スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死ノ国」 - マダオ文学集 -

デスマーチを抜けるとデスマーチだった。
そのデスマーチを抜けるとまた、デスマーチだった。
そのまたデスマーチを抜けるとまたまた、デスマーチだった。
どこまでもどこまでもデスマーチデスマーチ、ずーっとデスマーチ。
私の近況。
デスマーチを抜けるとデスマーチだった。
スポンサーサイト

発作を抑える力の正体。 - ダブルアーツ 第17話 -

トロイの無い世界
「オレ達がトロイの無い世界を作っちまったら シスターはみんな失業だからな!」

トロイの発作を起こしてしまったハイネですが、寸前の所でキリとエルーの2人に助けられ、画家になる夢を再び追えるように…。
うーん、いい話でしたね。。。
「シスター」をまた少し違った視点から見れた気がします。
しかし、バトル要素が無い話のほうが面白いっていうのは喜ぶべきなのかどうなのか…(汗

って、あのシンボルマークはハイネが描いたものなんですかw
なんかこういうのを見ると…、「この物語をしっかりと最後まで見届けたい」という思いが強くなってきますねー。
うーん、物語の構想(?)を漠然と感じてしまうからでしょうか?
それともジャンプだからでしょうか?w
打ち切り怖い。打ち切り怖い。(マジで

賭け
「私がハイネさんを治療する!!」

今回、ちょっと気になったのはこのシーン。
エルーの考えとしては、「キリと手を繋いでいれば発作は起きない。発作が起きないなら死ぬことは無い…、はず。」というものだったようです。
そういえば、キリはフレアとは別に「トロイの発作を抑える」という力があるんでしたね。

でも、自分はトロイの発作を抑えているのも、実はフレアの力の1つである可能性を考えているんですよ。
そもそもトロイの発作っていうのは、許容量を上回るトロイの毒を体内に蓄積させることで起こるもので、逆に言ってしまえば、許容量を下回れば発作は起きないんです。
フレアは「生命力や免疫力や治癒能力が上昇する力」だとキリが第5話で説明しています。
なら、トロイの許容量を上昇させる事だってきっと出来るはず。
それが結果的にトロイの発作を抑えていると思うんです。

仮にこの推察が正しいとすれば、エルーの行為は本当に危険な賭けだったんですよね…(汗
だって、仮にエルーがハイネの毒を吸収した結果、彼女の体内にトロイ許容量の2倍以上の毒が蓄積されたとしたら、キリと手を繋いでいても発作を起こしていたわけですから。
………いや、エルーの方がハイネよりトロイ許容量が多いのは明白の事実だから、そう考えると助かって当然とも言えるのか。
何しろ「白い妖精」ですからねw


さて、今回のハイネに対する治療により、エルーの体内はトロイの毒がさらに蓄積されることになりました。
しかし、これは非常に危険な状態なんじゃないかなと思います。
キリと手を繋いでいるときは問題ないですが、一旦手を離したら許容量をはるかに越えたトロイの毒が体を一気に侵食していくわけですから………、もしかすると発作から死に至るまでの時間が短くなるんじゃないでしょうか?
ゼズゥ戦では確か「1分で全身が消えてしまう」ということでしたが、それより短くなると考えると…おそらく30秒ぐらい?

仮に本当に短くなるなら、今まで以上に手を離すリスクが大きくなるわけですし…、「緊張感」という点ではある意味よかったのかもしれませんね。

ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/08/04)
古味 直志

商品詳細を見る
待望の1巻が来月4日に発売です。
あの「island」も収録されているらしいので楽しみ!

