スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上り坂、下り坂、そして『まさか』。(52号)

人生には三つの坂があります。上り坂、下り坂、そして『まさか』。

これって誰が言い始めたんだっけと思いつつ、今週のジャンプ感想に行ってみようと思います。

□P2!
絶望した!漫画を見る目の無い編集部に絶望した!!
事前に情報は入っていたわけですが、実際この目で見るまでは信じられませんでした。
一周年記念の人気投票のときは完全に安心しきっていたので、「まさか…」という思いだけが心に残ります。
赤マルで補完するらしいですが、やっぱりそこで人気投票の結果発表をするんでしょうか?
うーん、いい漫画を一つ失いましたね…。
本編の流れとしては大体予想通り。

ついに明かされた、川末兄妹の過去。
才能が生んだ、二人の間の溝。
しかし、その溝をヒロムが優しく埋めてあげる展開は予想以上の感動シーンでした。
そしてヒロムは、自分と川末の可能性を証明するために、巨大なる対戦者に立ち向かって行く…。

―――できることはまだ見ぬ才能を信じて前に進むことだけ

最後に主人公らしさを存分に見せてくれたと思います。
江尻先生、本当にありがとうございました。


□アイシールド21
熱い!この展開は熱すぎる!!
前回から一気に盛り上がってきた、アイシールド21。
蛭魔の撃沈。そして、セナの二代目QB。
「まさかの展開」とは、まさにこの事。
蛭魔の栗田への蹴りには、強い思いを感じました。
にしても、泥門はここからどう挽回するのか!?
如月がいなくなったので、モン太へのパスが非常に有効になるわけですが、セナのQBとしての実力はそれを可能とするのか。。。
まさかの白秋戦エンドになるならば、「クリスマスボウル」という最終目的を当初からずっと強調してきた以上、それを諦めることができるだけの極限の戦いを演出しないと駄目だと思います。


□ハンターハンター
「まさか」と言えば、この漫画しかないでしょう(笑
怒りに狂うのでもなく、悲しみにくれるのでもなく、静かな感情が王の中に溢れている模様。
ネテロとゼノでも到底勝てる気がしません…。
しかしモウラが抜けたということはピトーVSモウラ?
でもモウラはあのパイプがない状態で一体…?
あ、でもピトーもコムギを治療している最中は他の念を使えないんでしたね。
あとゴンたちの事を今回一切描いてないというのは、ちょっと気になるところですが…。
もしかしたらプフVSゴン・キルアってことになるのかも?
相変わらず「一寸先は闇」状態ですね。
(そういえば、プフは何に微笑んだんだろう…)



以下、簡易感想。

□ネウロ
金八先生が嫌いなんですね、松井先生w
そしてネウロと新しい血族が対峙。
描写等を見ると、血族の中でもかなりの小物っぽいのですが、やはり苦戦は強いられそう。

□エムゼロ
ついに犯人像が明らかに!
実力は問題ないはずなのに、魔法執行部に選ばれなかったことの恨みによる犯行。
理由としては割と納得のいくものですが………、この話の着地点と主人公の久澄の絡みをどうするかが気になるところ。

□ムヒョ
まあ流石にあれだけやっておいて、すぐに解放⇒参戦ってワケにも行きませんよね。
でもこれ以上に危機的状況になれば、それもありえるのかもしれません。

□ブリーチ
まあ百哉は確かにカッコいいですけど、エスパーダとの戦いとして陳腐すぎる終わり方の気がしました。

□ナルト
やっぱりアレ全部がペインだったんですね。
相変わらず、よーわかりませんが。

□銀魂
やっぱり長谷川さんじゃねーか!w
というか、どこまで話を拡大させる気?(苦笑

□サムライうさぎ
相手を褒めずに、自分の事を喋らずに女子を口説くって………、どうするんでしょう?

□スケットダンス
ちょっとだけゲーム性があるという微妙さw
上り坂を駆け上がれー!

