少しは期待してもいいのかな?(笑

□アキバザイジュウ
「耳かき専門店」って、そんな店があるんですか…。
でも連載する価値ってある…のか?(苦笑

□3年Z組銀八先生
思った以上に面白かったですw
ゴリラって小説では、本編の良さがゼロですよね(苦笑

紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2005/12)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

テガミバチ 1 (1) (ジャンプコミックス)テガミバチ 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2007/01/04)
浅田 弘幸

商品詳細を見る
いやー、大満足の創刊号でしたw
思ったよりダークな漫画が多いような。。。
対象年齢はWJより上になるのかな?
個人的にガチに気に入った漫画は「紅」「テガミバチ」「クレイモア」「Luck Stealer」 「TISTA」「ギャグマンガ日和」ですかねー。

あ、そういえば、ズームイン朝のSQ特集なんですが………、気づくのが遅くて途中からしか見れませんでしたllllll(-ω-;)llllllガーン…
浅田先生を見たかったんですが、残念ながら見れませんでした。ハゲでチビなオッサンしか見れませんでした…_| ̄|○
スポンサーサイト

tag : ジャンプ SQ スクエア

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャンプスクエアを買ってみました。

本日創刊ということで買ってみました。「ジャンプSQ」 これがなかなか面白い雑誌になってます。感想と気になったマンガについて書きます。意外に長文になってしまった(笑) ジ...

紅 kure-nai

紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)(2005/12)片山 憲太郎商品詳細を見る ~あらすじ~ 揉め事処理屋を営む高校生・紅真九郎のもとに、とある少女を守るという依頼が舞い込んできた。少女...

comment

Secret

お詫びと訂正

以前の「打ち切りのタレコミ」について
どうやら、無かったことに…いや、変更があったようです…
今現在流れている情報が本当なら最悪ですよ…
いえ、そんなことよりも先走ってすみませんでした。

>紅
『デスノート』にも通ずる部分がありますね。
僕も最近は『HOLIC』『PLUTO』以外にシリアス分が無いです。
あー、よく考えれば合うかも。
>ナギ
言われてみれば…(苦笑
いや、でも、このままじゃ本当にロリk(ry

>テガミバチ
両手に花なんて憎らしい羨ましいヤツですね。
心なしかアレな表現が若干解禁されたような…(苦笑

問題提起は大きいですね。
今後、ぶつかって乗り越えなきゃならない壁…かぁ。
>綺麗
ファンタジーは他に『王ドロボウJING』しか持っていないので、
自分の中では重要なウェイトを占めてます。
これらがないと「こころ」が真っ黒に…

ハッピーベル

>情報
ええ、自分も数日前からニュースサイトでその手の情報は掴んでます。
ただ現時点で、本当の意味での“確定情報”ではないですし…、何より信じたくないので伏せているんです(苦笑
だって3つのうち、2つも自分の大好きな漫画なんですよ・・・?w

>紅 kure-nai
>魅力
そうなんです!
赤マル感想でも言っていたように、「デスノート」に通ずる魅力が根柢にあると思うんですよ。

>紫
「金持ち」、「ツンデレ」、「お子様」という三つもの要素が被ってますしw
というか、漫画ではラノベの内容は描かれないんでしょうか…?

>テガミバチ
>アレ
月ジャンの全体的な雰囲気は知りませんけど、やっぱり対象年齢が上がったせい…なのかな?(笑

>奇麗
ここまで全部が「奇麗」なのは珍しいですよね・・・。
重宝したい漫画です。

>ハッピーベル
なんだか不自然ですよね…
某所で証言されているように、書店にほとんど卸してないのは事実です。
負け惜しみではないですが、前に僕が持ってきた情報の方が、どう考えても現実的ですよ(謝っておいて、いきなりなんですが)。
だって、もうすぐ決勝が終わるらしいじゃないですか!?

時代は情報化社会…ネットでアンケートを実施するなり、ちょっとはアマゾンなんかを参考にすりゃいいのに………昔かっ!!
この点、ジャンプSQは、サイトが充実してて好感がもてました。
何よりも投稿コーナーがちゃんとある!!

はーっ…
まあ、愚痴は全てが終わってから吐き捨てるとして、
今は、期待の新刊に想いを馳せますか(笑

>再びテガミバチ
鎧虫の名前は、全部アルコール飲料らしいんですよ。
で、ですね、上記の『JING』もキャラ名がお酒の名前なんです。

ファンタジーとお酒、何かの縁を感じる今日この頃です。

>ハッピーベル
のこと、私も知ってます…
…誤報であればイイなぁ と。

>紅
イイですね!!絵も設定も良くて…
…ラノベに初めて手を出してみようかと考えちゃいましたw 結構本気です…

>テガミバチ
「奇麗」と言われていることに納得。
コミックス買うの決定です…

kerさん
ま、とりあえず続報を待ちましょう。

>テガミバチ
名前を何かの括りの中で統一するって言うのはよくありますよね。
そういえば某名探偵の敵対組織メンバーの名前も、お酒やカクテルの名前からつけていた気が(苦笑


海さん
>ハッピーベル
自分も誤報であることを信じたいです。
念じましょう!w

>紅
自分もあの「紫」という子の話が本編で今後も描かれないのなら、ラノベに手を出そうかなと考え中です^^
とりあえず立ち読みでパラ見しようかな…。

>テガミバチ
ホント…、「奇麗」という言葉がここまで合う漫画はなかなかありません♪
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • ついにジャンプSQ.発売!(スクエア12月号)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年11月02日 (金)
  • 22時05分27秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。