スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「違和感を感じる」という表現に違和感を感じる。 (32号)

週末中、連日のように夜更かししてしまったせいか……、何だか…とても眠いんだ………パトr


………


Σ(=ω= ;)ハッ



□ベルモンド
読みきり版と比べて、ベルモンドに対して持つ印象が変わってることに違和感を持ちながらも、不思議と受け入れられた。
この違和感は恐らく、………彼の傍若無人さだろう。
読みきり版でも確かにその断片を見せてはいたが、それは常に拷問する相手に対してであり、それ以外の人物に対してはほとんど見せていなかった。
しかし今回は、セリーヌとロランというそれ以外の人物までにも射程範囲(?)を広げている。
それが彼の傍若無人さを増幅させた要因ではないだろうか?

そして読みきり版に登場していた、あの小さい女の子。
あの子がいなくなり、わざわざロランにその役割を引き継がせたのも、すべてはこのための布石だろう。
少し想像して欲しい。
あの子に対して、ベルモンドが傍若無人な態度で接してしまうと………、おそらく大抵の人間が「可哀想」という感情を抱きはしないだろうか?(そっち系の趣味をお持ちの方も一部にはいるだろうが)
その反面、ロランに対してならば、その感情はほぼ皆無になる。

また読んでいる最中からなのだが、ベルモンドの傍若無人ぶりはネウロのそれに非常に似ているように感じられた。
そして魔人と魔女の子孫ならではの奇怪な能力。
もしかしたら、参考にしている部分もあるのかもしれない。

しかし、あの「狭い地下室」という限定された世界で、どのようなストーリーを紡ぎだしていくのか………?
よくよく考えればわかることだが、“大きな縛り”となることはほぼ間違いない。(先週の「連載向きではない」という発言はこの点から)

だが、それだけに期待したいと強く思う。

………

というか、この喋り方に疲れたよ、パトラッシュ(笑


□P2!
蒔絵コーチの魔法の言葉でヒロムが先制。
うん、ああいう時って意外と効果があるんだよ。
無意識のうちに、心が少しだけ軽くなるというか。
テンパってるから「え、何真面目にメルヘンなこと言ってるんですか?」とか返す余裕がないし。
少なくともプラスになってマイナスになる言葉じゃない。
それに「何言ってるんだろう?」と考える余裕があるなら、意識が相手から離れて、落ち着くきっかけにもなりえる…かもしれない(ぇ
逆にこういうときに「頑張れ」とか言ってしまうと、体がさらに萎縮してしまうことが多いだろうし。
しかしまあ、先取点を取っても、精神的にヒロムが不利な状況にいることは変わりがなかったようで…。
過去の呪縛を解き放て!ヒロム!!
って次回は過去話っぽい(苦笑


□銀魂
こ、これ…本当に銀魂??
台詞がいつもより明らかに少ないですけど。
すげーほんわか系の雰囲気を醸し出してるんですけど。
なんか通常の銀魂からインディペンデンスしてるんですけど。
こんな銀魂………ありなのか?ありなのか?
凄く違和感はあるんだけど…、自分はこういう銀魂の一面もしっかりと受け止めるよ。むしろ好きになるよ。というか既に大好きだよ。
銀魂に対してはホント海のように心が広いから。具体的には瀬戸内海ぐらい広いから。



以下、簡易感想。

□サムライうさぎ
あ、ちょっとだけ予想的中(笑
でもマロの前回の女装だけは、うさぎ道場としての戦いとして許容範囲を超えた独断行動に見えるような気がする。
まあそれだけ良成を信頼してるってことの裏返しかな…?
あ、そういやコミックまだ買ってない(苦笑
購入された方、おまけの満足度はどうでした?

□ネウロ
アンドリューにもXに関連したバッググラウンドがある模様。
近いうちに明かされそうだけど、ちょっと先になるかな?
しかし、本当に洗脳されてるんだ。。。
あの弥子が2皿でお腹いっぱいって…違和感ありすぎだよ(笑
うーん、決戦の場所って…どこだろう?
で、今度こそアニメ化発表かな?

