スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残酷な真実。 - 未来日記 Diary30;偽りの家族 -








信頼とは、時に強く、そして時に脆い。







more...

スポンサーサイト

tag : 漫画 マンガ 未来日記 おススメ おすすめ

縛られている。愛に、そして未来に。 - 未来日記 6巻 -

未来日記 (6) (角川コミックス・エース)未来日記 (6) (角川コミックス・エース)
(2008/06/26)
えすの サカエ

商品詳細を見る
由乃の真っ直ぐ過ぎる“愛”に、そして「未来日記」の映す“未来”に縛られている―――。
今回の表紙はそんな雪輝の現状を表している気がしました。

今巻で全所有者中11人が登場。
7thは愛ちゃんとマルコの2人組なので、正確に言うなら「12人」ということになりますが(苦笑

「愛ちゃん」と言えば、実は既に6th戦で登場しているんですよ。
あと8thの側近っぽい訛り女も。(詳しくはこちらに)
今になって思えば、6th戦は8人の所有者が絡んでいたバトルだったのか…(驚


3人目の死体
「“誰の死体”だ?」
「殺す………」


また、或の活躍により我妻家の闇にも動きがありました。
我妻家に一体どんな悲劇が起こったのか…?
そもそも、由乃はどこまで関わっているのか…?
そして、“3体目の死体”とは一体誰なのか…?

……………

「知りたい」「知りたくない」という二つの感情が入り混じって、なんともいえない思いに駆られます。


まーしかし、12人中11人の所有者が登場し、さらに最大の謎である我妻家の闇が動き出したのを見ていると、終焉の近さを感じさせられますね…。
終わって欲しくはないですが、それ以上に「未来日記」らしく、この勢いで駆け抜けていって欲しいという思いが強いです。
出来ることならその先に、良き「未来」があることを願って――…。

未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))
(2006/07/21)
えすの サカエ

商品詳細を見る
詳しい感想は下記のリアルタイム記事をどーぞ。
ちなみに、カォスさんの所有者の名前ローマ神話の関連性を説いたコメントは必見ですよ。

◆関連記事
可憐な乙女の裏側に。(エース2月号)
三つ目の死体。 - 未来日記 Diary25;8thの日記 -
短すぎた永遠。 - 未来日記 Diary26;8th/増殖倶楽部 -
最大の“敵”。 - 未来日記 Diary27;雪輝加速 -
新たな所有者。 - 未来日記 Diary28;Dummy game -

tag : 漫画 マンガ レビュー おススメ おすすめ 未来日記

「さよなら絶望先生」を少し語ってみる。

さよなら絶望先生 第1集 (1) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第1集 (1) (少年マガジンコミックス)
(2005/09/16)
久米田 康治

商品詳細を見る
今日は「さよなら絶望先生」について少し。
以前からネタとしては記事で扱うことはありましたが、ちゃんとした形(?)で扱ったことは実は一度もありませんでした(笑
ですが、かなり好きな漫画だったりします。

以前の「病みっ子」の記事で少し触れたように、自分は千里の猟奇ネタがかなり好きなんですが…、それ以上に好きな理由は「再読性の高さ」です。
ギャグ漫画っていうのは割と再読性が高くなるジャンルなわけですが、その中でも特に高い。

では、なぜそんなに高いのか?
その理由は大きく分けて2つあると思います。

まず1つはやはり「時事ネタ」。
そういうネタって、読み返した時に「あーこんな事あったなー」「あーあんな奴いたなー」という思い出す面白さを生むんですよね。
「ホリエモンとかいたなー」とか(笑

そして、もう1つは「淡白さ」。
実はこっちが本題だったりします。
「淡白さ」というと分かりづらいと思うので簡単に言うと、「流れのスルーライフ」「オチのなさ」なんです。
これって漫画としてどうかと思いますし、当然のように短所だと感じていたんですが、今ではむしろ長所だと感じるようになりました。
特に「オチのなさ」は致命的だと思っていたんですが…(苦笑

