スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前っちゃ当たり前。(22・23号)

さて先週、諸事情により休んでしまったWJ感想。
えー、今週は今週でライノウイルスと体内戦争しながら書いていますので、いつもより簡易版になると思います。(*現在はほぼ完治しました。)
あ、ちょっと感想に入る前に、ご報告が一つ。


見事、5000HITを達成しましたーっ♪


次は大台の10000HITを目指して、日々精進していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。
では、本題へ行きましょう。


□ショルダータックルヤスザキマン
うすた先生の7年ぶりの新作読み切り。
そんなに読みきり書いてなかったんですねー。
うすた先生の読み切りと言えば、やっぱりUFOマンの印象が強いな…(苦笑
まあ一つヒット作品がでれば、編集部側もよっぽどでない限り読みきりは要求しないでしょうし、当たり前っちゃ当たり前か…。
内容ですが、なかなかヒーロー物の本質を捉えていると思いました。
ヒーローの苦悩、そして怪人たちの苦悩(?)という、普通のヒーロー物では描かれない部分が垣間見れた気がします。
うすた先生という色眼鏡を外しても、読み切りとしては充分及第点だと思います。

………というか、これを見て「スパイダーマン」をちょっと連想したのは、自分だけ?(苦笑


□銀魂
そういうば先週号に発表されてましたけど、18巻の表紙ってペドロなんですね。
………うん、確かに驚愕だ(笑

先週のWJ読んでてふと思ったんですが、今回の長編って、もしかして……高杉で登場せず?
今週も出てきませんでしたし、その可能性結構高そうな気が…
うーん、この長編自体はかなりいいと思うんですがねー。今までの長編の中でもトップスリーに余裕で入るぐらいに。

でも鬼兵隊を出しといて、高杉が出てこないのはちとしっくり来ない…。
仮にこのままこの長編がエンドに向かうのなら、鬼兵隊じゃなくて別の攘夷志士達だって事足りるんですから。
……てことはやっぱり何かある?高杉でてくる?
しかし、もしそうなら今までの話に高杉のカットが一つぐらいあってもよさそうなもんなんですけどねー。
うーん、どうなることやら。。。


粛清
>死んじまいなァ

す、凄くカッコいいと思ってしまいました(汗
これは銀魂だからこそ、そんな風に見えるんでしょうね
大抵、いつも駄目な所にスポットを当てられているから、そのギャップで二倍ぐらいかっこよさが増して見える、というか。
これが忍の世界で言う「ジャイアン映画版なんかいい人に見える原理」か…(笑

あ、そーいえば、一つ気になったんですが…
沖田って銀魂の世界でかなり強いキャラとしてのポジションにいますが、今まで「沖田の強さ」がこんなしっかり描かれたのってありましたっけ?
柳生編はいろいろと微妙ですし…(苦笑
うーん、やはりミツバ編の車体切りぐらいでしょうか?
とにかく、そんなに描かれてないって事だけは確かだと思います。
まあシリアス話しか出すとこないでしょうし、当たり前っちゃ当たり前か…。
でもやっぱり…

山崎の生死が一番気になる自分は…変ですかね?

仮に高杉が登場して、いろんな意味ですんごい長編になったとしたら、もし山崎が死んでたとしてもちょっとは納得できるかもしれません。
その礎になって死んだ、みたいなカンジで。
でも…高杉が登場しなくて上に山崎が死んでたら、すんごい落ち込むかも……。
Lが死んだときの半分ぐらい落ち込むかも。(いや、いい意味ですよ?


□ブリーチ
やっぱりな展開だけど面白い。
ブリーチは、バトル中の構図とか台詞とかが大好きです。
純粋にかっこいいと思える、というか…。
やっぱバトルメインの漫画はそこが核になりますよね。
まあ久保先生は、その際にダイナミックにページを使うことが多いので、その分だけストーリー展開が遅くはなるんですが…。
まあ某ギャグ漫画よりは、全然有効なページの使い方でしょう(笑