□アイシールド21
試合後の選手の描写に関しては、予想以上に素晴らしかった。
高見とヒル魔の描き方が特に…(泣
王城に勝利し、ついに新展開がスタートへ。
さっそく伏線を貼ってるけど……、やっぱり不安が(苦笑

□ぼくとわたしの勇者学
まあこんな風にドラクエ的な感じを小出しに出していけば、まだまだいけるよ、きっと。いや、たぶん。…あ、やっぱ無理かも。
ちなみにねじ切りネタは好き(笑
まさゆきはあの羽でも高く飛べなかったら、地面に墜落するよ。イカロスの如く。いや、もう既に墜ち始めてるんだけど。

□ブリーチ
いやいや、いい加減に織姫逃げろよw
まあそういう展開に持っていきたいっていう作者の思惑もわかるけど………これは違和感が強すぎる。

□ナルト
サスケの作戦は確かに凝ってるけど、結論ありきの展開のように見えたから、ちょっとだけ違和感が…。
まあ、ジャンプの運命を背負ってる看板作品だけに、普通の作品より少々厳しく見てしまってるのかもしれないけど。

□ワンピース
これでバトル構図はほぼ整った。
行け!ルフィ海賊団!!
でも意外にもオーズは蚊帳の外状態。
これは終盤の急展開に対しての伏線かも…と思ったり。

□瞳のカトブレパス
敵の親玉が肉親。あるあr
まあ物語の大筋はこれではっきりしたわけだし、これから化ける可能性だってあるよ。うん。
そういえば、ミーコの本名って初公開?

□エム×ゼロ
番外編みたいな感じもするけど、なかなかよかった。

□ディグレイマン
何がなんだかわからない…

□リボーン
十年後の雲雀は見てみたいかも。

□ムヒョ
フリオが意外に交友的だったことには虚を付かれた。
で、予想通りロージーが活躍する展開…、頑張れ!!

□ラルΩグラド
うん、やっぱりね。
でもヤマトよりは全然良い終わり方だったよ。

□ジャガー
やっぱり、ジャガーのギャグ漫画の強みって“絵柄の幅”もあるんだよなーと痛感させられた話だった(笑

□除霊少女ヤミコさん
読み切り漫画としては、全然及第点レベル。
いろんな要素に結構な幅があってびっくりした(笑
あ、このぐらいの不条理展開なら許容範囲。
もしかしたら、大物になる可能性も・・・。


P2!-let’s Play Pingpong! 3 (3) (ジャンプコミックス) P2!-let’s Play Pingpong! 3 (3) (ジャンプコミックス)
江尻 立真 (2007/07/04)
集英社
この商品の詳細を見る

銀魂 3年Z組銀八先生 2 銀魂 3年Z組銀八先生 2
空知 英秋 (2007/07/19)
集英社
この商品の詳細を見る

サムライうさぎ 1 (1) (ジャンプコミックス) サムライうさぎ 1 (1) (ジャンプコミックス)
福島 鉄平 (2007/07/04)
集英社
この商品の詳細を見る

しかし「違和感を感じる」って文法的に間違ってるんですよね?
なんていうか…「頭痛が痛い」的なカンジに。
でも日常生活の中で結構普遍的に使ってるような気が…。
会社の上司も使ってましたけど、違和感は持ちませんでした。
でも、あの頭の方には凄い違和感を(ry



■TB送信先(敬称略)
360度の方針転換
週刊少年ジャンプ☆感想BLOG
まんがのすすめ
ボルツの戯言
ラブ総本山
スポンサーサイト

tag : ジャンプ WJ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ32号:新連載ベルモンド Le VisiteuR

・ベルモンド Le VisiteuR 赤マルジャンプの読切時と違って、ベルモンドの能力が武器にも掛かっている印象があった。そうやって能力の幅を広げる算段か。彼の人の悪さをともなった言い回しやロランたちの扱い、相手を追い詰めての「捕食」とネウロを彷彿とさせる要素が目..