□トラブる
「宇宙人」という設定を忘れてました(笑

□トリコ
しまぶー、WJ復帰読みきり。
とにかく、あの台詞が目に付いて仕方がないw

P2!-let’s Play Pingpong! 5 (5) (ジャンプコミックス)P2!-let’s Play Pingpong! 5 (5) (ジャンプコミックス)
(2007/12)
江尻 立真

商品詳細を見る

アイシールド21 27 (27) (ジャンプコミックス)アイシールド21 27 (27) (ジャンプコミックス)
(2007/11/02)
稲垣 理一郎

商品詳細を見る

HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る
来週は「みえるひと」の岩代先生が新連載。
期待してますよー♪
スポンサーサイト

tag : WJ ジャンプ

そして冬がやってくる。(51号)

ここ数日、季節は秋を通り越して、一気に冬になりましたね。
またそんな季節の変わり目と同じように、大好きな作品が近々2つもアウトするということで、自分のジャンプにも少し厳しい冬がやってきそうです。


□ハンターハンター
ユピーのオーラはモウラの10倍以上。
やはり思った以上に敵は強大なんですね。
まあそういった状況でも尚、バトルに緊張感を持たせる演出はさすがと言ったところでしょうか。
ユピーの強烈な攻撃もありましたが、みんなモロに喰らっているわけではなさそうなので一安心。(“神の共犯者”を発動中のナックルたちは“龍星群”のときと同じく、安否の確認ができませんが。)
しかし、いつまでもユピー相手にこの人数で対応しているわけにもいきませんし、王とプフとピトーをネテロとゼノの二人だけに任せるわけにもいきません。
今まで以上に臨機応変さが求められそうですね。

そして…、今週ラストの1コマ。
コムギはゼノの龍星群を受けて死んでしまったようです。
彼女が死ぬのはわかっていましたが、まさかこんな序盤で死んでしまうとは少々意外な展開になりました。
彼女の死を受け、王は怒りをもって絶大な力を発揮するのか…、それとも哀しみの前に無力と化すのか………。
次週がまたもや楽しみになってきましたね。


□P2!
うーん………、やっぱり前回の妙な引きは川末の負けフラグだったわけですかー。
しかし、川末にそんな欠点があったとは…。
「努力ではどうしようもないことがある」という厳しい現実を垣間見た気がします。
そして…、あの噂も確定情報に変わってしまったようで。
伏線回収の事を考えないとするならば、来週は川末兄妹のわだかまりを解いた後に、ヒロムの試合が開始!ってな感じで終わるんでしょうか?
あのアキラと知り合いの外国人キャラ(←名前忘れた)との確執や、眞白の移籍の件や、新キャラのお嬢と草次郎や、川末とハゲの過去などなど…、いろいろと気になることを残したままの終了になりそうで非常に残念でなりません。
それにしても、面白くない漫画を打ち切るジャンプの方針自体は支持しますけど、この漫画は少なくとも打ち切られるようなレベルの漫画ではないと思います。
わかんないのかなー、編集部のおっさん達は。
おっさんはまったく!おっさんは!!


□スケットダンス
番外編というか………、これは完全なロマン祭りですねw
予想以上に暴走してくれましたよ…(苦笑
まあ本編であそこまで暴走すると、流石にめちゃくちゃになっちゃいますし、番外編ぐらい暴走しまくってくれたほうがいいのかも?
スケダンのロマンちゃん人気は周知の事実ですし、今回の番外編はテコ入れの為という意味合いがかなり強そうですね。
てことは編集部はまだスケダンを見捨てていないってことに?
ま、これが掲載位置の安定に繋がることを祈ってます^^
コミックもそろそろ並んでると思うので買いに行こうかな?