この漫画には主人公の絶望先生を初めとして、個性的なキャラクターたちが数多く登場します。
ま、それ自体は特別なことではありません。
でもこれは同時に、漫画を「濃く」してしまうんですよ。
お腹いっぱいな感じになってしまうというか…。

でも、「淡白さ」がそれを中和してくれる気がするんです。
だからまったく疲れずに読めるし、またどんな心理状態でも読めちゃうんですよね。
それが「再読性の高さ」に繋がるんだと思います。

さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
(2008/05/16)
久米田 康治

商品詳細を見る

俺、このミッションが終わったら通常更新するんだ…。

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(通常版)メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(通常版)
(2008/06/12)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る
昨日、MGS4買っちゃいました。
PS3とのセットで、………約5万円




. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄
コミック100冊ぐらい買えるじゃねーか…。

そんなマダオな後悔をちょっぴり持ってたんですが………、実際にプレイしたらすぐに忘れちゃいました!!

・リアルすぎる映像。
・濃厚なシナリオ。
・総出演する過去シリーズのキャラの数々。
・プレイの幅が広がった新システム&新操作方法。


もうなんていうか…、面白すぎて困ります(苦笑
おかげで今日は寝不足の1日。
ま、ヤマは片付けたので別にいいんですけど。

ということで、通常更新の再開はもうちょっと先になると思います。

「天然度」と「強さ」は比例する。 - ダブルアーツ 第11話 -

ファラン・デンゼル
「“お子様ランチ”をくれ」

どうやら、この人がマーサが言っていた“ファラン・デンゼル”
完全な天然タイプっぽいですね(笑
ま、「天然度」と「強さ」って比例することも多いですし(まさにスイはそんな感じ)、やはり頼りにはなりそうです。
個人的にそういうタイプは好きですし、何より見た目も悪くないカンジなので、結構好きなキャラになる予感。

しかし、こういうタイプは漫画的にも扱いが難しいんですよねー。
個性を出すとなると、自由な言動をさせないといけない。
でも自由にさせすぎると、話が遅延する原因にもなるわけで。
既にあのスイがいるわけですし、その辺をどう上手く扱っていくかに注目ですね。
まー無口な分、スイよりは扱い易いのかもしれませんが。(いや、逆に前に出すタイミングが難しい?
その前に護衛をどうOKしてもらうのか…、次号に期待です!


「シスター」である理由
「“自分はトロイに感染してるから気をつけて”っていう周りへのメッセージなんですよ」

やっぱりそうだったんですか…。
しかし、シスターの口から発せられると、また“重み”が違う気がしますね。

シスターたちの「願い」はただ一つ、『トロイを無くしたい』
その「願い」の裏にあるであろう、トロイが生んだ悲しみの数々。
それを乗り越え、前に進む決心をした彼女達は本当に強いと思います。

確かにゼズゥ戦でのシスター達の行動は、一見すると命を粗末にしてるようにも見えました。
しかし、キリはその「願い」を叶えてくれるかもしれない存在。
命を投げ出してでも、助けようとするのだって納得いきます。
ちょっと大げさに言えば、その「願い」は彼女達にとっての「生きる意味」なんですから。
あーなんかもう、シスターの設定だけでグッと来てしまう…(泣


◆関連記事
「シスター」であり続ける理由。 - ダブルアーツ 第2話 -
たった一つの不安要素。 - ダブルアーツ 第4話 -
手を取り合うことの大切さ。 - ダブルアーツ 第5話 -
「暖かさ」と「力強さ」と。 - ダブルアーツ 第6話 -
「11人」の不安。 - ダブルアーツ 第7話 -

tag : 漫画 マンガ ジャンプ ダブルアーツ

【運営雑記】「未来日記」の感想記事に関して。

今やこのブログで唯一のルーティーン記事となった、「未来日記」の感想記事。
月に1回しか更新できなくなったとしても、たぶん続けるんじゃないかなーと思います。
正直これに関して言えば、読み手の需要とかはあまり関係ないんですよ。(ぇ
純粋に「書きたいから書く」っていうか…。
もちろん拍手やコメントをもらえたら嬉しいですし、記事作成時のやる気も挙がりますけどね^^