ジャンプ「32号」感想

ふぅ、最近どうもお疲れ気味ですそれでも、更新は続けますぜそれでは、今週のジャンプに・・・

WJ32号☆主人公より人気者優遇で乗り切れ!!(笑)

シロちゃんますますクローズアップ!!「BLEACH」の劇場版はシロちゃんでテコ入れ来ました!!どこでも合言葉は「主人公より人気者」ですね(苦笑)「銀魂」の劇場版はまだですか?( ゚д゚)っ!!!今のサンライズとスタッフの熱気があれば、御座なりの海外○投げの某道..

【大経典】週刊少年ジャンプ32号(07/10)

ネタバレ必死、週刊少年JUMPです。毎度お馴染みになります1日遅れの更新です、、、

comment

Secret

>ベルモンド
>どのようなストーリーを

数回くらいは地下室の中だけかもしれないけれど、多分早いうちから外界に出るかと思いますよ。
最後の方にそんなことが書いてありました。

あ、完全に見落としてた・・・(苦笑
ご指摘、ありがとうございました。

"全然良い"という言葉にも、違和感を感じる

"全然"は否定語ですからね。
これは、あのス○夫の所為です。

>P2
「まずは一勝 一度勝ってみたいんだ」

ぜひ、この目標が達成されて欲しい。
1セット目は、取られそうな気もしますが、
乙女ちゃんが、なんとかしてくれるでしょう。
やはり、メインヒロインが活躍しなくては。

…アキラでもいいんですけどね(ぇ

>ラルグラド
女王の最期に、月の面影を見ましたよ…
「だからRPGの主人公は、死にませんと言ったじゃないですか」

ま、美人の定義が時代とともに変化するとともに、日本語の使い方というのも時代とともに変化してるんですね…(苦笑

>P2!
いや、やっぱり自分自身で変わらないと駄目だと思いますよ。
乙女ちゃんもヒロムもそれは望まない、…たぶん(笑

ジャガーさん良かった♪
まぁジャガーさんはでてないけど。
弥子が二杯でお腹いっぱいかよ!
これで弥子が演技してたら神ですけど食欲に負けそうだからないか

>サムライうさぎ
マロの女装は意外にかわいいですよね。あれが次期 大名w
マロの目的は意外なものでなかったのが残念ですが、弟の強さは意外でした!

>アイシールド21
神龍寺と王城戦で全てをさらしてしまった泥門と、手の内を見せないダイナなんとかの戦い・・・どうなるんでしょうか?
って、まだ西部が負けたわけではないんですがw

>ワンピース
とうとうバトルが・・・楽しみです!
ウソップのネガティブさは凄まじかったですね(爆)

あと、まだ読んでないですが目に止まった とらぶる。
サービスカットが あざと過ぎる!あれで良いのかジャンプは!?(個人的にはOKw)

ちゃんさん
>これで弥子が演技してたら神ですけど
その可能性も…決してゼロじゃないかもしれませんね。
というか洗脳されているとは思いたくない(笑

レッテルさん
>マロの女装
お代官様ごっこが様になってましたね(笑

>アイシールド
でもホント先が見えないです・・・(苦笑

>ワンピース
これから長い戦いが始まりそうですねー。
まずはどこからかな・・・?

>トラぶる
ジャンプ漫画としては一切認めてませんが、同じく個人的には・・・(苦笑

おはようございます(≧◇≦)ノ♪

どんだけ寝ても眠いkyousoです!
仕事しているからかな???今ネットしてるか(汗)

■ベルモンド
>あの「狭い地下室」という限定された世界で、
>どのようなストーリーを紡ぎだしていくのか………?

大丈夫、第一話の最後の柱にいやおう無しに外出する件が(汗)
いきなり第二話で外出の可能性すら伺えますΣ( ̄□ ̄;)

■エム×ゼロ
>番外編みたいな感じもするけど、なかなかよかった

九澄の肉体的な強さの秘密が分り嬉しい今回でした!
って、姉が最強だったとは(。´Д⊂)うぅ・・・折角可愛いのに、、、

>ベルモンド
みたいですねー、見落としてました(汗
個人的にはできる限り地下室で引きこもっていて欲しい(笑

>エム×ゼロ
なんかコミック収録されるような話でしたよね。
でもWJ派の自分としては嬉しかったかもしれません(笑
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 「違和感を感じる」という表現に違和感を感じる。 (32号)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年07月09日 (月)
  • 19時02分18秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。