□初恋限定。
一度も読み返していないので合ってる自信はありませんが………、財津兄は有原妹が好きで、有原妹は財津弟が好きで、財津弟は山本さんが好きで(←ここ特に自信ない)、山本さんは有原兄が好きで、有原兄は有原妹が好き?
あと別所妹は別所兄が好きで、別所兄は山本さんが好き?
ん?江ノ本姉妹は………誰とどういう関係でしたっけ?
うーん、誰かわかりやすい関係図を下さい…(苦笑
それにしても「初恋限定。」というタイトルどおり“初恋”をテーマにした漫画なわけですから、上のような一方通行ばかりの現状から考えると、少なくとも幾つかの恋はこのまま片思いで終わるって事ですよね?
まー、それも初恋らしさか………、などと言ってみる(笑



以下、簡易気味感想。

□ブリーチ
やはり十刀の変身後の姿は生理的に駄目だなぁ…(苦笑
それにしても、白哉も以前と同じような戦い方をしているだけでは十刀には勝てないはず。(というか勝っちゃだめな気がw)
やはりここは、新必殺技を期待したいところ!!

□アイシールド21
蛭魔がやられるとは…ΣΣ(゚д゚lll)
確かに次の展開が非常に気になりますが、ここからどうもっていくのかがまったくもってわかりません。
まさかの白秋戦エンド………!?

□ムヒョ
確かに危機的状況なんでしょうが、皆が異常なまでにベクトールに怯えすぎている気がして、うまく感情移入ができません。
って、エンチュー再登場?
ちょっと早すぎる気がしますが、個人的には大歓迎です!(笑

□サムライうさぎ
「道場の為」と一言に言っても、それは剣術が強くなれずとも別な方法があるはずです。
ま、兎にも角にも、摂津はうさぎ道場に戻りそうですね(笑

□ネウロ
へー、「シックス」って病気の『sick(シック)』の意味も入っているんですかー(苦笑
しかし、あのおじさんはどう関わってくるんでしょう?

□ワンピース
ナイトメア・ルフィの圧倒的な勝利。
しかし、オーズとモリアに勝てたはいいですが、まだ七武海のクマがいるわけで…。
ま、何か理由をつけて攻撃はしてこなさそうですが(笑

□ナルト
自来也の勝利!?
しかし、いい所まで行くけど最終的には………、というよくあるパターンな気がしてなりません(苦笑

□とらぶる
>モゾ… ピクン
………………。

□エム×ゼロ
あ、普通の将棋と変わらないんですか…。
ちょっと安心したような残念なような(苦笑

□銀魂
結局、いつもと変わってない…(苦笑
“エム”って………、まさか長谷川さんじゃないだろうな!?w

□テニスの王子様
リョーマ君、人には忘れたままのほうがいい事もあるのだよ。

HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る

P2!-let’s Play Pingpong! 5 (5) (ジャンプコミックス)P2!-let’s Play Pingpong! 5 (5) (ジャンプコミックス)
(2007/12)
江尻 立真

商品詳細を見る

SKET DANCE 1 (1) (ジャンプコミックス)SKET DANCE 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2007/11/02)
篠原 健太

商品詳細を見る
あほー、あほー。編集部のあーほー。

tag : WJ ジャンプ

風邪と共に去りぬ。(50号)

そろそろ咳と鼻もよくなってきた模様。
まだ出るこちゃ出るんですが、痰や鼻水が緑色をしていないので……ってお食事中の方、汚い話をすいません(苦笑

□P2!
大事な一戦の勝利は久勢北に。
いい試合だっただけに、「この試合をもっと見ていたかった」という気持ちが残るのはいい事なのか残念な事なのか…。
ただここで気になるのは、この後の流れ。
某所では「あと少しで打ち切り」と囁かれているわけですが、だとすればこの秀鳳戦までってことになるはず。
眞白の予想ではヒロムが負けることになっていますが、まだまだ成長途中の主人公としては最後に負けて終了するとはちょっと思えませんし…、かと言って川末のライバルに勝てるとはとても思えませんですし…、先が読めませんね(苦笑
というか、終わらないのが一番いいんですけどw


