スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いがあれば、別れもある。(24号)

先週も書きましたが、今週・次週に掛けて新連載が2本始まります。
そして、もちろんそれと引き換えに終わる漫画があるわけで…。
今回は新連載の感想の前に、終了した二つの漫画にスポットを当てたいと思います。


□太臓もて王サーガ
この漫画と言えば、やはり同誌内パロディ
正直なところ、当初「これはちょっと卑怯かな?」と思ったりしてたんですが、回を重ねるごとに徐々にパロディ技術・パロディ化速度がレベルアップしていき、いつの間にかそのパロディを見るのが楽しみになっていきました。

テニプリのパロは神の領域に達していて、特に凄かった…(笑
もしかしたら、テニプリがここまで持った理由は、ある意味この漫画のおかげかも知れませんねー。
ちなみに、この漫画のある意味、柱のような「ジョジョパロ」に関しては、全くの無知なんでなんとも言えません(苦笑

あと、個人的に宏海のツッコミは結構好きでした。
毎回ほぼ同じアングルで貫きとおしたっていう点は、逆に清々しく感じましたよ(笑

終わり方も打ち切りにしては、結構いい雰囲気の終わり方だったような。
まあ無理矢理感はありましたけども(苦笑


□メゾン・ド・ペンギン
えーっと、たぶん扱うの初めてだと思います(笑
ま、元々ギャグ漫画ってのはこういう感想記事だと結構扱いにくいので(汗

……………

正直、そんなマトモに読んでなかったので、感想とかあんまり…(苦笑
下ネタは嫌いじゃないんですけど、この漫画の場合、下ネタの汚い部分がそのまま表現(むしろ誇張)されていたので…。
なんかもう、下品としか言いようが無いというか。。。
唯一好きだったシリーズ、「ツキミちゃん」と「ツンエロ委員長」もここ最近、まったくもって出てませんでしたし。

ただ、今週の「作者コメントの自虐ネタ」はウケましたねー(笑
自分、先週の作者コメントを見て、「あ、ペンギンじゃないんだ」って思ってましたから(苦笑

では最後に、

大亜門・大石浩二両先生、連載お疲れ様でした。


じゃ次に、新連載と特に大きな動きがあった漫画を。。。

□ぼくのわたしの勇者学
思ったより、結構面白いです…。
一話目にしては、絵にあまり安定感がないってところが不安材料ですが。
ギャグセンスはなかなかの好みかもしれません(笑
特に何ヶ所かにあったテンションダウンの描写が上手い具合にはまっていたかなー、と思ったり。
ま、第一話なんではっきりとした判断はやはりしかねますが…

また「主人公が変人の学園ギャグマンガ」という点で、「バレーボール使い」と被ってる感が結構ありますが、こっちのほうが初回の印象はかなり良いです。(初回の絵の乱れ具合とかも比べて)

期待してますよー、麻生先生。


□サムライうさぎ

>今ここで妻を守れねば…
>道場を続けている意味などない!!!


いいこと言うなー、伍助(泣
最後の展開からして、おそらく「摂津VS松山」→「摂津負け」→「伍助VS松山」→「伍助勝ち」って流れっぽい気が。

しかし、ここまでの屑キャラになった松山の後始末はどうなることやら…。
バトル後に講武館の当主がやってきて、あっさり殺してしまうとか?
松山が負けたと知ったら、おそらく切腹を促すでしょう。
で、それを松山が拒否して…って感じで。

もうなんか、それぐらいしてくんないと腹の虫が…(怒


□P2!
スポーツ漫画において努力の限界というのは、しっかり描かれないことが割とあるんですけど、この漫画はちゃんと描いてます。
仮に描かれている漫画でも、「気持ちでその限界を乗り越える」…という展開がホント多いと思うんですよ。

でも、この漫画はその限界を描き尚且つ、気持ちだけでは決して乗り越えられないという現実をはっきり突きつけている…。

――努力しなければ絶対に勝てない。
――だけど限界を超えれば怪我をする。


オーバーワークで故障した岩熊の存在がある以上、こう展開するのは仕方ないんでしょうね。
とにかくヒロムたちが、進むべき道がどういうものになるのか、蒔絵コーチがどう導くのか非常に楽しみです。

あと、所々のほんわかした雰囲気も結構好きなんで、そういうのは持続して欲しいですね(笑


□銀魂
鬼兵隊の真の目的…

――伊東を利用し、真撰組を潰すこと。

伊東までを道連れにすることはちょっと意外でしたが、まあ予想通りっちゃ予想通りですね。
じゃあ、やっぱり高杉は………?
じゃあ、やっぱり山崎は………?

