スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンドラの箱。 - 未来日記 8巻 -

未来日記 (8) (角川コミックス・エース 129-13)
えすの サカエ
角川グループパブリッシング
「未来日記」最新刊感想です。
余談なんですが、リアルの多忙の為に、現在は少年エースの購読停止しています。
一応、この巻に収録してある分までは読んではいたんですが、、、。

さて、今巻ついに我妻家の「三人目の死体」の正体が暴かれました。
正直言うと、その説を唱えてる人も実際いて、自分自身も決して可能性を考えなかったわけではないので、驚きはそこまで強くありませんでした。
ただ凄く気になるのは、その辻褄をどう合わせるのか?という点。

まず入れ替わったのなら、なぜ一度も周りにバレなかったのか?
仮に影の薄かった存在ならば大丈夫(でもないか)でしょうが、由乃は学校のアイドルだったわけですし。
その疑問を消すには…、やはり双子説?しかも一性卵とか。
そういえば、確か一性卵双生児ならDNAも同じなんですよね。
もしかして、その辺も関係してくるのかな?
あ、でも施設の先生は、「由乃には兄弟が居なかった」と証言してるんですよねー。
てかそもそも、その元(?)はどうなったんでしょうか?失踪扱い?

次にその入れ替わりはいつあったのか?
今巻の初めの回想シーン、あの時点ではまだ本物だったはずです。
過去の折檻に対しての反発で親を閉じ込め、結果的に死なせてしまったわけですし、時期的にも「両親が死んで一ヶ月」という説明も明記してありました。
では、どのタイミングで…?

うわー!なんか急激に未来日記分が不足してきました!!(笑
漫画喫茶で続きを読もうかなー?


さて、或が養護施設で手に入れた、あの木箱。
その中身が、これまで築き上げた雪輝と由乃の関係性、その基盤を一瞬にして破壊してしまいました。
あれはまさに、由乃にとって決して開けてはならない、「パンドラの箱」だったと言えるでしょう。

ただ神話によると、パンドラの箱から最後に出てきたのは“希望”だったと言われています。
どうか同じように、この物語の結末にも希望がありますように――…。

ちなみに初耳だったんですが、パンドラの箱には「予兆説」もあるようで。
つまり、残されていたのは未来を知る予知能力という…。
不思議な偶然ですねー(苦笑

■関連記事
最狂ヒロインが魅力のサスペンス漫画。 - 未来日記 -
選択肢は、“殺す”か“信じる”か―――。 3巻感想
ヤンデレ、ここに極まり! - 未来日記 4巻 -
裏切りと愛の果てに―――。 - 未来日記 5巻 -
「未来日記」5巻の修正・加筆について。
縛られている。愛に、そして未来に。 - 未来日記 6巻 -
スポンサーサイト

tag : 未来日記

ストライカーの条件。 - GIANT KILLING 8巻 -

真のストライカーとは?
「お前にとってそのボールって何だ?
 チームのボールか?お前のボールか?」


GKが防ぎ、DFが奪い、MFが相手と競り合いながら、繋いできたボール。
それはFWにとって、チームのボールか?自分のボールか?
あなたがもしFWだったら、この問いにどう答えるか?

自分なら「チームのボール」と答えます。
フットボールはチームプレイのスポーツです。
みんなが前線まで繋いでくれたボール。それを自分のボールなんて言えるわけがない。そんなのはただのエゴです。
だけど、達海はこう言います。

「そいつをチームのボールとわかったうえで自分のボールだと思い込める度胸がある… 味方の想いを背負いきって自分のためにプレーできるか それがエゴイスティックなFWとしての決心だよ」

チームのボールだと理解しつつ、失敗しても「俺によこせ!」と何度もパスを要求し、「俺が決めてやる!」と何度もシュートを打つ。
つまり、逆にそういうエゴになれるかが、真のストライカーに必要な条件だと。

この答えを読んだとき、なるほどなと痛感しました。
確かにパッと思い浮かぶようなストライカーにエゴイストじゃない選手なんていませんから。
周りではなく、ゴールだけを意識する―――。
だからこそ、スーパーゴールと言われるゴールが生み出されるわけですよね。
ま、今のサッカー界の流れとして、そういうストライカーは以前より減ったのかもしれませんが、やっぱり強いチームには必要な存在ですもん。



本能がままに
「いい加減打てよ 夏木
 本能を貫けよ ストライカーだろお前は」


そして、ETUのFW夏木。
もうね、このシュートシーンは鳥肌立ちまくりでしたよ。やばかった。
エゴになりきれなかった夏木が殻を破った瞬間でしたね。

夏木が吹っ切れたことでETUの得点力不足は少し解消されたはずです。
あとは…、やはり若手である世良の成長に掛かっているのかな?
個人的に結果が出るのは近いと思うんですがねー。

GIANT KILLING 7 (7) (モーニングKC)  GIANT KILLING 8 (8) (モーニングKC)
この表紙とかのデザインセンスも「ジャイアントキリング」の魅力です。
ガンナーズ戦は次巻で決着付きそうなので超期待!!

◆関連記事
これぞ、ジャイアントキリング!! - GIANT KILLING 5巻 -
「負けない」ではなく、「勝つ」。 - GIANT KILLING 3巻-
新スタンダードのフットボール漫画。 - GIANT KILLING -

サナギさん やっぱり大好き サナギさん

「サナギさん」が最終巻を迎えました。
この記事では、自分が「サナギさん」に興味を持つきっかけになった「たまごまごごはん」さんのサナギさんありがとう企画に便乗して、「サナギさん」への思いを少し綴ろうと思います。

自分にとっての「サナギさん」の最大の特徴は、やはり意外性の高さです。
「そう持っていくなんてw」という笑い。
そんな笑いが漫画中に溢れているんですよね。


怒りのテレパシー
(………お、怒られてる―――っ!)

