スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“或の世界”は日記を越える。 - 未来日記新章その3 -

前回の記事で、考察を真面目にやるとハンパなく時間が掛かってしまう&あまり意味がないことがわかったので、今回は感想中心でいきます(苦笑
まー、ちょっとは考察みたいなのもしますが…(*`・_・´)φ
とりあえず、流れの確認から。


日記所有者でないことがバレた或。しかし、彼は不可解にも勝利不可であるばずのゲームの進行を促した。
そんな或に対し違和感を感じながらも日向は、まおの「或が日記所有者で無い以上、さっさと皆殺しにすべき」という意見を、

>――――いや さっき負けたのは
>ウチが天野の日記どおりにしなかったからや
>どっちにしてももう秋瀬には騙されへんよ


と制し、或の提案どおりゲームを続けることに同意する。
ラストゲーム。
日向が勝てば皆殺し。或が勝てば「雪輝の日記」を返す。

>19;32[桜見中央公園展望台内]
>左右当てゲーム。日向が投げる番。
>正解は秋瀬君から見て「右」。秋瀬君不正解。


日向はこの未来の内容通り、或から見て「右」にコインを持った。
「右」に持った以上、そして或が日記を持っていない以上、これは絶対に覆らないはずの未来の内容。
つまり、或は正解できずに負けてしまうのだ。
しかし或は自信ありげに、こう喋り始めた。

>雪輝君は日向が死んだと思い込んでいた
>予知能力があるにもかかわらず
>それは雪輝君が死体の偽者に騙されていたからだね…?

>つまり雪輝君の日記の予知は
雪輝君主観の“誤情報”まで予知してしまうという事だ


次の瞬間、由乃が雪輝の耳を抑え、或は解答をした。
その解答は………、


―――――“右”。


まさかの解答に驚く日向。
そして、すぐさま或は雪輝に向かって、

>あ―――っ!
>正解は“右”だったんだ!
>外してしまったよ 雪輝君っ!


と『嘘』を付いたのだ。
負け=皆殺し。その事実を知り、慌てふためく雪輝をすぐさま由乃がオトす。
そして、或はこう日向に言った。

これで雪輝君は僕が負けたと信じたままだ

そう、日記の内容は一切間違っていない。
雪輝の主観では、「答えは右」「或は不正解」という未来が訪れたのだから。
傍観者日記の欠点を突いたこの作戦。
しかし、あくまで日記による未来の縛りを解いただけであり、未来を予知したわけではない。
つまり、この作戦でも或が負ける可能性もあったのだ。
まさに或の言葉通り、このラストゲームは

>素の純粋な“賭け(ギャンブル)”

だったということになる。
まさかの敗北に戸惑う日向。その時、まおが凶行に走った。
雪輝の日記を壊そうとしたのである。
しかし、由乃がカッターですぐさま襲い掛かり、間一髪で日記は無傷に。
だが、そのときの衝突で由乃のカッターの刃先がまおの腹部に突き刺さってしまった。

作戦は失敗し、友達を刺され、全てが破滅したと感じた日向は、ゲームに負けながらも皆殺しを決意する。
飼育日記で猛犬たちを操り、逃げる雪輝一行を追いかけ始めたのだ。
猛犬に追われながらも、雪輝は思いを馳せる。

>違う…… こんなのは………っ!
>僕が望んだのは……
こんな未来じゃないっ!!!


そして…

>みんなは逃げて!
>僕は一人で日向を連れ戻す


と危険を顧みず、日向の所に戻ることを皆に伝える。
そんな雪輝の腕を掴む手が…

>行かないで

その手の主は雪輝の身を案じ、哀願する由乃であった。
雪輝の決断や如何に―――?



とまあこんな感じですかね(((φ(;。・`ω・。)φ)))
じゃあ、以下感想(ちょい考察)をば。

□感想
結構奇麗に流れたのでちょっとビックリΣ(゚ω゚||)
「或=ホモ」は元々予想してたんで、驚きませんでしたねー(汗
でも、それに対する由乃の慌て具合が可愛かった…(笑

>だだ駄目駄目駄目駄目駄目駄目っ!
>ユッキーを守るのはわわ私だからっ!


