スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石黒正数短編集 - PRESENT FOR ME -

PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス) PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
石黒 正数 (2007/08/03)
少年画報社
この商品の詳細を見る
「それ町」でブレイクした石黒正数先生の短編集です。
えーっと…、本文に入る前にちょっと注意事項をば。

これは既読者対象の記事です。

いや、本当は未読者への紹介記事にしようと思ったんですが、なにぶん短編集ゆえにオチを言わなかったら(ネタバレをしなかったら)、記事内容にかなりの制限が掛かっちゃうわけで…(苦笑
とりあえず「それ町」が気に入った方は買ってみてはどうでしょう?
現在の石黒先生、つまり「それ町」の原点が垣間見れますよ。
あ、ただ一つ言えるのは………、『Present For me』に関しては「それ町」「石黒先生」云々を別として、一読の価値があるということでしょうか。
では、既読者の方のみ本文にお進み下さい^^




□Present for me
短編集のタイトルにもなっている作品だけあって良質な………、いやそんなもんじゃなく、全く非の打ち所のない作品でした。
「好きな作者の作品」という色眼鏡を外しても、この作品に対する評価は一切変わりません。それほど素晴らしいと思いましたね。
石黒先生がおっしゃっている通り、この作品は必要最低限の要素でストーリーを構築しています。
だからこそ作品の軸が、そして伝えたいことが明確化されて、ラストまでの流れがスムーズに感じ、読後に一切のわだかまりが無く満足感だけが心を優しく包むんでしょう………。
伏線も自然に溶け込んでますし…、ホント凄いですよ、これは。
「あの希望の無い荒んだ世界で、彼らは上手くやっていけるのだろうか?」という一抹の不安さえも、

>短編集の表紙は、その後の2人です。
>無事ロボットを復活させた明るい未来の2人です。


この石黒先生の文章を読んで、完全に消え去りました。
作者が明るい未来と言ったんですから、明るいに決まってる!(笑
前に言ったかもしれませんが、自分ってハッピーエンドが好きなんです。というか、ハッピーエンドじゃないと絶対に嫌なんです。
自分の作品に対する評価はそこまでの過程がどうであれ、それ(=バッドエンド)であるだけでかなりのマイナスがつきます。
正直な所、バットエンドの存在意義すらわかりません。
(えーっと、この件に関してはもっと語りたいことがあるんですが、脱線気味なのでこの辺で(汗 )
とにかく一つの作品として純粋に素晴らしかったです。



□ススメサイキック少年団
まずモノローグでやられました。なくなったんかいw
こういうところは石黒先生らしいと思いますねー。
しかも表紙でボケて、読者のツッコミを待つなんて…(笑
順太と一子の掛け合いは純粋に面白いですし、その言葉選びも「それ町」にちょっと似ている部分があるような気がしました。
そして、何より寡黙な少女・真澄ちゃんがいい味を出してます。
博士の登場で、もめ始める3人に向かって…

>やめて!!
>…………・……けんかしないで


この台詞が単なる言葉の意味以上に心を揺らすのは、彼女にそれまで一切喋る描写が無かったからなんですよねー。
ただの「無口」というキャラ付けの為ではなく、他のちゃんとした意味があるんだなーと感心してしまいました。
コメディーからのシリアスへの移行に無理が一切なかったのも、「無口」という自然な設定が伏線として機能したからなんでしょう。
単に笑えるだけでない良い作品ではあるんですが………、肝心のオチがかなり突飛すぎた気が(汗
そこ以外は文句無しの出来だと思います。
ですが、そのオチさえも「石黒先生らしいなーw」とちょっと感じてしまうのは、先生に完全にハマってしまった証拠なのかもしれませんね(苦笑



□ヒーロー
悪の組織の存在こそが、ヒーローがヒーローたる所以。
そんなヒーローものの本質を的確に捉えた、石黒先生の学生時代のデビュー作品です。
悪の組織の解散によって、ヒーローでなくなったヒーローの葛藤。
でもそれは学生ならばみんなが持っている、“見えない未来に対する焦燥”なんですよね。

―――どうしていいかわからない。

そんな作者の学生時代の思いが詰まった作品ということで、非常に勢いを感じました。
しかし、ヒーローはヒーローでも愛する人のヒーロー』というオチにはセンスを感じざるを得ませんでしたね。
居心地の良い余韻を残してくれるという意味では、現在の「それ町」にも通ずるところが多分にあると思います。
デビュー作でこれはなかなかのものかと。
ま、画力は現在と比べるとかなり見劣りしますが(笑



□バーバラ
ある日突然、美少女が家に転がり込んでくる。
そんな妄想系ストーリーを粉々に砕く衝撃は凄まじかった(汗
でも「転がり込んでくる少女=美少女」という方程式があるわけじゃないですし、ある意味リアル追求の作品なのかな?………と思いきや、最後のオチでやられました(苦笑
ヨシオもそりゃ卒倒しますってw

>他人と見比べて自分を不幸と思うなんて
>僕は醜いですか――――?


