スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンデレ、ここに極まり! - 未来日記 4巻 -

ついに「未来日記」最新刊が発売されました。
まあリアルタイム記事で言いたいことは全部言っているので、この記事は簡単なまとめ的な記事になります。
詳しくは下の関連記事をご覧下さいませ。

まず作品全体としては、持ち味の急展開を生かしながら、見事に読者を引き込んだ印象を受けました。
コイントスに関しては、珍しく展開の尺が長かった感じがしましたが、それだけしっかり盛り上がりましたし、その中でも「無差別日記」の盲点をついた或の作戦には感嘆せざるを得ませんでした。
正直、「すげぇ!」と思いましたよ(笑
ただ…、「二回目のゲーム」に関しては、ちょっと腑に落ちない部分があるんですよね。
「由乃の日記の性質を知らなければ、或は勝てなかったはずじゃないのか?」という風に。
雪輝の日記に関しては日向の死体の件から推測したとしても、由乃の日記に関しては情報はゼロだったはずだと思うんですよ。
まあ、自分としては「由乃の未来日記の性質も何らかの理由で知っていた。」ということで一応納得していますが。
……って、この漫画ではそういう点もご愛嬌なんでしょうがw
どなたか意見があれば是非^^

<10/27 追記>
涼堂さんの意見
によると二回目のゲームで勝てた理由は「秋瀬が日記所有者ではないから 」とのこと。
確かにこの考えならスッキリできます。
自分はどうやら、由乃の日記はその癖の強さ故に「“雪輝の行動だけを予知する”という日記の性質を知らなければ、利用することはできない。」と思い込んでしまっていたようです(苦笑
彼女の日記も一面から見れば、一般的なイメージの“未来を知る日記”なんですね。
ま、これ以外にも意見があれば是非。



またこの漫画の魅力の一つである、最狂ヒロインこと“我妻由乃”は今巻でも健在でした(笑
カッターで人や犬に襲い掛かったり、雪輝に見殺しを薦めたりと、病みまくった行動を連発する一方で、彼女宣言での可愛らしい部分を見せたりと、まさしく「ヤンデレ」らしさ満点でしたw

ちなみに彼女宣言に関しては、由乃の喜ぶ姿をほほえましく思いながらも、これが“二人が殺し合う”というバッドエンドへのフラグになるのか?と悲観しちゃったり…(汗




そして、なんと言っても…、このシーンがヤバかった。


殺さなきゃ


……………

うはっ くはははははっ!!!

最高だよ我妻由乃

僕はお前が大好きだっっっ!!!


と言いたくなっちゃうほど、自分はこのシーンで完全に心を奪われました…(苦笑
まさしく自分がこの前言っていた、「病みっ子」の魅力が集約されているんですよ!w
うーん、わからないかなぁ…、この魅力が(笑

エースA アサルト 2007年 08月号 [雑誌] エースA アサルト 2007年 08月号 [雑誌]
(2007/07/10)
角川書店
この商品の詳細を見る
そういえば、夏のアサルトに掲載された、9th番外編は結局収録されませんでしたね。
せっかくの番外編を収録しないままってことはないと思いますから、もしかしたら番外編だけのコミックを発売するのかな?
ま、個人的にはそれより来月発売の冬のアサルト番外編を期待したいところです^^

■関連記事
新章突入「未来日記」その1 感想
新章突入「未来日記」その2 感想・考察
“或の世界”は日記を越える。 - 未来日記新章その3 -
僕の彼女を紹介します。(エース8月号)
※リンクミス修正しました。

「ヤンデレ」っていうか、「病みっ子」が好きなんです。
最狂ヒロインが魅力のサスペンス漫画。 - 未来日記 -
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未来日記4巻感想

 すみません。由乃様が最高です。由乃様が最高です!由乃様が最高です!!由乃様が最高ですっ!!!  キモチの挙げる声が悲鳴になるまで、頭蓋アンプの中で増幅を続ける。限りなく純化された感情はすべてが狂気に近く、不純物のないたったひとしずくの想いがそれを汚濁し?...

やっと発売!!-未来日記 第四巻-

やっと未来日記の最新刊が発売、仕事帰りにいつもの書店で購入しました。 この作品を知らない人の為に簡単な説明をしますと・・・。 ヤンデレに好かれ(ry未来を知ることの出来...