□スケットダンス
いい意味で予想が外れたー(笑
ですが、前回言っていた“魅力”はしっかり見れたので満足です。(ボッスン集中モードのシーンが無かったのは残念でしたが。)
今回はパロディっぽい所もあったような気が…。
コミック第一巻は各所で売り切れ続出らしく、自分も今日買おうと思ったんですが見事に売り切れていました^^;
まー、数が少なかったせいでしょうが、それでも掲載位置以上に人気がある証拠ですし、再入荷をゆっくり待ちます(苦笑


以下、簡易気味感想。

□ハンターハンター
刹那のなかで進行する展開。
予想以上に一コマ一台詞から緊張がビシビシと伝わってきます。
………あーくそっ!面白いな、もう!!w
しかし王は何処へ?(というかコムギは?)

□エム×ゼロ
M0の応用がこれでもか!ってほどに上手く機能している模様。
一気に久澄なりの戦いの手法が広がって、漫画としての面白みが凄く増してきましたよw
将棋のほうは知力だけでなく魔法的戦闘力が必要とされる?
だとしたら、ちょっと柊には不利かもしれませんね。

□ネウロ
XがHALⅡを吸収したことが思った以上に、ネウロにとってマイナス要素になってしまいましたね…。
徐々に動き出し始めた、「新しい血族」と「魔人」の生存競争。
このバトルに、ただの「人間」でしかない弥子をどう絡めてくるのかが気になる所。

□ムヒョ
進化を遂げた「霊」。新たな強敵の登場。
ティキの存在が消えたことが、その動きの活性化に関係していれば凄く展開として自然な気がしますが…、どうなんでしょう?
でもなんかアレですね………、今の「ネウロ」に何処となく似ている展開ですね(笑

□ワンピース
「怪物VS怪物」というべきですね、これはw
力は同等かそれ以上だと思うので、小ささがある(本体のほうの)ルフィのほうが分があるのは間違いなさそう。
だとすると、気になるのは既にクマのほう?

□ブリーチ
>ただ純粋に 格の差だ
格好良すぎです、お兄様…(笑

□サムライうさぎ
摂津の道場を辞めた理由には凄く納得。
でもどうやらこの流れは戻ってくるっぽい?(笑

□銀魂
これは久々の超クリティカルヒットwww
終始(特に前半)笑いが耐えませんでしたw

□アイシールド21
マルコがついに不穏な動きを!どうする、蛭魔!?

□ペイン
謎が謎を呼ぶペインの能力。わかんねぇ…。

□初恋限定。
結論。別所(兄)は凄い人である。(←いろんな意味でw)

□ジャガー
ちょっと不発気味(苦笑
表現ボケは凄いなーと思いましたがw

□こち亀
珍しく転落しませんでしたね(苦笑

□テニスの王子様
>S・E・I・G・A・K・U ワオッ!!
凄いな…(遠い目

P2!-let’s Play Pingpong! 4 (4) (ジャンプコミックス)P2!-let’s Play Pingpong! 4 (4) (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
江尻 立真

商品詳細を見る

SKET DANCE 1 (1) (ジャンプコミックス)SKET DANCE 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2007/11/02)
篠原 健太

商品詳細を見る
マジ!?そこはかとなく人気沸騰中!!の「スケットダンス」。(笑
次回はなんとセンターカラー!
所々で似たところがある「銀魂」と同様に、ここらへんから掲載位置も安定して行って欲しいものです。
あ、そういえば銀魂ってセンターカラー全然ないな…(苦笑

tag : WJ ジャンプ

今週のWJ感想は管理人病気のため手抜きです。(49号)