大抵の人はそうですよ、きっと(苦笑
ま、出オチしちゃってますが、なかなかの作品だと思います。
ただ使い魔のビックフッドの存在感があまりなかったのが、ちょっともったいないと思いました。
もっと絡ませてもよかったかなと。
てかページ数が少なかったのは、雑誌掲載の都合上でしょうか?



□カウントダウン
『人類滅亡』というありがちな設定を上手く逆手にとった作品。
「このストーリー自体が映画でしたー」という所で終わらせといても十分作品として成り立っているんですが、さらに“その先”へ展開させたのは完全に意表を付かれました(汗
あそこで終わらせずに「宇宙人が襲来して人類滅亡」という、誰もが考え付くからこそ誰もが使わない駄案をオチに持ってくることで作品に深みがさらに増した感じがしました。

>佳作にもなりゃしねーぞ バカヤロー!!

この台詞が凄くよかった(笑
石黒先生曰く、自身の「他の作家さんとの差異化を図らなければ!」という試行錯誤から生まれた作品らしいんですが………、これは確かに誰も思いつかないですねw


以下、その他作品の簡易感想。

□泰蔵のヘルメット
とてもおバカな作品でしたw
出オチもしちゃってますしね(苦笑

□なげわマン
オチの駄洒落のために描いたという作品らしいですが、屋上での展開がバレバレなのを逆手にとった描写はなかなかのテクニックだと思いました。

それでも町は廻っている 1 (1)それでも町は廻っている 1 (1)
(2006/01/27)
石黒 正数

商品詳細を見る

☆総括
いやー、面白かったです^^
好きな漫画家の短編集ってあまり見かけないですし、実際買うのもかなり久し振りなんですが、ここまで満足できるとは思っていませんでした。
とにかくアイデアが逸材です。
話の持っていき方も上手いですし、読み切り作品としては十分及第点の作品ばかりです。
それにしても………、この短編集を読んで「それ町」に対する安心感がさらに強まった気がしますねー。
これだけ作者自身の土台がしっかりしているんですから^^
自分の中の石黒先生に対する評価が確たるものになりました。


■関連記事
「それでも町は廻っている」紹介レビュー
「それでも町は廻っている」3巻感想記事

■参考記事
Present for me ~石黒正数短編集~
スポンサーサイト

tag : 漫画 レビュー おススメ おすすめ

comment

Secret

ハイハーイ♪

クゥ~ッ!読みたいけど読みませんよマダオさんの記事w
とにかくオススメなんですね。
今、注文してるから、読後また感想書きに来ます♪(^^)/

感想、楽しみに待ってます^^

初めまして

どもTB有難うございました

個人的にも面白い作品ばかりで
かなり秀逸な短編集だと思いました

そうですねー。
確かに素晴らしい短編集だと思いました^^

ロリオ…じゃないマダオさんwやっと読めましたよ♪イヤァ~良かった!
全作品良かった!
一番好きだったのはやっぱり『PRESENT FOR ME』かなあ。マダオさん同様ハッピーエンドが好きなオイラもあの嬉しいあとがきでよりハッピーになれました。

石黒先生作品に登場するタヌキと爺さんはいいね♪それ町の楽しさの原点を知る事もできたし。

友情とか正義を押し付けずサラリと描いている安心感ある石黒作品に大満足しました。

いつも紹介ありがとうございます。これからも宜しくです♪
(^-^)ノ~~

感想ありがとうございます。

おっ、読みましたか^^

>プレゼントフォーミー
あのあとがきを見てから表紙を見ると、全然印象が違って面白いですよね。
しかし…あそこまで表紙に感謝したことはないなぁw

>たぬき 
そうそう、たぬきは特に良かったです。可愛かったw

>石黒作品
ゆるりと描いてることが作品にとっての「余裕」にも感じられて、こっちとしても安心しちゃうというか。
とにかくこれで完全に石黒先生が好きになれたのでよかったです^^

マダオさんがオススメされてたんで
週ジャンと一緒に買ってきました♪

>Present for me

これは本当傑作でした!
必要最低限の文字通り無駄を一切省いたシャープな作風と
言葉以上に語りかけてくるあの絵が素敵すぎです!
ラスト直前で「ああ悲しい物語だったんだな」としみじみしていると
最後のページで心底救われました…。
短編でこんなに感動させられるとは…凄いです。


>他
全体的にギャグの質が高く爆笑の連続でした。
本当どれもオチが秀逸ですww

いや~ いい作品を紹介してもらいました♪

お、読んでいただけましたか♪

>プレゼントフォーミー
ホント、ここまでの読みきりにはなかなかお目にかかれないんじゃないでしょうねー。(そもそも比率が少ないわけですが)
読んだ後、「読んでよかった」と心から強く思いました^^
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 石黒正数短編集 - PRESENT FOR ME -
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年08月24日 (金)
  • 21時08分15秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。