グリムジョーの「用事」ってのは…、織姫を一護の目前にさらけ出すことで、モチベーションを上げるため?
それとも、……さらに瀕死の一護を織姫に治療させるため?
なんだか、一護の怪我はもう気持ちの問題じゃないと思うので、後者のほうのような気がしますね(苦笑
それにグリムジョーって意外とお茶目さんだから、そのくらい平気でやっちゃうかも(笑


□サムライうさぎ
志乃の為に、――戦う
うんうん、こういうバトルの持ち込み方は好きです。
とりあえず、伍助と志乃を中心に展開してくれれば、たぶんどんな展開でも好きになれそうだ(笑
あ、でも戦いってどんなカンジになるんでしょうか?
松山一人とバトル?それとも講武館全員とバトル?
「伍助VS松山」っぽい流れですけど、仮にそうなら摂津があまっちゃいますしねー。
「伍助&摂津VS松山」だけは武士の戦いとして、ちょっと避けて欲しい所ですし…
もしかして「講武館のトップVS伍助」「松山VS摂津」?
これなら対立図としても、上手く収まるような気が…。
でもなー(以下略


□エムゼロ
この漫画は割と好きなほうだったんですが、このクラスマッチ編は特に好きです。
設定とかが割と練られている、最近のジャンプには見られないタイプの話だからかもしれませんね。
嘘を隠し続ける久澄が、壁にぶち当たったときに味わえる「今度こそバレてしまうんじゃないか?」というスリル感は病み付きになります(苦笑
ただ、時々出てくるエロ要素が玉に傷と言うか…
いや、エロは嫌いじゃないですけど、別にこの漫画には必要ないような気がするんですよねー(笑


以下、超簡易感想。

□ネウロ
やっぱり、次はX登場ですか…。
手駒はさっさと片付けて、直接対決が見たいなー。

□アイシールド21
今回、真面目な展開のはずなのに笑ってしまいました(汗
いや、いくらなんでも切り替えしすぎでしょ(苦笑

□P2!
所々の小ネタがなんか懐かしい…
張り詰めている展開が長かったから、その分取り戻そうとしてるんでしょうか?

□ナルト
ここでイタチか…。
まあ上手く展開していると思います。

□ワンピース
お、男だったのか!?(笑





ペドロ 銀魂 第18巻 (18)
空知 英秋 (2007/05/02)
集英社
この商品の詳細を見る

うすた京介短編集 うすた京介短編集
うすた 京介 (2001/03)
集英社
この商品の詳細を見る


えー、終わってみればなんかいつもと変わらない長さになってしまいました(汗
先週休んだってのも関係あるのかも。

そうそう、次号&次々号から「ぼくのわたしの勇者学」と「瞳のカトブレパス」が新連載として始まるそうで。
「ぼくの~」のほうは次号の感想の時に触れるとして…

瞳のカトブレパス
「瞳の~」のほうは以前掲載された読みきりの連載版ですね。(たぶん赤マル?
えーと、確か…時を操るんでしたっけ?(それとも止めるだけ?
内容ははっきりと覚えてませんが、「なんか面白かった」という印象だけは残ってます。
絵も好みなので、結構期待できるかもしれません。


■TB送信先
クロガネの漫画日誌
360度の方針転換
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年ジャンプ22・23号

・BLEACH(ブリーチ) グリムジョーはDT力だけではなくDV力も高かった。さらには織姫を引っつかみ、圧倒。こ………これは!!!加虐闘気!!ロリータなど幻想だ!ガチの怒りを受け止めろ!! ロメノリは先週から引き続いて誰が藍染の寵を得ているかというくだらない価値観...

週刊少年ジャンプ22・23号

ちょっとお休みが長くなりました。ご心配をおかけしました。完全復活とはいきませんが、徐々に体調は良くなっています。とりあえずはリハビリという事で、マイペースで再開したいと思います。GWだったり合併号だった

comment

Secret

 5000ヒットおめでとうございます。

 志乃に松山を倒したことが知られるかどうかはともかく、妻を守る夫としての立場から伍助が戦うことになるでしょうね。義兄もそれを望むと思います。
 摂津は実は伍助より強そうなところがあるし、戦うとしてもるろ剣の師匠ポジションで、主人公の邪魔をしないように気を使いそうです。
 どっちが松山を倒すかモメて、松山そっちのけで戦い始める義兄弟がみてみたい気もしますけどね。

5000Hitsおめでとうございます!
そして、これからも頑張って下さい^^

さて、銀魂…
>「沖田の強さ」がこんなしっかり描かれたのってありましたっけ?