えー、風邪が日曜の夕方から夜の間になぜか悪化し、さらに月曜には持病の喘息が併発するという最悪の事態に陥り、「マジヤバイんだけどコレマジヤバイよ どれくらいヤバイかっていうとマジヤバイ」と心の中で連呼していたマダオです。
結局、昨日と今日は少々無理を言って仕事も休みをとらせてもらい、全力をもってこの体内戦争に終止符を打つことにしました。
そのおかげでかなり良くなっているんですが、まだ完全回復とは行かない模様。
「だったらWJ感想やめれ!」と言われそうですが、流石に半年以上も続けていると日課のようになってしまっているようでして。
やらないと気持ち悪いっていうか…(苦笑
と言うことで、手抜き感想行きまーす。


□ブリーチ
力関係を無視すれば、凄く燃える展開ですね。
剣八に限っては解放ができるようになっていれば、ノイトラと良い勝負が出来るかもしれませんが…。
仮に勝てたとしても、ボロボロになるのは当然。
そんな状態をあの愛染がわざわざ見逃がすような甘っちょろいことを許すわけがないですし、恐らく新たな敵を送り込むはずです。
よって絶体絶命には変わりありません。
ま、この短期間で超必殺技を編み出していたり、驚異的な肉体改造でもしていたら話は変わってきますが…(苦笑


以下、簡易感想。

□ハンターハンター
ここでわざわざ会長の過去を出してきたってことは、この戦いで死んじゃう可能性が高そうですね。(相打ち?)
来週からのバトル展開はもちろんですが、王とコムギの状況・反応も非常に気になるところ。

□スケットダンス
普通に考えるとクラちゃんが怪しいわけですが、この漫画の面白さは「犯人が誰か?」というより、「どこに犯人の手がかりとなる言動を隠しているか?」という点だと思うので、その辺を期待したい所。
コミックは近々購入予定。

□アイシールド21
やっぱり仕組みがよくわかんないな…。
試合の盛り上がりが「神龍寺>王城>白秋」と尻すぼみ的になっちゃってる気がするのは気のせい?(苦笑

□ワンピース
次々と倒れていくルフィ海賊団のメンバー。
もうこうなったらルフィしかいない!!

□ウィリアムス
“ジャンプの金の卵”こと、古味先生の読みきり。
「らしさ」が非常に出ていたと思います。
そろそろ連載が読みたいところ!

□銀魂
話としては結構面白かったんですが、今回の下ネタは流石にちょっとアウトかもしれません(苦笑
というか担当変わるんですねー。凄く残念です。

□サムライうさぎ
御前試合の内容は、よっぽど意外なことなんでしょうね。
しかし摂津の真意は一体…。

□ネウロ
どうやらタッグで笹塚を支えていくようですね。よかったよかった。
そして、ついに動き始めた、「新しい血族」の者達・・・。
どうなるんでしょ?

□P2!
ヤバイ…、本当にどっちにも勝って欲しい!
張の過去は良い話過ぎるし、遊部にはキャラとしての愛着があるし…、「あーもう!」って感じですね(笑

□エム×ゼロ
執行部は自分たちへの私怨による犯行と思っているようですが、やっぱり気になるのは、何故かいない柊父とルーシーの謎。
うーん、これは違う話に関係してくるのかな?

□テニスの王子様
乾くんのミイラ姿が凄く面白かったです。(棒読み)

□初恋限定。
なんかこんがらがってきた………。

□ムヒョ
うーん、ちょっと急展開過ぎる気が。

□ジャガー
まさに「天は二物を与えず」ですね(笑

BLEACH 30 (30) (ジャンプコミックス)BLEACH 30 (30) (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
久保 帯人

商品詳細を見る
風邪気味というのはよくあるんですが、仕事を休まなければならないほどの風邪は今回が初めてです。
基本的に「風邪なんて寝れば治る!」という原始的な考えの持ち主なので、自宅に風邪薬はもちろん、体温計すら置いてなかったんですよね…(苦笑
まあ今回でそれらの大切さを知ったので、これからはそれらを駆使して体調管理していきたいと思います。
ということで、明日から頑張ります!