久しぶりに可愛い由乃を見た気がする…(遠い目
しかし、まおが予想以上にキチガイだったのは、ちょっとだけショックでしたねーΣ(T∀T;)
でも由乃のカッターの刃をさらに深く差し込もうとする姿を見て、上には上が居るのだなーと安心しましたが(笑
そんなキチガイな面を見せながら、

>行かないで

哀願する表情。
思わず、「行かないよ」と心の中で返事を…。(←末期症状
『ヤンデレ、ここに極まり』か。。。
で、次号タイトル「君を殺してでも」。
意味深なタイトルをつけてきたなー(苦笑
「君」というのが誰を指すか次第で大きく展開が変わってしまいますね。。。
個人的にはまた或が絡む展開が希望です。
どうなるかな~?



□考察
今回のメインはやはり、或の傍観者日記の欠点をついた作戦。
まあとりあえず、「凄い」と言っておこう(笑
でも、一つ腑に落ちない点があるんですよ。
それは、

二回目のゲームでなぜ或は正解を当てられたか?

という点です。
或の言うとおり、「死んだはずの日向が生きていた」という事実から、「雪輝の日記は雪輝主観の“誤情報”まで予知してしまう」と推測するのは別におかしくはありません。
少々飛躍があるような気もしますが、或が普通の人間より頭が切れるとすれば(実際そうなんでしょうが)、その飛躍は気にならない程度でしょう。
ただ、この推測だけだと二回目のゲームで或は勝てないはずなんです。
とりあえず前回の記事の引用から、二回目のゲームの流れを確認しましょう。

雪輝の未来日記の最初の未来の内容は、

>19:11
>左右当てゲーム。日向が投げる番。
>正解は秋瀬君から見て「右」。秋瀬君不正解。
(*2)

でした。
そしてそれを盗み見た雪輝が、由乃に答えが「右」であることを合図で伝えたわけです。
ですが、雪輝の行動はすべて由乃の未来日記に反映されるので、

>19:10
>ユッキーが一生懸命合図を送ってくれてるよ。
>わかったわ!「右」ね!?ユッキーを信じるわ!
(*3)

という未来を見た日向は、それとは逆のに持ち、或の回答を待った。
だが、或の回答は「左」―――。


ここで重要なのは由乃の未来日記の存在です。
日向が雪輝の未来日記と違う行動を取ったのは、あくまで由乃の未来日記を見たからなんですから。
つまり由乃の日記の特性を知っていないと、ちょっとおかしなことになるわけです。
或の作戦は「未来の縛りを解き、素のギャンブルに持っていく」というものです。
日向が日記と違う行動を取らなければ、未来の縛りは解かれなかったはず。
一体、由乃の未来日記の特性をどこで知ったのか?
もしかして、由乃が教えたとか?
でも、そんな描写はなかったしなー…|д・。`)φ
あ、そういえば、前回の考察記事で立てた仮説って的外れじゃなかったってことなんでしょうか?(笑

あと今回、新事実として「10thの所有権の譲渡は許可されていなかった。」っていうのが明かされました。
確かにデウスの性格からして認めるわけもないか…
ということは、10thは仕方なく「或が所有者である」と嘘を付いたわけですねー。
あまり暴走しているようには見えませんでしたが(苦笑

余談になりますが、或がギャンブルに勝てた理由は“或の世界”云々以上に、未来日記に頼る人間は「運」というものに見放されてしまっているのかも、と思っています。


前回の考察で「未来を変えられるのは未来日記所有者だけ」と書いた文章がありましたが、あれは間違いでした。すいません。正確には「未来日記の内容を見た人物」でした。

未来日記 3 (3) 未来日記 3 (3)
えすの サカエ (2007/03/26)
角川書店
この商品の詳細を見る

未来日記 (2) 未来日記 (2)
えすの サカエ (2006/10/24)
角川書店
この商品の詳細を見る

未来日記 (1) 未来日記 (1)
えすの サカエ (2006/07/21)
角川書店
この商品の詳細を見る

まあ今回はこんな感じです((φ(..。)


……………


うーん…(。´-ω・)
正直ね、前回・今回の考察って、もしかしたらすんごい的外れなことを言ってる気もしてます(笑
ネットサーフィンをしても、未来日記をリアルタイムで考察してるサイトって見つかんないんで、参考にできる記事がないんですよ(汗
いいサイトがあれば、教えてください~(苦笑


□関連記事
新章突入「未来日記」その1 感想
新章突入「未来日記」その2 感想・考察
スポンサーサイト

tag : レビュー 漫画 マンガ おススメ おすすめ エース

comment

Secret

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • “或の世界”は日記を越える。 - 未来日記新章その3 -
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年06月07日 (木)
  • 20時57分24秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。