◆関連記事
「シスター」であり続ける理由。 - ダブルアーツ 第2話 -
たった一つの不安要素。 - ダブルアーツ 第4話 -
手を取り合うことの大切さ。 - ダブルアーツ 第5話 -
「暖かさ」と「力強さ」と。 - ダブルアーツ 第6話 -
「11人」の不安。 - ダブルアーツ 第7話 -
「天然度」と「強さ」は比例する。 - ダブルアーツ 第11話 -
“強い”とは、“弱さ”を知ること。 - ダブルアーツ 第14話 -

tag : 漫画 マンガ ジャンプ おススメ おすすめ WJ ダブルアーツ

「サナギさん」の“虚をつく笑い”。

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/03/07)
施川 ユウキ

商品詳細を見る
「サナギさん」が面白い。
それを最近、再認識しています(笑

単に面白いだけでなく、そこに上手さが隠れているんですよね。
「そう来るとはw」と思わず唸る面白さと言いますか。
ちょっと例を挙げてみましょう。


一コマ目と二コマ目。
ここまではどこにでもありそうな日常の会話です。


モンスターだ!
「そう来るとはw」って思いませんでした?(苦笑

とにかく、この漫画は意外性がスゴい!
別に不条理な笑いというわけではないんですよ。
ちゃんと会話は成り立ってますし。
だけど、意外性がある。そこに上手さを感じるんです。

作者の施川先生は、読者の虚をつくセンスのようなものを持っていると思います。
完全ノーガードの所を攻めてくると言いますか(笑
虚をつくためには、豊かで柔軟な発想力が必要とされます。
誰にもできることではありません。

ちなみに“虚をつく笑い”と“読めない笑い”は違います。
“読めない笑い”が読者の防御(予想)をすり抜けるだけなら、“虚をつく笑い”はさらにそこから一撃食らわせる感じなんです。
………わかりづらいですね(苦笑

とにかく、そういう読者の“虚をつく笑い”が「サナギさん」の一つの魅力なんだと思います。

サナギさん 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)サナギさん 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
(2005/07/08)
施川 ユウキ

商品詳細を見る

tag : 漫画 マンガ サナギさん レビュー おススメ おすすめ

戦いの舞台。 - サイレン CALL.29 -

あい
「あい あい」

かわえぇ。
このネボスケさんな表情といい、あの猟奇的な表情といい、ちょっと変な所を持っていながら、実は女の子らしい所があったり、芯の通った所があったりするわけで…。
雨宮のキャラクターが持つ破壊力は計り知れません。スカウターぶっ壊れますよ。
最初はね、正直舐めてましたよ。こんなメガネっ子なんかに萌えるもんかって思ってましたよ。
もうね…、あの時の自分をぶん殴ってやりたい。
完全体セルを舐めてたベジータをぶん殴ってやりたい心境に似てます。「ベジータ、テメェェェェ!」って。

さてさて、徐々に物語が進んできた「サイレン」。
サイキッカーがサイレンドリフトだけではなく、現代世界の人間にも存在するということは、現代とサイレンが極めて近い世界ってことを改めて証明していますね。
もしかすると…、戦いの舞台がサイレンではなく、現代になる可能性も無きにしも非ずってことになるのかも?
仮にサイレンだけが戦いの舞台になるなら、エクレアもとい、エルモアが現代でサイキッカーで集めている意味がなくなってしまいますし。(カードを持っていないとサイレンに行けないはず)
サイレンにとっての過去、つまり現代で起こるであろう“何か”が物語の重要なキーになるのかもしれません。

PSYREN-サイレン 1 (1) (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/05/02)
岩代 俊明

商品詳細を見る
それにしても、かわえぇ…。

◆関連記事
新世界のサイレンが鳴り響く…(1号)

tag : 漫画 マンガ ジャンプ WJ サイレン

漆黒の闇に差す光。 - TISTA LAST CHAPTER -

未来を信じて

ミリティア事件は終幕。
アーティは死なずに済んだものの、ティスタはFBIにより逮捕。
懲役120年の刑を言い渡されましたが、プロコ助祭の働きのおかげで、刑期1/3経過後に仮釈放の可能性があるとのこと。
ティスタがアーティたちとの「過去」を思い出したこともありますし、ハッピーエンドな要素が多分にあるのかもしれません。
ラストシーンを見ると、どうやらティスタは仮釈放後に教師になる夢を叶えたようですし…。

