スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆黒の闇に差す光。 - TISTA LAST CHAPTER -

未来を信じて

ミリティア事件は終幕。
アーティは死なずに済んだものの、ティスタはFBIにより逮捕。
懲役120年の刑を言い渡されましたが、プロコ助祭の働きのおかげで、刑期1/3経過後に仮釈放の可能性があるとのこと。
ティスタがアーティたちとの「過去」を思い出したこともありますし、ハッピーエンドな要素が多分にあるのかもしれません。
ラストシーンを見ると、どうやらティスタは仮釈放後に教師になる夢を叶えたようですし…。

しかし、黒幕である聖心十字会は何事もなく存在し続け、また新たなミリティアが誕生してしまうという、バッドエンドな要素も見受けられました。
少し穿った見方をすれば、ティスタが助かった替わりに、あの子が犠牲になったわけですから…。(望んだわけではないにしろ)

ま、元々の世界観がかなり暗めでしたし、これが出来る限りのハッピーエンドだったのかもしれません。
長さ的にも丁度よかった気がします。

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 08月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 08月号 [雑誌]
(2008/07/04)
不明

商品詳細を見る

TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
遠藤 達哉

商品詳細を見る
初連載だというのに、毎月楽しませて頂きました。
次回作にも期待です。

◆関連記事
消された記憶。 - TISTA CHAPTER.8 -
少女の目はその先に何を捉えるのか…?(スクエア1月号)
スポンサーサイト

tag : 漫画 マンガ SQ TISTA

消された記憶。 - TISTA CHAPTER.8 -

白い聖夜
前回からの過去編は一旦終了。
シスターミリティアとなった経緯、“あの男”との関係など、色々と気になることが明かされた過去編でした。

やはり一番の驚きは、アーティとティスタが同じ修道院出身だったという事実。
その「記憶」は上層部によって消されているわけですが…、決して「事実」そのものが消えたわけではありません。
もしかすると、「記憶」ではない“何か”が互いを惹きつけ合ったのかもしれませんね…。

そして今回、アーティーはその「事実」の欠片を見つけました。
それはアーティとスージーとティスタが描かれた1枚の絵。
ここから2人の関係が大きく動くと思ったその時…、


残酷な裁き
「憐み給え」

ティスタの銃口はアーティーに向けられていた―――。

アーティーの存在を知った上層部は、ティスタの不始末の原因は彼の存在にあると判断したわけですね。
確かにそうなんでしょうが…、アーティーを消したところで彼女の精神が安定するとはちょっと思えません。
その「罪」をも背負わせていくことで、今まで以上に「自分にはこれしかない」という思いを駆らせる為…?
そして、もし彼女がその「罪」を背負いきれずダメになったのならば、次の“代わり”を作ればいい。
そういう考えなのかもしれません。

とにかく、ティスタが「シスターミリティア」として生きるためには、アーティーを殺さなければならないのは確かです。
しかし、そんな救いも何も無い結末になるとはちょっと思えません。いや、思いたくないです。
かといって、組織の命令に背くことは死を意味するはず。
既に組織からヤバそうな男が出てきましたし…。

今後の流れはわかりませんが、まずはこの状況を一体どう回避するのか?
ここでスノウが絡んでくる…?
それとも本当にこのままカタルシスを迎える…?
次号の展開に目が離せません!

TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
遠藤 達哉

商品詳細を見る
とりあえず最初から一気に読みたいと思い、書店に買いに行ったのですが、見事に売り切れていました。
他のSQコミックは残っていたのに…(苦笑

というか、スージー生きてたんですね。
てっきり死んでしまったと思っていたので安心しました(苦笑

◆関連記事
少女の目はその先に何を捉えるのか…?(スクエア1月号)

tag : 漫画 マンガ SQ

花凛の為に。 - Luck Stealer No,7 -

追う者と追われる者
「必ず…必ずお前に辿り着いてみせる」

天崎の真の目的。
それは自らを追う、氷見山警部補を悠聖に殺させる事だった…。
―――悪人しか殺さない。
その誓いを悠聖は守り通すことができるのか!?


さあ!面白くなってきました!!w
SQの中で楽しみな連載の1つ「Luck Stealer」。
SQ新連載の中では、一番安定してる気がします。

そもそも悠聖が悪人しか殺さないのは、ただの人殺しにならない為、そして花凛の「父親」であり続ける為です。
それは悠聖自身の為でもありますが、それ以上に花凛の為でもあるんですよね。
だからこそ、この誓いを破るわけにはいかない…。

ですが、仮に氷見山を殺さなければ、今後の“仕事”に支障がでる可能性は常に付きまといます。(というか、天崎がそうなるように仕組むんでしょうが)
当然、それは花凛の命に関わる問題です。
だからこそ、そうなるのは絶対に避けたい…。

氷見山を殺しても殺さなくても、それは花凛の為であり、同時に花凛の為にならない―――。

どっちを選んでも、待っているのは棘の道
その辺のジレンマをどう演出するか…、そして悠聖が最終的にどのような決断をするかが今後の見所ですね。
次号に期待です!