ちょっと短めに。(48号)

今日もやる事があるのでちょっと短めになります。
先週のように明日更新したいところではありますが、明日はエース記事をアップしたいので。

□ブリーチ
皆が絶体絶命の危機に瀕した状態で………、ソウルソサエティーから死神の応援隊到着?
これ以上にないタイミングですね(笑
でも「今は絶対に攻めない。」という上層部の考えだったはずなんですから、それなりの理由を出してもらなくちゃ納得できません。
こんな短時間で十分な戦力を補強できたとは思えませんし、もしそれを理解した上での応援隊なのだとしたら、一護たち同様にあまりにも無謀すぎます。
また誰がどのキャラの元に駆けつけたのかは描写がないのでわかりませんが、とりあえず一護が全然相手にならなかったノイトラたちに剣八さんと言えど勝てるとは到底思えません。
そもそもノイトラは卍解してないんですよ?
とんでもないインフレを起こしそう…(苦笑


□ハンター×ハンター
この緊張の連続、熱すぎます!!
ゼノじいちゃんの会談形式の描写は、てっきり王宮に侵入したのかと思いましたw
しかし、ピトーが数秒でも退場するとゴンたちは誰と・・・?ということになりますし、かと言って退場しなければ、ピトーは会長と戦うということになります。
上手く行っているようで、実は作戦通りには行っていないのかもしれませんね…。
小さな綻びかもしれませんが、その辺が致命的なものになる可能性もありますし………、本当にどうなるかわかりません。


□ネウロ
犯人の豹変振りとふざけた殺人理由には一種の安心感を感じましたが、証拠のピザ生地は排水口に捨てなくても、別のいい方法があったと思うんですけど…(汗
まあそこまでしなくてもバレないと思ったんでしょうが。
さてさて、これで自分の未熟さを思い知った女刑事が自ら笹塚のパートナーを降りて、バカがパートナーに舞い戻る……か、バカと力を合わせて笹塚をサポートしていくという形を取るのかな?
できれば後者のほうを希望したいですね。
あ、メジャーのくだりは的を得ていると思いましたw


以下、簡易感想。

□P2!
粘着性ではなく高弾性のラケットだったんですか。
「回転数だけじゃ返せない」っていうのがミソなんですねー。
それにしても、張のキャラはなかなかいいです。
今回明かされたバックグラウンドのおかげで、いい感じに感情移入できるようになりました。
久勢北にとって絶対に負けられない戦いなのに、ちょっと応援したくなってきましたよ(笑

□エム×ゼロ
やっぱりこの文化祭編は久澄にとって、M0修行を実践を通すことで復習するための位置づけになるようですね。
ラストコーナーでの作戦はなかなか見事。
まあ久澄ならではの驚異的な身体能力が生かされた、この漫画らしい展開だったと思います。
しかし、この話の落とし所はどうなるのやら…。

□サムライうさぎ
集めていたのは桶だったんですか。
確かに志乃はそんな心配をしてましたね(笑
あと手を取り合う二人に、夫婦なのに初々しい恋人の関係を重ねてしまったのは………、この漫画らしさと言えそう?w
摂津のうさぎ道場をやめる理由もですが、新キャラたちの真意も気になりますね。

□ワンピース
オーズ戦は見事な連携技でいい盛り上がりを見せていますね。
影でパワーアップしたルフィがオーズの戦闘能力にどこまで近づけたのか………というか、とりあえずその風貌が気になりますw

□初恋限定。
うっ嘘だ!!
学生時代、テニス部だったけど、こんな子いなかったぞ!(ぇ
正直な所、読むのが少しこっぱずかしいです…(苦笑
なんかこう…、初対面の人に恋愛話を聞かされてる感覚?

□アイシールド
えーっと、モン太のキャッチ力を凌ぐ如月の力の原理がよくわからないんですが…(苦笑
でも、とりあえずアイシールド21、突っ走れ!!