………ない!ないです!真撰組一番の使い手とされている沖田の強さはマダオさんの言われる「車体切り」がたぶん一番スポットがあたったシーンだと思います。
銀さんほど好きなわけじゃなく、土方よりドキドキするわけじゃないのに何故か気になるキャラ沖田総悟w
その強さがついに見られるんですね!コミックになるのはいつかなぁ~楽しみに待っとく事にしますね♪

また来ま~す★

5000HIT
おめでとうございます!このまま頂点に!(早い)

安崎マンは映画の影響もあってか、スパイダーマンに似ていると各地で言われてますね。
ところどころに泣く泣くカットした雰囲気が見られるのは気のせいでしょうか・・・。
5月はとにかく、漫画フィーバーです。何から手をつけようかしら・・・。銀魂は表紙が怖くて手が出せない・・・。

生物の勉強中、ミトコンドリアが複数形だと初めて知った、私のGW・・・。残り四日、どんなネタが待っているのかわくわくします。

ありがとうございますw

>こいんさん
WJ感想記事、いつも参考にさせていただいてます。
なのに、コメントできなくてすいません(汗
ですよね、やっぱり「松山VS伍助」は揺るがないかも…。
あ、義兄弟対決もちょっと見てみたい気が…(笑
ちょっとだけ、そのシーンを戦い前に入れてから、「松山VS伍助」に持っていくのも割とうさぎっぽい展開かもしれませんね。

>かっぱさん
ですよね!?
当初から新撰組で一番、剣がたつと豪語されていましたから、ずっと違和感みたいなものを抱いていたんですよ。
これで一つ心のモヤが取れましたw

>傍観者さん
「スパイダーマン=ヤスザキマン」
お、そうなんですか?知らなかった。。。
でもホント、ヒーローの苦悩のシーンはダブって見えます。
ま、おっしゃるとおり、金曜ロードショーでイメージが強く残っちゃったから、っていう部分が大きいんでしょうが(笑

いつもリンクやトラバありがとうございます。
クロガネでございます。
そして5000HITおめでとうございます!

私もヤスザキマンからは、スパイダーマンを連想しましたね。主人公の苦悩とか心を含めて色々な部分が弱いとかスパイダーマン好きにはたまりませんでした。
そんな私はヤスザキマンの影響からか本家スパイダーマンを観に行ってしまいました(汗)

こちらこそ

>クロガネさん
体調不良なのに、わざわざお祝いのコメント残してくださってありがとうございます。
こいんさんのブログとともに、クロガネさんのブログにはWJの際、よくお世話になっています(笑

自分も3は見に行くかもしれません。
まあレビューはしませんが(苦笑

5000HIT、おめでとうございます!

ヤスザキマン、面白かったですが…
自分もスパイダーマンに似てるな~と思いながら読んでしまいましたw

それと銀魂…
本当に山崎は死んでしまったのでしょうか…(^^;
でも生きてたとしたら鬼兵隊の裏切り…?
う~ん、私も山崎がただこのまま死んでしまったで終わって欲しくないですね~。

あと、ペドロの表紙が怖すぎて笑いました(笑

ありがとうございます

>霊児さん
ザキが死んでいないよう祈りましょう(苦笑

ペドロの頭の上の花が唯一の助けです(笑

はじめまして!

はじめまして!都兎というものです。
自分も銀魂のファンですよ!(特に銀時)
今週の沖田はカッコよかったですね。

瞳のカトブレパス、楽しみなのですが、あれは赤マルではなくて、以前WJで掲載されたのもですよ~。

では!

>都兎さん
「瞳の~」はWJ掲載読みきりだったんですね!
赤丸も買ってるので間違って覚えていたみたいです(笑

正しい情報ありがとうございました♪
プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • スポンサーサイト
  • 当たり前っちゃ当たり前。(22・23号)
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2007年05月02日 (水)
  • 17時04分15秒

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。