てか後ろにあった次週予告に、

>激戦その後…万事屋&真撰組で盛り上がり!?

って書いてあったんですけど…
………まー、ジャンプの次回予告はあてになりませんし(苦笑

しかし、コメディー要素をシリアス話にホント上手い具合に絡めてきますよねー(笑
こういうのも銀魂の強みだと思います。
確か、8巻の神楽長編からこういう技術を身に付けてきたような…
やっぱり連載続ける中で、少しずつ成長してるのか…
絵はほとんど成長してないみたいですけど(笑

………

ま、空知先生の絵には味があるんで。(フォロー?


以下、超簡易感想。

□ワンピース
ゲッコーモリアの能力、カゲカゲの実。
スカルジョークなんかのコメディー部分を含めても、「さすが」という面白さですね。

□ナルト
面白いです。…展開が遅いけど。

□ブリーチ
>あんなの…ッ …化物じゃない…!
化物に化物呼ばわりされてしまった織姫。
確かに怖かった、表情とか(苦笑

□アイシールド
まあ勢いだけで読めば、充分面白いです。
うーん、王城に勝つのだろうか…?

□エムゼロ
柊の危機に久澄はどうするのやら……。
着地点がまったく見えない。ま、それがいいんですが(苦笑

□ネウロ
予想より大きく展開してますね。
警察が入って三つ巴とは予想外でした。

□テニスの王子様
リ、リョーマ…
お前も人の子だったんだね。
初めて、親近感がもてました(笑


銀魂 (第8巻) 銀魂 (第8巻)
空知 英秋 (2005/08/04)
集英社
この商品の詳細を見る

さて、次週は期待の連載作品「瞳のカトブレパス」。
やっぱり、ストーリー性がある程度ないと感想ってあまり書くことないんで(苦笑

■TB送信先
クロガネの漫画日誌
360度の方針転換
スポンサーサイト

tag : レビュー ジャンプ 考察 マンガ 漫画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ24号

・BLEACH(ブリーチ) 原理を解明するのとそれを無効化するのとの間には大きな深淵が横たわっている。核兵器の仕組みが分かるだけで被害をゼロにできるなら、誰も大陸間弾道弾なんて持ちたがらない。そういう壁をあっさり越えてしまう天然的天才だ、ザエルアポロ。 織....

週刊少年ジャンプ24号

今週のジャンプで二つも連載が終わりました。どっちも終わってもしょうがないかなぁと思いつつも、最終回を見ると終わった事を残念に感じてしまいますね。5月14日「週刊少年ジャンプ」注目1「ぼくのわたしの勇者

【スポーツ漫画】

スポーツ漫画スポーツ漫画(スポーツまんが)は、スポーツを題材とした漫画。スポーツの種類により細分化を行えば、それぞれ以下のようなジャンルに区分できる。球技と格闘技が二大ジャンルと言え、スポーツ漫画の名作、代表作とされる作品はほとんどこの二つに収まる。それ

comment

Secret

3,4がなくても…

5は"おまけ"でしょう。

実はジャンプでは『P2』しかまともに読んでません…
『P2』のコミックスのちまちまとしたラフ絵。
個人的にこういうサービス精神は好きです。

一つの雑誌につき、1つか2つしか作品を読まないんですよ。
そのせいか、本棚のコミックスの連載元の雑誌の数は、
なぜか14にも上ります…多!!
(実家に置いてきたもの、かつて所有していたものを含めると、
総計18…)

*追記
『時かけ』は買いですよ!!
限定版を買えなかったことを無茶苦茶後悔しました。

なるほど

>3・4がなくて…
なるほど、5は“おまけ”ですか…。
それはホント言えてるかも。。。
最近のコミックスは大抵おまけ要素がありますもんね。
銀魂とかおまけの為に買ってるような部分がありますし(笑

>ばらつき
自分も購入漫画の掲載紙は結構ばらつきありますよ。
まあそれでも7ぐらいですが(苦笑

>「時かけ」
ネットでの評価の高さから、見てみたいとは思ってたんですよねー。
こんなことなら「B-SIDE」じゃなくて、「時かけ」を頼むべきだったか…?
まー、近いうちに見てみたいと思います。
アニメの記事も少ないことですし(苦笑
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 出会いがあれば、別れもある。(24号)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年05月16日 (水)
  • 21時43分56秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。