□銀魂
握り飯や海老蔵のくだりは結構面白かったんですが、最後の一ページのオチがイマイチ・・・(苦笑

□ムヒョ
ここまで積極的なイジメは「酷い」としか言いようがありません(泣
それにしても、この話はまた別のストーリーの“序章”って感じになるようですね。
期待したいところです。

□スケットダンス
前回「真面目に行く」と書いてあったので、少々真剣に読もうと思ったのに………、「100%限定」てw
ここからどう展開させていくのか期待です。

□ナルト
相変わらず、わからない事尽くし…(苦笑

□ギャグマンガ日和
ホント、このシュールさがたまりませんw

□とらぶる
うーん、ツンデレ・・・なのか?(苦笑

□テニスの王子様
ファイナルカウンターは何処に?w

□ジャガー
え?これもネタの一部じゃ…(苦笑

BLEACH 30 (30) (ジャンプコミックス)BLEACH 30 (30) (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
久保 帯人

商品詳細を見る

魔人探偵脳噛ネウロ 13 (13) (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 13 (13) (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
松井 優征

商品詳細を見る

HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
冨樫 義博

商品詳細を見る
って、いつもとそんなに変わんない気が…(苦笑
さて、SQ発売まであと4日。
初日に買わないと下手すると売切れたりしてw

tag : WJ ジャンプ 感想

プロフィール

マダオ

Author:マダオ
今後、雑記などはこっちに書きます。
自己紹介
当ブログについて(必読)

記事
  • 週刊少年ジャンプ(‘07)

カテゴリー
コメント
トラックバック
漫画・ブログ関連リンク
は相互リンク 敬称略
検索フォーム
ブログ評価

人気ブログランキング - マダオの戯言  検索エンジン スカウター : マダオの戯言

月別アーカイブ
私的リンク(近々、整理予定)
QRコード
QRコード
ブログパーツ

なかのひと

Amazon
Amazon





バロメーター
RSSフィード
おススメ記事
既読漫画の一部
未来日記 (6) (角川コミックス・エース 129-10)
未来日記⇒レビュー
関連→3巻4巻5巻加筆について)・6巻エース感想


よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
よつばと!⇒レビュー
関連→7巻8巻


岳 7 (7) (ビッグコミックス)
岳⇒レビュー
関連→5巻


WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)
WORKING!!⇒レビュー


GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC)
GIANT KILLING⇒レビュー
関連→3巻


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師
関連→20巻

うさぎドロップ (4) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
うさぎドロップ⇒レビュー


ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
ダブルアーツ⇒レビュー

テガミバチ 4 (4) (ジャンプコミックス)
テガミバチ ⇒レビュー
関連→3巻


勤しめ!仁岡先生 3 (ガンガンコミックス)
勤しめ!仁岡先生⇒レビュー
関連→3巻


タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
タビと道づれ⇒レビュー


それでも町は廻っている 4 (4) (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている⇒レビュー 関連→3巻


ネムルバカ (リュウコミックス) (リュウコミックス)
ネムルバカ⇒レビュー


PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
Present for me⇒感想


さよなら絶望先生 第13集 (13) (少年マガジンコミックス)
さよなら絶望先生
関連→コラム

サナギさん 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
サナギさん⇒レビュー
関連→コラム


ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス)
ベイビーステップ⇒レビュー

ぼくらの 8 (8) (IKKI COMICS)
ぼくらの⇒レビュー


21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
20世紀少年⇒レビュー
関連→21世紀少年下巻


もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
もやしもん⇒レビュー
関連→5巻


日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
日常 ⇒レビュー


銀魂 第24巻 (24) (ジャンプコミックス)
銀魂

DEATH NOTE (12)
DEATH NOTE

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
あずまんが大王

おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって

HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
ハンター×ハンター

咲-Saki 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
咲-Saki⇒レビュー
関連→2巻3巻

かみちゅ! 2 (2) (電撃コミックス)
かみちゅ!⇒レビュー
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。