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 06月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 06月号 [雑誌]
(2008/05/02)
不明

商品詳細を見る

Luck Stealer 1 (1) (ジャンプコミックス)Luck Stealer 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/05)
かず はじめ

商品詳細を見る
なんというか…、今月号のスクエアは珍しく(?)面白かったです。
久し振りに値段分楽しめたというかw
「テガミバチ」はストーリーが大きく進展していますし、「TISTA」は気になっていた過去編が始まりましたし、何より「クレイモア」のまさかの事実に驚愕してしまいました…(汗

tag : 漫画 マンガ ジャンプ SQ おすすめ おススメ

殺人の「目的」。 - 彼の殺人計画 -

彼の殺人計画
人間は生きている限り、死に関心を持ち続ける。
死に関心を持たない人間は、既に死んだようなものだ――。


この読み切りを読み終わったとき、どこかで聞いたそんな言葉が頭をよぎりました。
鬼頭先生の作品は「ぼくらの」しか知らないわけですが…、同じように強く引っ張られる印象を受けましたね。
ちょっと目を背けたくなる内容ではあるけど、それでも見たいという感情が上回ると言いますか。。。


もしも殺人の目的が殺人そのものだったら…?
残念なことに「ただ人を殺してみたかった。」なんて証言する殺人犯は実際存在します。
だけど、ニュース番組で報道される時には、大抵何らかの尾ひれが付いてくるんですよね。
「殺人そのもの」ではない別の目的ってやつが。
別の目的を勝手に推理して、まるで事実のように報道する。
マスコミの悪い癖です。

もしかしたら、本当に別の目的があったのかもしれない。
だけど…、本当に殺人自体が目的だったのかもしれない。
その後者の可能性を描いたのがこの作品なんですよね。

万人受けする読み切り作品ではないでしょうが、個人的には結構良かったと思います。
ラストも「彼」が殺されたというのに後味の悪さはなく、むしろ爽快感に近い感情が残りました。
その辺は、力がある漫画家の証なのかもしれません。
機会があれば、「ぼくらの」以外の鬼頭先生の作品も読んでみたいですね。


そういえば、作中に出てきたワンシーンにこんな台詞が。

>マスコミのやつらは
>自分達の理解できる その範囲でしか答を求められない


全くその通りだと思います。
またその「理解できる」というのも、実際には「理解できると思い込んでいる」ことが大半なんでしょうが…(苦笑

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 05月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/04/04)
不明

商品詳細を見る
桂先生×鳥山先生の「さちえちゃんグー!!」も面白かったです。

tag : 漫画 マンガ ジャンプ SQ

殺したいくらい大好き。 - 13 サーティーン -

空知英秋「13」



少年は少女にをしていた―――。



必ず殺す
>五流湖家の名にかけて 必ずお前を殺す

しかし、その少女は殺し屋一族の娘だった。
「銀魂」でお馴染み、空知先生の新作読み切りはそんなお話。

世に出た空知先生の読み切りと言えば、「銀魂」1巻と2巻にそれぞれ収録されている『しろくろ』と『だんでらいおん』だけです。
是非とも別の読み切りも読みたかったんですが…、まさか「銀魂」が連載中にその願いが叶うとは。。。
グッジョブ茨木編集長!w

全体的な感想としては、思った以上に良かったです。
笑いの部分に関しては、ちゃんと「らしさ」を出していたと思いますし、恋愛的な部分も意外に(?)ツボでした。
ヒロインも正統派美少女って見た目でなかなか可愛かったですし、何よりその愛情表現が魅力的でしたね。



人をきになると、したくなってしまう。



殺すことで全てを自分のものにする。
まさに究極の独占欲というべき歪んだ愛。
決して初めて見る愛情表現ではないんですが………、「殺したい」という感情を抑えられずに転校をし、それでも「好き」という感情を抑えきれずに戻ってきたヒロイン。
人知れず、「殺したい」と「好き」の狭間で葛藤をし続けていたんだな…、と思うと何か来るものがありました。

そして、そんな歪んだ愛を命を懸けて受け止める主人公。
ラストシーンは普通に感動しましたよ。
二人にしかできない愛を育んでいってほしいですね^^

まー、途中を笑いで引っ張り過ぎたせいか、多少ダレた感があったのもまた事実。
そこぐらいですかね。マイナス点は。
しかし、新たな空知先生の境地を見れて非常によかったです。
以前の赤マルで「銀魂」を30巻ぐらいで終わらせるとか言ってましたけど、この実力ならきっと食べていけると思います。(ぇ

銀魂 第22巻 (22) (ジャンプコミックス)銀魂 第22巻 (22) (ジャンプコミックス)
(2008/02/04)
空知 英秋

商品詳細を見る
新刊は週末にでも。
てか、質問コーナーは空知節全開で笑いましたw

tag : SQ ジャンプ

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • ジャンプSQ.

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。