スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱になるほど悲痛なSF漫画。 - ぼくらの -

ぼくらの 1 (1) (IKKI COMICS)ぼくらの 1 (1) (IKKI COMICS)
(2004/06/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る
今回、レビューするのは「ぼくらの」。既刊7巻。(連載中)
「月刊IKKI」で連載されているSF漫画です。

□あらすじ
夏休み。自然学習のために集まった少年少女15人は、“ココペリ”という一人の男に出会い、あるゲームの契約を交わした。
そのゲームとは、「巨大ロボットを操縦して、襲ってくる15体の巨大な敵を全機倒し、地球の滅亡を阻止する」というだけの設定、のはずだった。
しかし、その巨大ロボットを動かすには“代償”があったのだ。
それは…、

―――操縦者の命。

巨大ロボットに乗って敵と戦えば、勝っても必ず操縦者は死ぬ。
つまり彼らに残された選択肢は…、

地球を守って死ぬか、地球の滅亡と共に死ぬか。

その悲痛な運命を受け入れることのできない彼らを前に、敵は次々と現われる。
さぁ・・・次に操縦するのは、誰だ?


□レビュー
以前からネット上でちらほら見かけてはいましたが、アニメ化もされて以降はさらにその回数が増えた気がします。
あ、『漫画ナツ100』で33位にランクインしてましたね。

とにかく読めば、100%気持ちは沈みます...il||li (つω-`。)il||li
何せこの漫画の結末には、彼らのという「バッドエンド」しか存在しないことが前提として明示されているんですから。。。
大抵の漫画は、結末を最後まで絶対に明かしません。
加えてこの漫画の場合、それが「バッドエンド」ですからね…。
そりゃあ、読んでて気持ちぐらい沈みますよ(苦笑
「バッドエンド」の漫画が好きという人だって、そこに行き着く過程の中に見える「ハッピーエンド」を密かに信じるからこそ、その漫画を最後まで読み進めることができるのではないでしょうか?(そうでない方もいるかもしれませんが…(汗 )

まして自分はハッピーエンド大好き人間ですからねw
それでいて尚この漫画を手に取った理由は、ここまで『死』をメイン描いている漫画はそうないと思ったからです。
これもいい機会かなーと。
ま、それでもかなり躊躇しましたが…(苦笑

彼らの逃れられない『死』という運命に対しての葛藤を見ていると、どうしても何かを感じざるを得ませんでした。
それは悲痛な運命に対する「やるせなさ」や「切なさ」であったり、やり場のない「怒り」であったり、「生きる意味」という漠然とした崇高的な考えであったりと………、さまざまです。
彼らの戦いに、思わず涙してしまうシーンも多々ありました。
この「戦い」とは、決して巨大ロボットでの戦いのことではなく、その操縦席に座るまでの死の恐怖との、いや………自分自身との戦いのことです。

ちなみに“死”に付き物の「グロさ」等は一切ありませんので、そういうのが嫌いな方でも全然読めます。
また絵・キャラの書き分けも特に文句ないですし、それぞれのキャラもちゃんと立っているので、その辺は安心ですよ。

まあ…、是非とも読んでほしいテーマの漫画ではあるのは確かなんですが、それと同じくらいおススメしたくない漫画ではあるのも確かですね…(何だそりゃ

なるたる―骸なる星珠たる子 (1) (アフタヌーンKC (186))なるたる―骸なる星珠たる子 (1) (アフタヌーンKC (186))
(1998/08)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る
また同作者には「なるたる」という、もう一つの鬱漫画があるそうなんですが、今の所読む予定は一切ありません。
だってほら………、もう満腹だから(苦笑

■参考記事
まんがのすすめ別館 ぼくらの
スポンサーサイト

tag : レビュー 漫画 マンガ おススメ おすすめ

comment

Secret

おおっ、今回は「ぼくらの」ですね。
もちろん知っているマンガではありますが。
現在、アニメも放映中なのではありますが、残念ながら自分の地域では観れません。(悲)
確かに、重いテーマではありますよね。
自分的にハッピーエンドは予測してもいない
です。
もちろん、これまでの7巻も全て所有してます。

あと、月刊IKKI内で他のマンガは、すでに終了した、
「鉄子の旅」なんかがオススメです。(全6巻)

>アニメ
ちょっと見ていますが、結構いい感じに仕上がってますよ^^
まあこっちも放映されてませんが(苦笑
OP曲がやばいぐらいいいですw

>エンディング
ハッピーエンドは好きですが、この漫画の場合、ハッピーエンドなんか初めからないですからねぇ・・・(汗
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 鬱になるほど悲痛なSF漫画。 - ぼくらの -
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年09月07日 (金)
  • 20時16分03秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。