さて、そんな「未来日記」の感想記事ですが、見てもらえばわかるように他の感想記事と違って「追記機能」を使用しています。
ですが…、本当は「追記機能」ってあまり使いたくないんですよ。
事実、「未来日記」の感想記事で追記機能を使うようになったのも、つい5・6ヵ月前からです。
その理由は戦略的なものだったり、デザイン的なものだったり、今まで使ってないのに今更使えねーよ!的なものだったりするのですが、長くなりそうなのでここでは割愛します。(機会があれば別記事で)

では何故「未来日記」の感想記事では、その追記機能を使用しているのか?
それはやはり「コミック派への配慮」からです。
「未来日記」はサスペンスというジャンルからか、ネタバレによる影響がかなり大きいんですよね。
先が読めない展開が最大の売りのジャンルですし…。
だからこそ、追記機能の使用に踏み切ったわけです。
あと自分としても、そのネタバレの影響を気にしてしまって、書きたい内容を書けないというのが嫌だったというのもあります。


最後に、毎回トップに書いている「アオリ」に関して少し。
これを敢えて書いてるのは、追記機能の使用による弊害を少なくする為と………、個人的な趣味です。(ぇ
実はデスノートを読み始めた頃から、アオリとかハシラに興味を持つようになったんですよね。
ですから、考えるのにちょっと時間を掛けています。無駄に!

tag : 漫画 マンガ 未来日記

消された記憶。 - TISTA CHAPTER.8 -

白い聖夜
前回からの過去編は一旦終了。
シスターミリティアとなった経緯、“あの男”との関係など、色々と気になることが明かされた過去編でした。

やはり一番の驚きは、アーティとティスタが同じ修道院出身だったという事実。
その「記憶」は上層部によって消されているわけですが…、決して「事実」そのものが消えたわけではありません。
もしかすると、「記憶」ではない“何か”が互いを惹きつけ合ったのかもしれませんね…。

そして今回、アーティーはその「事実」の欠片を見つけました。
それはアーティとスージーとティスタが描かれた1枚の絵。
ここから2人の関係が大きく動くと思ったその時…、


残酷な裁き
「憐み給え」

ティスタの銃口はアーティーに向けられていた―――。

アーティーの存在を知った上層部は、ティスタの不始末の原因は彼の存在にあると判断したわけですね。
確かにそうなんでしょうが…、アーティーを消したところで彼女の精神が安定するとはちょっと思えません。
その「罪」をも背負わせていくことで、今まで以上に「自分にはこれしかない」という思いを駆らせる為…?
そして、もし彼女がその「罪」を背負いきれずダメになったのならば、次の“代わり”を作ればいい。
そういう考えなのかもしれません。

とにかく、ティスタが「シスターミリティア」として生きるためには、アーティーを殺さなければならないのは確かです。
しかし、そんな救いも何も無い結末になるとはちょっと思えません。いや、思いたくないです。
かといって、組織の命令に背くことは死を意味するはず。
既に組織からヤバそうな男が出てきましたし…。

今後の流れはわかりませんが、まずはこの状況を一体どう回避するのか?
ここでスノウが絡んでくる…?
それとも本当にこのままカタルシスを迎える…?
次号の展開に目が離せません!

TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
遠藤 達哉

商品詳細を見る
とりあえず最初から一気に読みたいと思い、書店に買いに行ったのですが、見事に売り切れていました。
他のSQコミックは残っていたのに…(苦笑

というか、スージー生きてたんですね。
てっきり死んでしまったと思っていたので安心しました(苦笑

◆関連記事
少女の目はその先に何を捉えるのか…?(スクエア1月号)

tag : 漫画 マンガ SQ

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • 2008年06月

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。