それを象徴するのが、フユちゃんの斜に構えた視点・発想が生む笑い。
自分が最も好きだったのは、やっぱりこの形でした。
このテレパシーの話は何度読んでもクスリとしてしまいます(笑

でもフユちゃんだけじゃなくて、サナギさんの存在も大きいんです。
サナギさんがしっかりリアクションして、初めて1つの笑いが完成する。
きっとサナギさんがいたからこそ、フユちゃんは安心してボケることが出来たんじゃないかと思います。
そういう信頼関係が見え隠れするのって微笑ましいですよね。

ある意味、タカシ君とサダハル君の関係も同じだと思います。
毎回イライラさせられたり、殴られたりしているのに、最終的にいつも一緒にいるわけですから(苦笑


自分が「サナギさん」を知ってから、まだ一年も経っていません。
しかし、間違いなく大好きな漫画でした。

―――サナギさん やっぱり大好き サナギさん

そして、これからもそれは変わりません。ありがとうございました!

tag : サナギさん

「よつばと!」8巻に見る、よつばの新しい世界。

よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
(2008/08/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る
やっと買えました。
発売前からそりゃもう期待していたんですが、その期待以上にとっても面白くて、ホントただただ「すごいなー」と感嘆するばかり。

今巻一番のお気に入りは、強いて言うなら「よつばとおまつり」。
そのページ数もさることながら、しっかり随所に笑えるシーンがあって、なんと言っても山車や神輿、街の風景の細部までの凝り具合がホント凄かった。
もう芸術ですよ、コレは。

また個人的に気に入った理由がもう一つあるんですが、それは

よつばとともだち
↑この左側の子の存在があったからです。

何でかというか、(読者視点から見た)数少ない「同い年」、「年下」としてよつばに接してくれる存在なんですよ。
よつばの周りって「年上」ばかりですからね。
よつばと齢が近そうな恵那やみうらだって、基本的には「年上」としてよつばに接していますし。(お姉さんというか)

ちなみに、この子は4巻のラジオ体操の話に登場した子供だと思います。
ちゃんとした会話のシーンこそありませんが、たぶんそのときに友達になったんでしょうね。
(追記;3巻のおみあげの話の時点で友達になっていたみたいです。)

とにかく、これから「同い年」、「年下」としてよつばに接してくる存在によって、またよつばの新しい世界が広がっていくんだと思います。
まだ話のほんの一部でしか接していませんが、これからもっと接する時間が増えていけば、何かを我慢しないといけないこともあるかもしれませんし、ケンカして傷つくことだってするかもしれません。(まー、ケンカはヤンダともしてますが)
そんな展開を今後に期待したいですね。

◆関連記事
キング オブ ほのぼの漫画。 - よつばと! -

tag : レビュー よつばと!

仁岡先生の憂鬱。 - 勤しめ!仁岡先生 3巻 -

勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
(2008/08/22)
尾高 純一

商品詳細を見る
子供嫌いな仁岡先生とユカイな仲間達が繰り広げるハイテンション四コマ漫画「勤しめ!仁岡先生」最新3巻が22日に発売されました。
まー、こっちに入荷されたのはいつも通り3日後ですけどね…(苦笑

この漫画の基本スタイルは仁岡先生が周りの変人達に振り回されて、理不尽な被害を受けまくるわけですが…、今回も見事な振り回されっぷり被害者っぷりを見せてくれました。
2巻の終盤に登場した新キャラ・前田の登場によって、さらにそれが加速した感じがします。
あと仁岡先生と同じく生粋の被害者だった福盛までもが頭のネジをちょっと緩めてしまって、被害者枠から少し外れたのも要因の一つかもしれません。
仁岡先生が被害を受けてこそ、「勤しめ!仁岡先生」ですからね!

でもまー、そんな仁岡先生も時にはしっかりボケ要員をこなすわけでして、その際に大抵ツッコミに回るのが不良という名の良い子・浅井です。
浅井の面白さって「真面目なのに自分を不良だと思い込んでいる」点なわけで、ツッコミとしての要素を元々持ってるキャラなんですよ。(「ツッコミ」=「常識人」だから)

というか、今回はかなりツッコミとしての役割が多かった気がします。
別に仁岡先生がボケ倒しているわけではなくて、その他のキャラたちがボケに徹しすぎてて、もう完全に仁岡先生だけじゃツッコミが足りなくなってきてるんですよねー(苦笑
仁岡先生似の前田は出てきたし、相変わらず上原は遊びに命を懸けるし、河原先生はウサギさんを狩ろうとするし、校長は変態という名の犯罪者だし。
個人的にはこれでも良いと思うんですが、やはり寂しいのも事実。


あ・さ・い!
「者共!私に続けぇい」

でも、そこをフォローする話もあったのでちょっと安心しました(笑
あ・さ・い! あそれあ・さ・い! さぁみんなも一緒にあ・さ・い!

勤しめ!仁岡先生 1 (1) (ガンガンコミックス)勤しめ!仁岡先生 1 (1) (ガンガンコミックス)
(2006/10/21)
尾高 純一

商品詳細を見る
同時収録の「落ち着け!仁岡くん」も面白かったです。覇王ってw

◆関連記事
変人だらけのハイテンション四コマ漫画。 - 勤しめ!仁岡先生 -

◆参考記事
勤しめ!仁岡先生3巻感想
勤しめ!仁岡先生3巻 かわいいは 正義!

tag : レビュー おすすめ 仁岡先生

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • コミック感想

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。