『未来日記』4巻感想

「僕は雪輝君のことが好きなんだ 友達という”線(ライン)”を超えて」 新キャラ、「秋瀬 或」登場でますます盛り上がってきた「未来日記」4巻感想です。 未来日記 4 (4) (角...

comment

Secret

最新巻、購入しました><ノ
コミック派の私にとっては長い期間でしたが、やっと先が読めるw。
マダオさんの疑問に対して私なりに考察してみましたのでよければブログ見てみてください。
(トラックバックの方法がさっぱり分からなくてミスってます、ごめんなさいTT)
良ければコメントをく
そうだ、トラックバックの仕方を教え

ブログのほう、読ませていただきました。
おかげでスッキリしましたよw
ありがとうございました^^

>TB
このTBは消しておきますので、新たに試してみてください。

分かったような…分かんないような…

>魅力
あー…
なんとなく、マダオさんの言わんとすることが…
えーと…なんとなく理解できたような…

それでも多分、読むことはn(ry


そういえば、12月号のエースが発売されましたね。
貞本エヴァ…(感泣
個人的には、エースでは『成恵』の四季が可愛いと思います。

>未来日記
全体を通して読んでみないと、このシーンの“本当の魅力”はわからないと思いますよ。
まあ読んだとしてもわからない可能性も高いですが(苦笑

>エース
まあこっちはまだ発売されていないので。(たぶん明日?)

「病みっ子」といえば
ジョジョの山岸由花子でしょうか。
コンスタントには登場しませんが。

あとはほとんど読んだ事ないですが、
東京大学物語(by江川達也)にでてくるキャラが病んでます。
恋人を盗撮し続けるんですから・・・
でも、女の子ではなくオジサンですww


それから、関係ないですが「もやしもん」のアニメ見ました!
OPは実写+CGで菌がプルプルしてました。あれならドラマ化も出来そうです。

>病みっ子
うーん、やっぱりメインキャラでの「病みっ子」は希少なんですね…(苦笑

>もやしもん
OPはちょっと感動してしまいましたよw
EDはクレイアニメっぽかったですね。
思った以上に手が込んでるなーと思いました。

あー、「2回目のゲーム」についての意見ですが、あれは設定上のミスなんじゃないかな・・・と思ってます。
1巻でのデウスの説明、3巻で未来が書き換わったことかられい君が所有者だと疑った点、4巻公園での「未来が書き換わった・・・近くに所有者が!?」の発言から、未来を変えられるのは所有者だけ、ということが成り立ちます。
ですが10thが日向に日記を譲るのをデウスが認めなかったことから、「日向は所有者ではない」ことになります。
ということは、無差別日記の「正解は右。秋瀬君不正解」という内容が秋瀬にばれたと判断し、「コインを左に持ちかえる」という、いわば未来を変えたことになる日向の行動はルール的に不可能なのでは・・・(実際あの場で雪輝の携帯からノイズ音は出てなかったですし)と思ったのですが、どうでしょうか?

ご意見、ありがとうございます。

>未来を変えられるのは所有者だけ
一葉さんがそう考えるのもよくわかるんですが、矛盾やミスが無いのを前提にするとこう考えられませんか?
“自らの日記を他人に読まれる状態”というのは元々想定されていないものである、と。
日記は所有者の命と同じですし、他人に読ませることは通常ありえないことです。(日常生活のなかで使ったとしても)
また他人に日記を読ませてしまうと、それが結果的に他の所有者が自身にたどり着く大きな手がかりになってしまう可能性も高いですし。
まして他の日記所有者の手に渡った場合はすぐ破壊されるはず。
そういう事を加味した上で、“未来を変えることができるのは日記所有者だけ”ということになっているのではないかと自分は解釈しているのですが…、どうでしょう?

>ノイズ
ですが、ノイズが鳴らなかったことは確かにおかしい…ですね(苦笑

ここでも一葉さんにお会いするとは「^^
お邪魔かもしれませんが私の考えも参考程度に。
問題となっている日向の選択とノイズについて考えてみました、
まず『所有者がその日記の時点にたどり着いた時、それに反する行動をとれば、日記が書き換わる』らしいので、これを頭に入れて。

では日向の選択から。
日向は非所有者なので日記を書き換える事は出来ません。これは『他人の日記を』という意味です。
しかし日記に記されているのが未来だという事は認識しているので未来を変えることは出来ます。
ちなみにこれは或にも当てはまる事でしょう。

次にノイズの発生について

コイントスの時に雪輝は『正解が右であるサイン』を出しますが、自分が右のサインを出したかどうかは無差別日記には載っていないので『反する行動の対象』=『書き換わる対象』にならないのではないでしょうか?

また由乃の日記には『雪輝のサインを受け取った』事が記されているので反する行動となれば或にその事実を伝えない事でしょう。(見なかった事にするのと同じ)
しかし愛しのユッキーの命が掛かっているのですから確実に或に伝えたはず。つまりこれも由乃の日記の行動に反していません。

また当たり前ですが10thの日記はコイントスには関係ない。

よってノイズは発生しない。

おそらく穴があるかもしれませんがいかがでしょう?
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • ヤンデレ、ここに極まり! - 未来日記 4巻 -
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年10月26日 (金)
  • 22時55分38秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。