しかし、黒幕である聖心十字会は何事もなく存在し続け、また新たなミリティアが誕生してしまうという、バッドエンドな要素も見受けられました。
少し穿った見方をすれば、ティスタが助かった替わりに、あの子が犠牲になったわけですから…。(望んだわけではないにしろ)

ま、元々の世界観がかなり暗めでしたし、これが出来る限りのハッピーエンドだったのかもしれません。
長さ的にも丁度よかった気がします。

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 08月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 08月号 [雑誌]
(2008/07/04)
不明

商品詳細を見る

TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
遠藤 達哉

商品詳細を見る
初連載だというのに、毎月楽しませて頂きました。
次回作にも期待です。

◆関連記事
消された記憶。 - TISTA CHAPTER.8 -
少女の目はその先に何を捉えるのか…?(スクエア1月号)

tag : 漫画 マンガ SQ TISTA

「エロ」と「漫画」の狭間で。 - 少女マテリアル -

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/07/01)
鳴子ハナハル

商品詳細を見る
今話題の「少女マテリアル」。
確かにエロい。内容が、というよりは絵がエロい。
特にカラーはもう芸術の域ですよ!

一応、成人コミックなんで追記表記します。

more...

tag : 漫画 マンガ レビュー 少女マテリアル

“強い”とは、“弱さ”を知ること。 - ダブルアーツ 第14話 -

スイ?
「うわああああああん」

ファランに手も足も出ずに負けてしまったスイ。
というか一体何ですか、この変貌ぶりは!
うーん、狙ってる感が強すぎるし、流石にこれは無いなぁ…。
……………………
……………………
……………………
………………いや、アリじゃね?w(アリアリアリアリ
「可愛いは正義」って言いますしね!


本当に強い人とは、自分自身の“弱さ”を知っている人です。
そして、その“弱さ”を克服しようとする人です。
そういう意味で、今回ファランに完敗したことは、スイにとって非常に良かった事だと思います。
今まで一度も負けたことがなかったみたいですし、きっと自分の“弱さ”に目を向けることなんてなかったはずですから。

さらに良かったのは、その相手がファランであったこと。
少し大げさかもしれませんが、もしこの相手がファランでなかったら、スイは死んでいたかもしれないわけですし…。
「失敗は成功の母」とよく言いますが、もしこの『失敗』が取り返しの付かない失敗だったとしたら、『成功の母』にはなりえません。
それと同じことです。
“弱さ”を知っても、死んでは元も子もない。

とにかく、これからスイはもっと強くなれるはず。
潜在能力は高いでしょうし、今後の成長に期待です!
あ、でも、泣き虫キャラは固定でお願いします。(ちょ

戦う意志
「戦おう!」

前回、キリたちはついに戦う意志を表明しました。
自分たちの“弱さ”を認め、強くなろうと決めました。

正直、フレアがあるとはいえ、バトル要素が強くなってしまうのはあまり良く思っていなかったんですが、こういう風にしっかりと意志を描いてくれたのは非常に良かったです。
中途半端な感じが最もダメだと思っていたので(汗

物語としても、そして2人にとっても、ここからが本当のスタートになるはず…。
そんな「ダブルアーツ」に今後も目が離せません!

◆関連記事
「シスター」であり続ける理由。 - ダブルアーツ 第2話 -
たった一つの不安要素。 - ダブルアーツ 第4話 -
手を取り合うことの大切さ。 - ダブルアーツ 第5話 -
「暖かさ」と「力強さ」と。 - ダブルアーツ 第6話 -
「11人」の不安。 - ダブルアーツ 第7話 -
「天然度」と「強さ」は比例する。 - ダブルアーツ 第11話 -

tag : ダブルアーツ 漫画 マンガ ジャンプ レビュー WJ おすすめ おススメ

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • 2008年07月

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。